2006.01.16

-花の歳月-

カテゴリ:おすすめ本
『花の歳月』講談社文庫 440円。
宮城谷昌光のかなり初期の短編。

もう、言葉が無いね。宮城谷という人はすごい人だと思う。三島由紀夫は才能の人だと感じたけれど、宮城谷氏は人を深く理解する偉人だと思う。

そういえば、宮城谷さんの小説について『侠骨記』(きょうこつき)、『介子推』(かいしすい)、については去年の11月にこの日記に書いたけれど、その後読んだ『長耳』(ちょうじ、全3冊)、『孟嘗君』(もうしょうくん、全5冊)については感想を書いている時間が無かった。
そのうちに書こうとも思うけれど、多分書けないだろうな。

書くためにはもう一度読まないと駄目みたいな気がする。
兎に角、『花の歳月』は読んでみるべし!!





TWITTER

最終更新日  2006.01.16 10:45:38
コメント(0) | コメントを書く
[おすすめ本] カテゴリの最新記事