1522267 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ageha的ニチジョウ

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Profile


agehaSwella

Calendar

Category

Comments

Favorite Blog

500万アクセスま… New! にととらさん

日本橋三越でランチ… New! usapanda3さん

ショパンのプレリュ… New! nanaminzさん

コーヒーブレイク中 MIYA KOUTAさん

空き家だったお隣が… ペン7181さん

2011.04.01
XML
10数年前に育てたキアゲハの写真を発掘しました。フィルム一眼なので
写真は色あせていますが、色あせない蝶へのキモチを少しずつ綴って
います。過去記ですが羽化までどうぞお付き合い下さいませ。


前回から随分すぎてしまいました。2月に「艶やかな蝶の翅が見たいぞー。」と
言って書き始めたのに、すでに今年初アゲハは羽化して飛んで行きました。
こちらのキアゲハはいつ羽化するんでしょうね。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・





      !キアゲハ幼虫(というか、もっとビミョーな状態)の写真付き。
               苦手な方はご注意下さい。              !








    というか、ほんとに注意して下さい。苦手じゃなくても「ぅわーほえー」かも。

     とか言うとコワイけど、大丈夫。キミならイケル。(←どっち?笑)
















キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。 



前回、前蛹になったキアゲハの幼虫。「次回、脱ぎます。」と言ってましたね。

キアゲハ飼育。終齢幼虫蛹化場所はダンボール派の前蛹。 言ってました。
キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。01 では脱ぎます。

幼虫時代の皮を脱ぐべく背中が割れ、まだ柔らかい蛹が出てきます。ほんの24時間
ほど前まで「幼虫」だったのに、その中身は確実に「蛹化」しているこの不思議。

キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。02
キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。03
キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。04 頑張ってます。
キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。05 休憩。
キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。06 頑張ってます。
キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。07 完了。

脱いだ皮は、ほんとは下に落ちるのだけど、この時は落としきれずにしばらく付いたまま
でした。お尻も糸で固定されているのに、なぜ抜け殻がちゃんと落ちるの?と思われます
が、蛹のお尻部分には懸垂器末端(けんすいきまったん)と呼ばれる鉤群(こうぐん)が
有ります。抜け殻を落とす時は瞬間的に糸座からお尻(懸垂器末端部)を離し、幼虫時の
皮を落とした後、再び鉤群を糸座にこすりつけて再固着するんですね。凄いですね。猫

キアゲハ飼育。蛹化(前蛹~蛹への脱皮)。08 お疲れ様でした。

脱ぎたてはまだ柔らかいですが、数時間で蛹らしく固くなります。で、この
蛹化したばかりの蛹の内部。まだ神経と呼吸器以外の組織はドロドロに
溶解しているそうです。ここ、何度書いてもコワイですね。

バナーアゲハ  そしてつづく~。
↑↓いつもクリック有り難うございます。とても励みになっています♪猫
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2011.04.01 18:46:43
コメント(24) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。   のぶぶ さん
凄い!
理科の教科書&昆虫図鑑より綺麗で丁寧で明解で分かりやすいですV(^-^)V
agehaさんもやはりファーブル昆虫記幼い頃読まれましたか?私達の頃はファーブルとシートン動物記はマストでしたよね
でも私はファーブルは1冊目の糞転がしで挫折
シートン動物記まで辿り着けなくて、月の輪熊で精一杯でしたf^_^; (2011.04.01 19:30:40)

Re:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   にととら さん
固定している2本の糸って・・・
再利用なんですか?
張り直しじゃないですよね~
(2011.04.01 20:31:37)

Re:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   おだまき3 さん
あっ!脱いだ^^;
しかし 誰が教えたのか?本能って凄いですね!
こういった絵ってなかなか見る機会が無いから勉強になるね^^;

PENはさくらを撮ろうと・・
まぁ~震災でカメラを触る心境になかったかな^^;
(2011.04.01 22:03:05)

Re:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   musamusa那桜 さん
大胆に脱ぎますな~(*^_^*)
てゆか初めて見ました。。
いろんな意味でとにかくスゴイですね!! (2011.04.03 22:17:43)

