654725 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

たーくん'sシネマカフェ

PR

Freepage List

Profile


たーくん.

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

たーくん.@ zebraさんへ コメントいただきありがとうございます! …
zebra@ 老いたロッキーの胸中 DVDで見ましたが。とてもよかったです。 …
たーくん.@ こゆきやさんへ >イイ色だわ~ 実物を見てほしくなったん…
たーくん.@ (・ν・)さんへ >結構出来が(・ν・)bイイネ! そう、出来がい…
こゆきや@ おぉ~ イイ色だわ~ 大きさが気になりますので、…
(・ν・)@ Re:ドラゴンボール発見!! ローソンに見に行きました 結構出来が(・ν・)bイイ…
たーくん.@ (・v・)さんへ 初コメありがとう! でももう6年以上も前…

Favorite Blog

久しぶりぃ〜 rose_chocolatさん

ひなたまさみとひな… ひなたまさみさん
バラいっぱいの夢を… りり=*^-^*=♪さん
あいの日記♪PHOT… あい(〃^∇^)☆彡さん
BLUE SKY ≪あおい≫さん
 ぷにぷに日記(… ぷよっ子(*´∀`)さん

Rakuten Card

全356件 (356件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >

日本映画

2015.08.21
XML
カテゴリ:日本映画
久しぶりの更新です。

新宿ケイズシネマ他、全国公開されるMOOSIC LABという音楽と映像が融合した映画の企画イベントの
「いいにおいのする映画」にクラウドファンディングをしました!
エンドクレジットに名前が出ます!
もちろん『たーくん.』です♪

きちんとドット付きで私です(笑)TOKYO WALKERの映画版じぶんウォーカーの名物編集長だった名前です♪
酒井麻衣監督、主演は金子理江、吉村界人、Vampillia、中嶋春陽。
ファンタジーで、でも格好よく、試写で鑑賞済ですがお薦めです!

CM2P-w2UYAEAnqx.jpg

MOOSIC LAB 2015 【Cプログラム】
8.23(日)16:15-
8.25(火)18:40-
8.27(木)18:40-
8.29(土)21:10-
9.4(金)21:10-
9.9(水)21:10-です!


moosic-lab

なお、ブログの更新がなく、すみません。
メッセいただければ、Facebook,twitterでつながりましょう♪






Last updated  2015.08.21 21:58:05
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.16
カテゴリ:日本映画
本当はポレポレ東中野で観たかったのですが機会を失って今日。

しかし、ここまで直情で、しかも家族をさらけだしていいのかと思ってしまう。
監督が来場して「ディア・ピョヤン」のヤン・ヨンヒ監督とトーク。
本人は若気の至りで作ってしまったけどもう少し年月をかけてきちんと作りたかった。
と語っていましたが、若さと作るぞ!というパワーで作り上げたのだから、
これはこれで完成されているし良いと思う。

まぁ完成してから劇場上映まで約6年かかっているのは、ここまで自分自身と家族を
傷つけて見せつけているので、それを癒すのと家族や出演者に「この作品を一般の人に
見せる意味・意義は?」ということを説得するのに時間がかかたということです。

腹を割って話すこと、本音で語ること。衝突を恐れないこと。
そこから生まれてくるのは新しく築かれるものがあるのかもしれない。

「アヒルの子」直筆サイン入りパンフ
監督のサイン付きパンフ。「撮るか死ぬか」
6年経過した監督は、悟りきったかのように、とても穏やかな表情をしていました。
鑑賞者からの質問で「今も死にたいと思ったことはありますか?」の問いに
ある好きな作家さんに映画を観てメッセをもらった~とあり
(嬉し過ぎて恥ずかしくて)死にたいと思ったそうです(笑)

【公式HP】

圧倒されます! ★★★★☆(5つ満点:★1点☆0.5点)

佐野史郎氏が(ゲストではなく)来ていました^^;
次回作のテーマも「死」のようですが要注目です。
     たーくん's シネマカフェ
かちんこ
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキングかちんこ






Last updated  2010.10.08 02:19:49
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.17
カテゴリ:日本映画
池袋・文芸坐にて鑑賞。
黒澤明監督の特集で約20間、日替わり上映。
黒澤作品を1本通してきちんと観たのは本日が初めて。
「赤ひげ」鑑賞。


黒澤明DVDコレクション::赤ひげ

監督: 黒澤明
原作: 山本周五郎
脚本: 井手雅人 、小国英雄 、菊島隆三 、黒澤明
出演: 三船敏郎、加山雄三、土屋嘉男、江原達怡、三戸部スエ、頭師佳孝
製作年度: 1965年
上映時間: 185分
製作国 : 日本
配給 : 東宝

