1490803 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ageha的ニチジョウ

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Profile


agehaSwella

Calendar

Category

Comments

ボケた明子@ トリバガならぬアキコバガ キーウィ初収穫の友人が熟させるにはどう…
nanaminz@ Re:トリバガと終わりのないジャスミンの関係は?(12/04) おはようございます♪ 不思議な形の虫です…
agehaSwella@ Re[1]:モウソウチク67年ぶり?の開花とカニの日。(11/26) MIYA KOUTAさんへ 新聞に踊らさ…
agehaSwella@ Re:かに んまそ(11/26) 星 明子さんへ トイレですか。 エチレン…
agehaSwella@ Re[1]:モウソウチク67年ぶり?の開花とカニの日。(11/26) にととらさんへ 座布団1枚頂きました~♪

Favorite Blog

普段行かないような… New! usapanda3さん

名古屋大観音(金龍… New! にととらさん

11月の発電実績 sunnyside2010さん

クロマダラソテツシ… MIYA KOUTAさん

夫のお土産と結婚記… nanaminzさん

全5件 (5件中 1-5件目)

1

コミスジ飼育

2017.01.30
XML
カテゴリ:コミスジ飼育
過去日記。去年7月のコミスジ飼育。それは信州でのおはなし

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミスジ(蝶)の羽化を見るべく終齢幼虫を飼い始め、蝶よ花よとお世話をし、
ひたすら温めて早急な羽化を願ったコミスジちゃん。

無事に羽化をしてちいさくも美しい姿を見せてくれたのでした。
マリーゴールド。(コミスジ飼育)
 初花はマリーゴールド♪
2016夏のコミスジ(コミスジ飼育)
 まだ翅乾いてない。

小五の手のひら。(コミスジ飼育)
 小五甥の手のひら。
口吻を伸ばしては(コミスジ飼育)
 口吻を伸ばしては

丸めて整えます。(コミスジ飼育)
 丸めて整えます。

甥っ子の手のひらは相変わらず美味しいらしい。体温高いのか?笑

脱け殻。いとさびし。(コミスジ飼育)
 脱け殻。いとさびし。

そして信州の青く高く広い空へと飛び立ったのでありました。
また夏に会いましょう。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまではコミスジ(タテハチョウ科)のお話。
我が家のオオスジ(ぐるぐる系/ネコ科)はと言えば。

あんにゅいな感じ。
椅子は二人分陣取る。 のびー。

椅子は二人分陣取る。ソファーはもちろんど真ん中。座椅子だってあたしのもの!
てなありさまで、いつだってヒト科は狭いところに追いやられて座るのでした。

しかもガスヒーターの目の前。 しかもガスヒーターの目の前。
文句なんか無いですよ。そりゃもう…。 なにか?

いや、文句なんか無いですよ。

バナーアゲハ そりゃあもう…。(ノ_-。)
↑↓2つのランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪にゃー
ǭ

にほんブログ村
Oui C'est La Vie / ageha 
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2017.01.30 17:46:32
コメント(6) | コメントを書く
2017.01.19
カテゴリ:コミスジ飼育
過去日記。去年7月のコミスジ飼育。それは信州でのおはなし

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミスジ(蝶)の羽化を見るべく終齢幼虫を飼い始めて翌日蛹化。
翌々日には金ぴか蛹になったコミスジ幼虫ですが。

羽化までたいくつ~と思っていたら、散歩の途中でキアゲハ発見。

3頭いるよ。(キアゲハ飼育) 3頭いるよ。
食草はイブキボウフウ。セリ科。(キアゲハ飼育)

食草はセリ科のイブキボウフウ。都会の花屋ではレースフラワーの名で売られています。
はい。コミスジちゃんの蛹ケースに居候。

新入り。(キアゲハ飼育) 一緒に飼うのです。
相変わらず綺麗色。(キアゲハ飼育) 相変わらずの綺麗色。

そうこうしているうちに私の滞在期間は儚くも終わりを告げ、義姉にコンデジを
託して帰路についたのです。その翌日羽化。なんたること。

羽化前日。(コミスジ飼育) 羽化前日。

平均気温がやけに低い山の上なので、昼は日に当て夜は比較的暖かいボイラー室に
移動し、何が何でも羽化が見たいのだ!と熱心に保温に努めたと言うのに
帰った翌日に羽化とはねぇ。

