000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

81歳のブログ

81歳のブログ

PR

プロフィール

s_wada

s_wada

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2022.08

コメント新着

Edwardbug@ Adobe.Photoshop.CS6.v13.0.Pre.Release.Incl.Keymaker-CORE 64 Bit Steptgaiptbic [url= <small> <a href="ht…

お気に入りブログ

2005.11.24
XML
カテゴリ:今日は社会派!
今日の日記はちょっと毛色が変っていますよ。

昨日かな、黒田さん御夫妻が新宿御苑を散策というTVニュースがあった。
そして、“開園30分前に入場されて・・・”と報じられた。
私が思ったのは、黒田さんは平民ではないか!どうして、開園前にはいれるの??

今朝、それを女房に言ったら、「あれは、ジャーナリズムがうるさいから、特別にジャーナリズム用に企画したもので、後はそっとして置いてください、というのが目的のやらせ。」とのことでした。

それで思い出したのは、かなり昔のことですが、新聞記者の横柄さです。
どうして、新聞記者って、そんなに威張っているんでしょうかねえ!!!

私は、企業の技術者でした。
新製品を開発し、そのPRに、名古屋城の近くにある新聞記者クラブに行きました。
そして、持ってきた資料を配布して説明をさせてもらいました。

そのときの新聞記者の態度がものすごく横柄でした。
こちらが座って説明しているのに、知らん顔で他のことをしている人、机の上に座って横を向いている人、タバコを吹かしながら足を投げ出している人、等等でした。

既に、35年前のことですが、未だに新聞記者というと、あのときのことを思い出します。

今も変らないのだろうか?変っていないだろうな、と思います。

恐らく、彼らは個人的には悪い人ではあるまい。
しかし、新聞記者という職業人として振舞うとき、横柄になるのだろう。
それが、日常生活にも影響して、日常生活でも横柄な人間になることはあるだろう。

新聞記者に限らず、TVも含めたジャーナリストは、自分達は「正義の味方だ」という特権意識があるので威張るのだと思う。しかし、そのことによって、逆に、自分達が特権意識にとらわれていることを反省すべきだと思う!!

職業というのは怖いね!!







最終更新日  2005.11.24 09:02:05
コメント(0) | コメントを書く
[今日は社会派!] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.