Re[1]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
のぶぶさん
>凄い!
>理科の教科書&昆虫図鑑より綺麗で丁寧で明解で分かりやすいですV(^-^)V
>agehaさんもやはりファーブル昆虫記幼い頃読まれましたか?私達の頃はファーブルとシートン動物記はマストでしたよね
>でも私はファーブルは1冊目の糞転がしで挫折
>シートン動物記まで辿り着けなくて、月の輪熊で精一杯でしたf^_^;
-----
なんと!のぶぶさんこの画像大丈夫でしたかっ。(驚)
嬉しい~^^お褒めの言葉も有り難うございます。嬉しい~^^

私、何を隠そう「ファーブル昆虫記」も「シートン動物記」も読んだ事無いのです。。なんでだろうー。今更ながらゼヒ読もう、と思いつつブックオフに入るの待ちです。笑
誰か売りに出してくれ~と願う日々。いつか絶対読んでみますね♪ (2011.04.04 16:52:53)

Re[1]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
にととらさん
>固定している2本の糸って・・・
>再利用なんですか?
>張り直しじゃないですよね~
-----
胸部の糸は一度張ったらそのままですが、お尻の糸は、
なんと一度剥がれてくっつき直すので再利用ですね~。
びっくりです。張り直しでは無いですよ~。 (2011.04.04 16:55:27)

Re[1]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
おだまき3さん
>あっ!脱いだ^^;
>しかし 誰が教えたのか?本能って凄いですね!
>こういった絵ってなかなか見る機会が無いから勉強になるね^^;

>PENはさくらを撮ろうと・・
>まぁ~震災でカメラを触る心境になかったかな^^;
-----
有り難うございま~す^^脱ぎました。笑
ほんと、不思議ですよね。何度見てもたった1日程度で
皮の下に蛹が出来てる事に驚きます@@

PEN、楽しみにしています^^桜ももうすぐ満開ですものね。
せっかく咲く桜、きちんと愛でる事も大切かと思います♪ (2011.04.04 16:59:16)

Re[1]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
musamusa那桜さん
>大胆に脱ぎますな~(*^_^*)
>てゆか初めて見ました。。
>いろんな意味でとにかくスゴイですね!!
-----
うはは。大胆です。笑
一皮脱ぐとすでに蛹、って不思議だよねー。
ほんと、私も見る度とにかくスゴイ!と思います☆ (2011.04.04 17:01:36)

Re:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwella様
はじめまして。キアゲハの飼育方法を探していましたところ、agehaSwella様のブログを見つけました。ただいま庭のパセリに生まれたキアゲハの幼虫を8匹育てています。ダンボールの中で飼育しておりましたが、立てていた棒では蛹にはならず、ダンボールの壁で蛹になりました。羽化の際つるつるすべったりして落ちてしまいませんでしょうか。プラスチックよりはつるつるしてないとは思うのですが、飼育が初めてでとても心配です。教えていただけますと幸いです。 (2018.05.30 12:28:09)

Re[1]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

コメント有り難うございます^^
キアゲハ、沢山飼ってるのですね~!羨ましいです。
ダンボールの壁で蛹になったとのこと、そのままでも大丈夫ですよ。
もし心配でしたら、こんな風に ↓ 固めの布やワイプを貼り付けて足場を作ると安心です。(網戸ネットの切れ端とかでも)

羽化前
http://art5.photozou.jp/pub/476/2008476/photo/256019696_624.v1527674038.jpg

羽化したあと、上に向かって登ります。

羽化後
http://art5.photozou.jp/pub/476/2008476/photo/256019773_624.v1527674301.jpg

注意点としては
・蝶の重みでワイプが剥がれ無いようしっっかりと貼り付けること。
・羽化後にワイプの裏側に入り込まないよう段ボールとの隙間に気をつけること。

です。羽化、楽しみですね^^頑張って下さい♪
(2018.05.30 19:05:27)

Re[2]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwellaさんへ

ご丁寧な返信どうもありがとうございます!!!!
大変感謝しております。蝶を育てることになるとは
思ってもみませんでしたが、我が家で生まれたのも何かの
縁だと思って今は無事に羽化することを願う日々です。

とりあえずティッシュをガムテープで貼っていたのでしょうが
ティッシュだと軽すぎて蝶の重さでティッシュは
落ちてしまうのでしょうか?家族は蝶は軽いから大丈夫とかいうのですが、
心配性の私はいささか不安です。
やはり固めの布やワイプの方が間違いないでしょうか。
(2018.05.31 07:53:34)

