2005.09.20

前立腺癌の手術(その4)

カテゴリ:がんの話
前立腺癌の手術で“なるほど”と思ったこと。

  手術の後は発熱します。私の場合、手術後2-3日は38.8℃くらいの熱がありました。普段、こんな熱が出たら、とても普通じゃないですね!しかし、手術後の発熱はこんなに高温とは思えない程度の感覚でした。とにかく、熱気があるので測ってみると、軽く38度を超えていました。

  それで思い出したのは、昔、日本人が戦争や争いで刀傷を負うと、その後しばらくは熱が出るという話です。いろいろの時代小説に出てきます。

  傷による発熱というのは実感として分からなかったのですが、今回実感できました。なんでも経験してみるものです。39度近くになっても、フウフウ言うほどのことはありません。しかし、温度自体はすごく高いのです。

  その後、日とともに発熱の温度も下がっていきました。それだけ!
とにかく、何でも経験してみるのはいいことだ・・・。

  今日は一気にいろいろ書いてしまった。では、また。





TWITTER

最終更新日  2005.09.20 16:52:52
コメント(0) | コメントを書く
[がんの話] カテゴリの最新記事