-あらすじ-
江戸時代の小石川養生所を舞台に、そこを訪れる庶民の人生模様と通称赤ひげと呼ばれる所長と青年医師の心の交流を描く。長崎で和蘭陀医学を学んだ青年・保本登は、医師見習いとして小石川養生所に住み込むことになる。養生所の貧乏くささとひげを生やし無骨な所長・赤ひげに好感を持てない保本は養生所の禁を犯して破門されることさえ望んでいた。しかし、赤ひげの診断と医療技術の確かさを知り、また彼を頼る貧乏な人々の姿に次第に心を動かされていくのだった……。(allcinema ONLINE)


黒澤の映画に対する何から何まで徹底ぶりと映画を愛する気持ち、
三船ほかキャストの現代の役者にはない、映画にぶつかっていく演技。

あー、求めてる映画ってこんな感じ。

この頃(1955年)でも、日本の映画の衰退を危惧していた黒澤監督。
大金をかけなくても、いいものはできますが
細部まできちんと「映画作品」をつくることは
大事なことだと感じます。

185分の中に、赤ひげ先生と赴任してきた若造をベースに
そこへ集まる人々とのいくつもの人間ドラマ。

医療と教育・政治に対する風刺やメッセージも込められている。
三船の穏やかで貫禄のある演技と、子役の盗人・長次(長べえ)の演技も
素晴らしく光っていた。

まぁ、2日リハーサルで1日本番で1年以上製作していたのだから、
執念といえるでしょう。

この作品。途中休憩があります。
長いですが観る価値のある作品。
どうかスクリーンで味わっていただきたい映画。
この後も「クロサワ映画」をスクリーンで堪能したいと思います♪

★★★★★ (5つ満点:★1点☆0.5点)
長時間ですが必見です!
     たーくん's シネマカフェ
かちんこ
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキングかちんこ






Last updated  2010.07.24 18:40:53
コメント(6) | コメントを書く
2010.01.29
カテゴリ:日本映画

久しぶりの試写会。
実は2週間前の試写会に間に合わず台無しに。。
そのとき同伴の妹に悪いことをしたので再度誘いました。
(今回は職場から近いので大丈夫でした^^;)

さて、映画作品『ゴールデンスランバー』

ゴールデンスランバー
(C)2010「ゴールデンスランバー」製作委員会

監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
出演:堺雅人,竹内結子,吉岡秀隆,劇団ひとり,貫地谷しほり,相武紗季,ソニン
       大森南朋,柄本明,香川照之
ジャンル : ドラマ
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
配給 : 東宝
上映時間: 139分


作品自体も面白そうですが作家・伊坂幸太郎×中村義洋・監督のタッグは
『アヒルと鴨のコインロッカー』や『フィッシュストーリー』が良かっただけに
興味津津。

腑におちない部分は多いけど、つながる面白さはありお薦めできます!
逃走劇だけで2時間超が全然感じず、この後はどうなるのかという?は楽しい♪

娯楽作として一般の人向けで考えすぎる人には突っ込み満載でNGかも。
解決してない感もあるし!→そこが評価の分かれるところかも。
強引にくっ付けたといわれても仕方ないかな。
もしかするとその?部分を小説で補完しろというのか??

【公式HP】

★★★☆ (5つ満点:★1点☆0.5点)

   

さて今回の試写会場の新宿にある東京厚生年金会館(ウェルシティ東京)。
昭和36年4月の開業し今年の平成22年3月31日を以って閉館。
(約50年の歴史に幕。)
映画館だけではなく古き公共的な施設もなくなるのは寂しいです。
若干、新宿駅から遠いのが難でしたけど。。
     たーくん's シネマカフェ
かちんこ
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキングかちんこ






Last updated  2010.02.04 07:19:44
コメント(6) | コメントを書く
2009.10.03
カテゴリ:日本映画

シネトレさんの久しぶりの試写、
しかもブロガー試写会。
ブロガー試写は厳選して他では試写をしないようなものが多いのでうれしい。

今回は「アンを探して」
実は9月に鑑賞しています!