Re[3]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

ティッシュ&ガムテープでも大丈夫ですよ~。
ただ、ティッシュはひらひら軽いので、羽化した蝶がティッシュと
段ボールの隙間に入らないよう注意しないとです。
隙間に間違えて入ってしまうと翅が伸ばせなくなってしまうので。

なので私は固めの布や網戸ネットを使うのですが、そもそもは
段ボールのままでも大丈夫なのですが。。ふふふ。もうお分かりかと
思いますが、私もリエさん同様かなりの心配性です。笑

なので、「絶対大丈夫」な方法しか選択したくないのですが、
ご家族の「蝶は軽いから大丈夫」が、実際のところ正論です。

あ、段ボールだったら蛹の数センチ上をヤスリで削ってザラザラに
しておくっていう手もありますねぇ。(だんだん実験じみてきてますね)

羽化の前日か当日の朝、中の蝶が透けて蛹が真っ黒になりますので
羽化日が確定したら「気にしてしょっちゅう見る」が最も安全です。
とはいえそんな時間なかなか取れないですよね~。 (2018.05.31 13:36:38)

Re[4]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwellaさんへ

返信本当にどうもありがとうございます!!
アドバイス大変参考になります。
ダンボールでも大丈夫なのですね!!
ティッシュとダンボールの隙間には気をつけますね(^o^)
本当に心配性な私ですが(笑)、agehaSwellaさんのおかげで
疑問が解決できたので、ホッとしています。
キアゲハちゃんたちも頑張っているので私もあと一息頑張ります。
無事に羽化できましたらまた報告させていただきますね!
8匹いるので羽化する時は睡眠不足になりそうです(笑)。



(2018.06.02 08:10:30)

Re[5]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

人が見てるとナゼか焦って落ちる事も有るので
落ちたら指に登らせて(割り箸とかでもOK)翅が伸ばせる場所に
移してあげて下さい。笑
私はこんな感じでとまらせたりしています。↓
https://plaza.rakuten.co.jp/swellapara0505/diary/201710060000/

人気が無いと安心して羽化するので勝手に蝶になってますのでご安心を。

8頭もいると、羽化のタイミングがつかめてくると思うので、
きっと見られますよ~~。楽しみですね。
ご報告お待ちしております^^
(2018.06.04 18:17:54)

Re[6]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwellaさんへ

おかげさまで8頭全員無事に蝶になり旅立っていきました。
8頭いれば、1頭くらいは羽化の瞬間を見れるかと思っていたのですが、
agehaSwellaさんのおっしゃるように、みなさん人が近くに
いるのがわかるようで、こちらがじっと待っていてもなかなか羽化してくれず、少し席を外し(ホンの少しなのに!)戻ってきたらもう蝶になっていて
その瞬間を見ることはできませんでした(笑)!

自分の指から初めて飛び立つ時は感動しました。
そのうちの1頭は指を離れたあと、私の頭上を数回旋回したのち
大空へ旅立っていきました。親バカかもしれませんが、
育てたことに対して「ありがとう」と言ってくれているみたいで
涙が出てきました。本当に勝手な私の想像ですが。
一家全員寝不足にもなり、神経質にもなり、大変な数週間でしたが、
苦労がいっきに報われました。本当にかわいかったです。
またいろいろ勉強にもなりました。
でもみんないっきにいなくなり、なんだか急に寂しくなってしまいました。

蝶の飼育に関して右も左もわからなかった初心者の私に
対して大変親身なアドバイスをいただき、agehaSwellaさんには
大変感謝しております。本当に本当にありがとうございました。
またブログもじっくり見させていただきます。

庭にあるみかんの木には多分ナミアゲハと思われる幼虫が
育っています。こちらも注意深く見守っていきたいと
思います。

またアドバイスをいただくことがあるかもしれませんが、
その際はよろしくお願いします。
(2018.06.14 22:36:02)

Re[7]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

8頭全部!すご~い。優秀ですねぇ。
余程お世話が上手だったのではないでしょうか^^
羽化の瞬間、見られなかったのですね。
ほんの少し席を外しただけでその隙に羽化しちゃった!って、
これはもう蝶あるあるですね。笑

あんなに小さくて軽い蝶なのに、指に乗せると「生きています」という
重みと振動、確かな生命が感じられて本当に感動しますよね。
リエさんの頭上を旋回した子、お礼の旋回ですよ。間違いない!笑
ああ。聞いているだけで嬉しくなります。

私のアドバイス(なんて大した事も言えないのですが)は、どうにも
心配性が先立つので、あまりお役に立てないのですが。。
こちらこそ、有り難うございました。

ご報告有り難うございました。とっても嬉しかったです。
蝶のシーズンはまだまだ始まったばかりなので、ぜひまた
育ててお話聞かせて下さいね♪
(2018.06.19 18:54:57)

Re[8]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwellaさんへ

優秀だなんてとんでもありません。
本当にagehaSwellaさんのアドバイスのおかげです。
あとは家族のサポートも少々(^^;)
やはり経験者の体験って的確で大変役に立つものだと
あらためて思いました。

おっしゃるように、あの指にのせたそれからの感動!!
軽い蝶ですが、ぐっと踏ん張り飛び立つ瞬間に命の重さを感じましたね!
相方も「最高~!」とものすごく感動していました。
本当に貴重な経験ができました。

前回メッセージをいただいてからの返事が遅くなったのには
実はある理由が。8頭のわが子たちが巣立っていったしばらく
心にぽっかり穴のあいた自分がいました。それぐらい、キアゲハたちが
自分の中の一部になっていたのでしょうね。
が、しかし!ある日庭にあるすみれに何かの幼虫がいるのをみつけ・・、
調べてみたらツマグロヒョウモンだったのですが、確かagehaSwellaさんも
育てていらしたなと思い、すみれの葉も少なくなってきたので、
急遽保護し、また育児再開となっていたのでした(笑)。ただ、前回の
経験がすぐに生かせたのでさほど焦ることなく本日無事に蛹に
なってくれました。でも、アゲハとは違い、前蛹になって
から短時間の間に蛹になるということと逆さにぶら下がるという
ことには驚きました。だんだん蝶に詳しくなっていく自分に
驚いています(笑)!また無事に羽化しましたらぜひ報告させて下さい。
(先日みつけたナミアゲハの幼虫たちは生まれてはある日突然
いなくなるので観察していたら、どうやらアリに食べられてしまった
ようです。)

あと、すみません。ちょっと気になったのですが、agehaSwellaさんは
マレーシアお好きなのですか。お写真の中にマレーシアのBoh Teaが
あるのを拝見しまして。実は私昔マレーシアに住んでいたのですよ~。 (2018.07.01 23:38:12)

Re[9]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

こんにちは♪少しでもお役に立てて良かったです^^

ツマグロヒョウモンも育てたのですね~。すっかり蝶のお母さんですね。
この暑さなので、エアコンの効いていない場所なら前回のキアゲハより早く羽化しますよ。
前蛹から短時間の間に蛹になったのも、気温のせいだと思いまーす。

ナミアゲハの幼虫がアリに食べられたとのことですが、
もしかしてアリにそっくりなアリグモじゃないですか?
アリグモって面白いんですよ。アリに擬態してるくせに詰めが甘いというか、
動きがついついハエトリグモなんです。笑
でも幼虫にとっては天敵ですね~。

マレーシアに住んでいらしたのですね!このブログにコメントをくれる方の中にも
以前マレーシアにお住まいだった方がいるのですが、お二人も居るなんて
なんだか不思議~~!!ちょっと感動しました。笑
私は旅行で3度訪れた事があるだけですが(1回15泊位なので合計1ヶ月半くらいかな)、住みやすそうな国ですよね。
とはいえそれも気付が15年くらい前の話なので、もう随分変わったのでしょうね。
テレビで見ると大都会って感じですもんね。

あ、シジミチョウの幼虫は小さいのでプリンのカップなんかでも
手軽に飼えていいですよ。笑
カタバミに食痕を見つけたらそこに居ます♪
(2018.07.03 18:25:53)

Re[10]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwellaさんへ

返信どうもありがとうございます!!
やはり幼虫の成長や羽化は気温と関係があるのですね~!
ツマグロヒョウモンの蛹には本当にキラキラの宝石が
現れるのには感動しました!羽化が楽しみです(^^♪

アリグモ!!検索してみたら、なるほどアリにそっくりですね!
今度みつけたらよくみてみます。どうもありがとうございます(^^)
勉強になりました。

>>このブログにコメントをくれる方の中にも
以前マレーシアにお住まいだった方がいるのですが・・

おお~マレーシアに住んだことのある読者が私で二人目ですか。
それは何かのご縁かも!!??
あと、ご主人様が自衛隊の総火演いっているのを拝見しましたが、
実は私もミリタリー好きで、何度かいきましたよ!
ゆえに私は勝手にagehaSwellaさんに親近感を感じています(笑)!