アンを探して
(c)2009 Zuno Films グランジュテ

監督:宮平貴子
出演:穂のか,ロザンナ,ダニエル・ピロン,紺野まひる,高部あい,ジョニー・サー,吉行和子
製作国 : カナダ=日本
配給 : シネカノン、グランジュテ
製作年 : 2009年
上映時間 : 105分

-あらすじ-
プリンス・エドワード島にやって来た17歳の杏里(穂のか)。「赤毛のアン」が大好きだった亡き祖母・静香(吉行和子)の初恋の人探しという目的は、見知らぬ土地で困難を極める。優しいライアン(ジョニー・サー)にほのかな思いを抱き始める杏里とともに、ホテルのオーナー・マリ(ロザンナ)と隣人のジェフ(ダニエル・ピロン)との関係にも少しずつ変化が訪れる。


とんねるずの石橋貴明の娘、穂のかやロザンナなど普段見慣れない人達が主演。
初めは、「西の魔女が死んだ」のような設定ややりとりがよく感じられませんでした。

しかし、穂のかの純真そうな演技が、「赤毛のアン」の舞台、カナダのプリンス・エドワード島での自然とあいまって素っ気ない少女が多くの人と接することで一回りも二周りも成長している姿が心に響く。
けっして大感動して大泣きはしないけど繊細でトータル的に映画作品として観てよかったといえる寡作です。

そして今回の試写は監督が来場~。
お若く小柄な女性監督。
言葉も弱弱しく小さい声でしたが作りたいものはこうなんだ!というものは感じられ
お話が聴けてよかったです。
(単に売れるものを作るのではなくポリシーが強く持っているので応援したいです)

それに、穂のかのキャスティング決定や役作りの裏話など^^
小さな会場だけど逆にアットホームな感じでよかった。
また、企画してほしい。
だから頑張れシネトレ! メンバーは広めて支えよう♪
10月31日(土)より、シネカノン有楽町1丁目ほか全国順次ロードショー

【公式HP】

【監督ブログのシネトレ試写会日記】
(私は中央の出入り口付近に座りました^^)

じわじわきます。 ★★★☆ (5つ満点:★1点☆0.5点)

  映画「アンを探して」オリジナル・サウンド・トラック/サントラ[CD]
赤毛のアン

  西の魔女が死んだ 特別版 / サチ・パーカー
たーくん's シネマカフェ
かちんこ 
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキング かちんこ






Last updated  2009.11.08 22:16:50
コメント(2) | コメントを書く
2009.06.27
カテゴリ:日本映画

 映画やグルメの情報SNSサイト「じぶんウォーカー」
コミュ「映画館へ行きませんか」のコーナーへ
ある映画について書き込みがありました。

作品は、『ほっこまい 高松純情シネマ

そのDVD発売記念に上映があり監督兼プロデューサー高嶋弘さんから
ご招待を受けました。

ほっこまいパンフ

監督・脚本:高嶋弘 
原作:帰来雅基 
歌:【mag】 
出演:柳田龍馬,大西節子,高畑淳子,ひろせ友紀,佐藤潤,丸山裕一,
       志水季里子,鴨川てんし 
制作データ: 2008年
上映時間: 57分

-あらすじ-
1970年、香川県が誇る名門校に合格した高校生の隆志(柳田龍馬)は、学校の勉強もそっちのけで映画館通いをしていた。ある日、彼は近所の公園で偶然見かけた春奈(大西節子)に心を奪われる。意を決して彼女を映画に誘うが断られた隆志は、夏休みを利用して仲間たちと自主映画を撮ることを決意し、そのヒロインに春奈を抜てきする。
(シネマトゥデイ)



初めて行く会場「TMシアター新宿」
設備、環境、立地がとてもよいデジタルシアターです。
まるで配給会社の試写会場のように素晴らしい。
テストマーケティング的に試写や上映会が行われるようです。

さて本題。
地方「香川・高松」発の1970年の学生時代を扱う作品。

57分でこれだけやっていて素晴らしい。
詰め込みすぎという訳でもなく、とても盛りだくさんで見ごたえがある。
映画好きは観て下さい
個人的には映画を地域を大事にしている作品なので好きです。

そう、ほっこまいの意味は観て確認して下さい。
学生時代の男子の切ない、やるせない純情な気持ち観て下さい。

【高松純情シネマ・ブログ】

★★★☆ (5つ満点:★1点☆0.5点)

古い時代の学生の想いを綴った「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「1980」
「グミ・チョコレート・パイン」一番近いのは純粋さと実直さから「博多っ子純情」。
  

上映会にはキャストのみなさんが勢揃い。
でも監督が遅刻で上映後もいらしてなくてお礼も言えず残念でした・・・。

ちなみに、原作者と監督と出演の高畑淳子さんは同級生だそうで友情出演です。
「友情出演」とは監督など関係者との知り合いでギャラ関係なく出演していただくもの。
つまりノーギャラか格安に出てもらうもの。
「特別出演」はワンシーンなど大物を特別に出てもらうもの。通常のギャラが発生。
たーくん's シネマカフェ
かちんこ 
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキング かちんこ






Last updated  2009.07.30 18:56:58
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.13
カテゴリ:日本映画
観たい映画を決めるとき、映画館の予告の他、
小さな作品はチラシが貴重な情報源になります。

今回の「ゆずり葉」もそのひとつ。
チラシを見て観たいと思い、ポレポレ上映ということで
鑑賞をほぼ確定ウィンク
(ポレポレ東中野は良質なドキュメンタリーなどが多い)

ゆずり葉
(C) 財団法人全日本ろうあ連盟

監督・脚本 : 早瀬憲太郎
出演:庄崎隆志,今井絵理子,福嶋一生,津田絵理奈,貴田みどり,井崎哲也,大久保鷹,
       石井めぐみ,西村知美,林家正蔵,山口果林,大和田伸也
製作年 : 2009年
製作国 : 日本
配給 : イメージ・サテライト

-あらすじ-
ろう者で大工の敬一(床崎隆志)は妊娠中の恋人・早苗(今井絵理子)を亡くして以来、映画を撮ることをやめていた。ある日、病に倒れた敬一は、20数年ぶりに映画作りを再開することを決意。無事に主演俳優も決まるが、その吾朗(福嶋一生)は結婚や妹の就職についての悩みを抱えていて……。(シネマトゥデイ)
まず観てよかった。
それは障害者の作品だからということだけではなく。
手話も普通の喋りも補足の字幕もバランスがよかったし
とてもわかりやすいドラマでした。

ろうあ者が苦労してきた時代や現代でもある職業の制限などを描いたり、
家族についても熱くさせられました。

ろうあ者としてではなく健常者のように過ごす青年は気にしたり我が強かったけれど
次第に一人ではなく周りの人のおかげで過ごせていることや思いやりを持てることも
好感です^^

ゆずって、ゆずられる心。聾唖者だけの問題ではなく健常者でも
通じる考えもありますし「ゆずり葉」の精神は持っていたいものです。

歌手スピードの今井絵理子出演。

※監督自らも、ろう者です。
 その視点から誰でもわかりやすく見やすい作品に仕上がっています。
 一人でも多くの方が鑑賞していただけたらと思います♪

【ゆずり葉:公式HP】
市民ホール等全国上映スケジュールあり

★★★★☆ (5つ満点:★1点☆0.5点)

ゆずり葉 

去年同じ東中野で鑑賞した「ふるさとをください」も良作でした♪
同様にベタなように思えますがそれも題材が題材だけに合ってます^^
たーくん's シネマカフェ
かちんこ 
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキング かちんこ






Last updated  2009.07.18 11:00:21
コメント(2) | コメントを書く
2009.06.10
カテゴリ:日本映画
噺家のドキュメンタリー。興味があったけどずっと行けずじまい。
やっとポレポレ東中野で「小三治」鑑賞。
(しかしロングランで上映してますね~)

ドキュメンタリー映画 小三治

監督 : 康宇政
出演 : 柳家小三治 、 入船亭扇橋 、 柳家三三 、 立川志の輔 、 桂米朝
語り : 梅沢昌代
製作年 : 2009年
製作国 : 日本
配給 : ドキュメンタリー映画『小三治』上映委員会
上映時間 : 104分

-あらすじ-
多くのファンを惹(ひ)き付けてやまない10代目柳家小三治。小三治の落語の魅力をカメラに収めようと、高座や舞台裏、地方公演の移動に密着。さらに、それだけでは飽き足らず、スキーやクラシック音楽など趣味に興じるプライベートを追い、人間・柳家小三治をとらえる。(シネマトゥデイ)

落語は興味があっても実際に生で観た経験は学生時代に林家木久扇(初代林家木久蔵)や
社会人になって大阪NGKホールで吉本新喜劇を観た時は桂文珍も聴けたくらい。
最近の映画でも落語を舞台にした話も多くもっと生で触れてみたい。

さて本題。
前半はほぼ語らず周辺の人達から彼のことを聞きだす。
(弟子だったり、裏方のホール(演芸場)の館長など)
まったくの初心者にはうれしい心遣い。
彼の人物像と他の人たちと違う落語に対しての表現の仕方の魅力と
取り組む姿勢が見えてよかった。

そして次第に口を割る。
そこには高飛車ではなく謙虚な心と俺は(まだ)ダメだという向上心も
持っている。
そしていろいろなことへの探究心。これも大きな意味で多趣味は
ネタの引き出しを広げるということでもよいことなんだと思う。