それにしてもマレーシアに一回で15泊!!それはすごいですね!!
KLですか??
私が住んでいたのも20年以上も前のことです。
ペナン島です。今では古い建物もどんどん壊され、
背の高いコンドミニアムがたくさんできて、埋め立てもすすみ、
のんびりした島の雰囲気もだいぶ変わってしまいました。
ちょっぴりさみしいです。

>>あ、シジミチョウの幼虫は小さいのでプリンのカップなんかでも
手軽に飼えていいですよ。笑
カタバミに食痕を見つけたらそこに居ます♪

プリンで飼育可能とはシジミちいわれるだけあって幼虫もかなり小さいのですね!かたばみを食べるのですね!カタバミをみつけたらよ~くみてみますね!! (2018.07.08 16:37:21)

Re[10]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwellaさんへ

追伸です。
昨日、我が家のツマちゃん、無事に蝶になり飛んでいきました!!
男の子でした!!前日に蛹が膨らみ、なんとなく透けてきていたので、
ちょくちょく見ていたのですが、早朝確認したら大きな変化はなかったので
気をぬいてしまいました。
少し目を離した隙に羽化してしまっていました。キアゲハたちに続き、
またやられた~(笑)!羽化の瞬間は見ることができませんでした。
蛹にちょっと変化が出てきたら、刑事みたいにずっとはってないとダメですね。
(2018.07.10 10:38:43)

Re[11]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

そうなのですよ~。マレーシア、ご縁が深そうです♪
バンコクからマレーシア、そしてまたバンコクへ戻る、という旅でした。
KLです。リエさんも20年以上前なのですね。と言うことは同じ時期の
マレーシアですね!ペナン島へは行ったことがないのですが。。
イマイチ記憶が無いのですがKL以外どこへ行ったのだったか。。笑
今度アルバム引っ張り出してみます!笑

やはり今では随分変わってしまったのですね~。日本もですが、
「昔ながら」の方が良いものをどんどん無くしてしまって
どの国も主要都市は似てきてしまった感じですよね。
良い時代に旅が出来たな~としみじ思いますよ^^

自衛隊の総火演!わー。リエさんもですか。
ご縁とは面白いものですね~。最近は「虫ブログ」からブレないように
気をつけているのですが(笑)、以前はそんな事も載せてましたね~。
と言うか、そんなに古い記事まで読んで頂けて嬉しいです!
有り難うございます^^

(2018.07.11 19:42:11)

Re[11]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

ツマちゃんの羽化、おめでとうございます~!!
リエさん、育てるのお上手そうですね。蝶たちも喜んでますね^^
しっかしまたもや見られなかったとは。。ちょっと笑ってしまいましたが
いやいや、そうではなくて、私がよっぽど暇人なんだな、と気付いてしまいましたよ。笑

何しろ「今日羽化」と分かったらこんな風にパソコンの横に置いたりしますからね。↓
https://plaza.rakuten.co.jp/swellapara0505/diary/201806130000/

あ、でも、それでも出る瞬間は見逃したりするので確かに難しいですね~。
しかも数十秒、という一瞬の事ですもんね。

りえちゃんデカ、次回は見られますように。笑
(2018.07.11 19:49:22)

Re[12]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   リエちゃん さん
agehaSwellaさんへ

返信どうもありがとうございます!!ご無沙汰しております。
>>バンコクからマレーシア、そしてまたバンコクへ戻る、という旅でした

バンコクからマレーシア??もしかしてマレー鉄道の旅ですか??蝶や昆虫に会いにいく旅ですか???
ペナンにあるバタフライファームに昔いったことがあるのですが、当時は蝶や昆虫にそれほど興味を持ってはおりませんでした。蝶を育てた経験がある今だからこそいったらすごく面白いのではないかなと思っていて、次回訪れるのをひそかに楽しみにしています(^^)