楽屋に入るときはどこのおじさんかと思うくらいオーラがあまりない。
しかし本番に入るときの目の変わり方と直前に髭を剃るのが印象的。
これと顔芸風を知っただけでも満足^^

【公式HP】

★★★★ (5つ満点:★1点☆0.5点)

 
たーくん's シネマカフェ
かちんこ 
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキング かちんこ






Last updated  2009.06.22 19:00:18
コメント(3) | コメントを書く
2009.06.05
カテゴリ:日本映画
ブログ、映画友に誘われ鑑賞。まったく予備知識もなく観ましたが
この作品を通じてあるご縁が生まれるとは想像もつきませんでした^^;

築城せよ!
(C)2009「築城せよ!」製作委員会

監督:古波津陽
出演:片岡愛之助,海老瀬はな,江守徹,阿藤快,藤田朋子,津村鷹志,木津誠之,ふせえり
製作年 : 2009年
製作国 : 日本
配給 : 東京テアトル
上映時間: 120分

-あらすじ-
町興しのため、城を復元して観光客を誘致しようとする住民と、工場を建てて雇用を拡大させようとする町長一派が対立する猿投町。ある夜、遺跡の発掘現場で3人の戦国武将の霊がよみがえった。そのうちの一人の武将・恩大寺は城を建てるという夢を果たせぬまま、400年前に無念の死を遂げていた。恩大寺の「築城せよ」との無謀な命令と振る舞いをいぶかしがる町民たちだったが、築城へのひたむきさにいつの間にか引き込まれていく。(goo映画)
大昔の武将たちが憑依?してお城を作ることになる。しかも段ボールで。
ふせえりさんが居ることでユーモア度が上がっています。

そして役場で駆け出しでおどおどしている青年が武将になったときの顔付きは
歌舞伎のように筋の通った素晴らしいもので圧巻でした。
また段ボールでありながら、出来上がったお城もお見事!

ヒロイン(棟梁)の海老瀬はなはアイドルみたいに見えて一昔前の
木下あゆ美のような雰囲気。
ウェディングドレスはコスプレさせたかっただけでは?と勘繰ってますうっしっし

しかし、お城に制作費がかかったでしょうけど、これを映画として観るには私は
お薦めはできません。
真剣かお笑いに走るか、どっちつかずで恋愛も絡めたりと中途半端な
2時間TVドラマといった感じに見えてくるのが残念。。

【公式HP】

★★ (5つ満点:★1点☆0.5点)

  
たーくん's シネマカフェ
かちんこ 
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキング かちんこ






Last updated  2009.06.11 16:24:28
コメント(2) | コメントを書く
2009.05.30
カテゴリ:日本映画
原作を読んでいないため内容はわからなかったけど
予告編を見て公開前から楽しみだった作品。
「重力ピエロ」

重力ピエロ
(C)2009「重力ピエロ」製作委員会

監督:森淳一
原作:伊坂幸太郎
出演:加瀬亮,岡田将生,小日向文世,吉高由里子,岡田義徳,鈴木京香,渡部篤郎
製作年 : 2009年
製作国 : 日本
配給 : アスミック・エース 
上映時間:119分

-あらすじ-
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そして、時を同じくして不審な連続放火事件が発生する。その現場には謎めいたグラフィックアートが残されていた…。(goo映画)

連続放火を追求するうちにそこから見えたものとは。
ある家族の歴史と溜まっていたものが浮かび上がってくる。
家族のつながりや事件は偶然ではなく必然的な面も見えてくる。

モテる格好いいけど影があり繊細そうな弟役の岡田将生くんがいい。
またお父さん役の真面目でちょっと抜けてるけどやるときはやって
要所要所の台詞も胸が熱くなり、小日向さんもよかった♪

悲しい重い話を軽くさらっと言われたほうが楽に聴けますよね。
そうなんですよね。
人ってなかなか深刻なときは相手にも深刻に重く言ってしまう。
衝突して苦難な局面を乗り越えた家族だからこれから真に、
相手を想う心と許容する心がある父と結ばれた家族ですから
うまく進んでいくんだろうなって思いました。

台詞も一つ一つ良いので原作も読んで見たくなりました♪
重力ピエロ

【公式HP】

ちょっぴり暗号の意味を兄がわからずスルーされたらと思っちゃいました^^;
★★★★☆ (5つ満点:★1点☆0.5点)

  
たーくん's シネマカフェ
かちんこ 
rakutenranking1.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログ・ランキング ブログランキング かちんこ






Last updated  2009.06.11 00:08:48
コメント(4) | コメントを書く

全356件 (356件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.