>>どの国も主要都市は似てきてしまった感じですよね。
良い時代に旅が出来たな~としみじみ思いますよ^^

同感です。ここ最近移住する方やロングスティする方が増えたみたいですが・・・私は昔住んでいて、昔を知っていてよかったと思うのです。あの時代にもっともっといろんなところへ旅すればよかったと思います。

>>リエさん、育てるのお上手そうですね。蝶たちも喜んでますね^^

いやいや、agehasWellaさんのブログとたくさんのアドバイスのおかげです!!!!
蝶たち、喜んでくれていたらうれしいです♡
そうそう!!もう一つご報告が!!実はこの間ツマグロヒョウモンの雌が彼と私の前に現れました。卵を産んだばかりなのか?動きがちょっと鈍くなっていて、しばらく地面にいました。この間育てて放したのが雄だったので、もしかしてこの間の雄のパートナーがうちに挨拶しにきてくれたのかも??と彼と二人で喜んでいたのです!!

>>「今日羽化」と分かったらこんな風にパソコンの横に置いたりしますからね。

なるほど!私は心配性なので、ずっと人の気配がすると羽化に失敗しやしないかとヒヤヒヤしてしまいそれで席をちょくちょく外すのですが、あまりこちらが神経質になることもないのでしょうかね??

そしてそして・・・先日我が家の山椒にうまれてくれたナミアゲハさんが無事に成虫になり放しました!実は、ツマちゃんが無事に羽化してホッとしたのもつかの間、山椒にナミアゲハの幼虫をみつけしばらく観察していたのですが、うちの小さい山椒ではごはんが足りずホームセンターで木を急遽買ってきたのでありました(^^; このナミアゲハさんで育てた蝶は10頭目(キアゲハ8頭、ツマグロヒョウモン1頭)!

最近は暑いせいか蝶も幼虫もみませんね。もうこれで私は育児もいったん終了でしょうか。ちょっとさみしいなぁ。。。でも蝶たちのおかげでagehasWellaさんともこのような楽しい交流ができ、今年の夏は思いがげず本当に楽しい夏になりました! (2018.08.09 12:28:53)

Re[13]:キアゲハ飼育。vol 8-前蛹から蛹へ、最後の脱皮。(04/01)   agehaSwella さん
リエちゃんさんへ

こんにちは!バンコクからマレーシア、そのままシンガポールへ行って折り返す旅でしたがマレー鉄道はどうだったか。。笑
何度か同じルートで行ってるのに覚えてないものですね~~。
我ながら呆れます☆蝶や昆虫に会いにいく旅では無かったです(きっぱり)。
その頃はそれほど虫に興味無かったですね。蝶の写真は撮ってましたが。。

ペナンのバタフライファームは行った事無いですが、バンコクのはあります♪
確かに今ならより楽しめそうですよね~。
今年は暑すぎて虫たちが少なかったですが、リエさんに育てられた蝶たちはきっと沢山の子孫を残した事でしょうね^^

お二人の前へ現れたツマちゃん、きっとお礼に来たのですよ~。
もしくはリエさんちは蝶道認定されて、来年以降も通って来ると思われます♪
一緒に喜んでくれる彼氏さん(旦那様?)素敵ですね~。
幸せそうな感じが伝わってきましたよ^^

羽化の瞬間、「席をちょくちょく外す」方が気配がするかも??
パソコンの横なら私は動かないので気配は消えます。笑

山椒のナミアゲハも無事に羽化したそうで何よりです!
いや~愉しんでますねぇ。素晴らしいです。しかもホームセンターで急遽買ってきた木が無農薬(?)という奇跡!!笑
ほとんどの場合消毒してあるのでリエさんの引きの強さも凄いですよ。

私もリエさんの楽しいお話を色々聞けて、良い夏になりました♪
蝶の季節は11月頃まで続くので、この猛暑が落ち着いたらまた蝶たちが戻ってくると思います。
なので、まだまだ楽しんで下さいね。11月以降は越冬蛹がいると、来春の楽しみも出来ますよ~♪
(2018.08.30 18:36:01)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.