それでもケナゲに頑張って予定よりだいぶ早く羽化してくれた
コミスジちゃんのけなげさが嬉しいような惜し過ぎるような。

羽化寸前。(コミスジ飼育) 羽化寸前。
コウモリっぽい。(コミスジ飼育) コウモリっぽい。

ここからは、兄曰く「嫁が「agehaさんに怒られるぅ~」と泣きながら撮ってた。」
(もちろん冗談。でしょう?笑)と言う義姉の撮影です。ありがたやありがたや。

もうほんとにすぐ出るよ。(コミスジ飼育)
 もうほんとにすぐ出るよ。




あちゃー。

あー。ほんの数分目を離したらこれだよ。(コミスジ飼育) 出たヨ♪

ほんの数分目を離すと羽化済んでる蝶あるある。

二本の口吻を繋げるのです。(コミスジ飼育)

全ての蝶は、羽化するとまず二本の口吻を繋げるのです。

きりりとタテハチョウ科の顔。(コミスジ飼育)
 きりりとタテハチョウ科の顔。

目の色がキトンブルー。(コミスジ飼育)
 目の色がキトンブルー。

裏翅も美しいけど表翅の文様も素晴らしいのです。だがしかし

バナーアゲハ すでに写真が多すぎるのでつづくー。
↑↓2つのランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪にゃー
ǭ

にほんブログ村
Oui C'est La Vie / ageha 
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2017.01.19 17:56:26
コメント(6) | コメントを書く
2017.01.12
カテゴリ:コミスジ飼育
7日に載せようと思っていたのに過ぎちゃった。
我が家の七草粥は今年もコンソメ味。
青臭さが無くて美味しいのです。

七草がゆはコンソメ味。

そしてお正月からの残りの食用植物たちを活けてみる。

新年のなごり。

おひたし用菜の花のつぼみはこんなに膨らんでもうすぐ咲きそうです。

おひたし用菜の花もうすぐ咲くよ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、過去日記。去年7月のコミスジ飼育。それは信州でのおはなし


コミスジ(蝶)の羽化を見るべく終齢幼虫を飼い始めて翌日蛹化。
翌々日には金ぴか蛹になったコミスジ幼虫ですが。

夏の話を冬に書くってのもオツなものです。(?)


背側はギンギラでいかにもタテハチョウ科の蛹という感じですが

背側はギンギラ。(コミスジ飼育)

腹側は軍配団扇風。

腹側は軍配団扇似。(コミスジ飼育)

 こんなかんじ?
糸の張りっぷりはさすが。(コミスジ飼育)

小さくても糸の張りっぷりはさすが。で、大きさはと言えば
こんなに小さい。干涸らびちゃうんじゃないかと思うサイズです。

こんなに小さい蛹。(コミスジ飼育)

そんなことを言ったらシジミチョウの1cm蛹なんてそれこそ良く干涸らびたり
雨に溺れたり凍ったりしないものだと感心するわけですが、
そんなことを言ったらコバエのたぐいなんかはもっと小さいわけで。

もし季節の移り変わりの温度変化でどうにかなるものなら
とうに絶滅しているってものです。たくましい。たのもしい。

ちなみにコミスジちゃんの脱け殻は。

脱け殻とワリバシ。(コミスジ飼育)

猫かコアラかってな顔。割り箸の先程度の大きさです。かわいい。

バナーアゲハ 次回やっと羽化するようですよ。
↑↓2つのランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪にゃー
ǭ

にほんブログ村
Oui C'est La Vie / ageha 
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/







Last updated  2017.01.12 18:41:08
コメント(8) | コメントを書く
2016.10.21
カテゴリ:コミスジ飼育
7月。信州でのおはなし


コミスジ(蝶)の羽化を見るべく終齢幼虫を飼い始めて翌日。
「10日以内に羽化してね。」と願う私の思いを知ってか知らずか
翌日には蛹化場所を探す旅に出た。プラケースの中だけど。

チャーリー、ロールシャッハテストだよ的なビジュアル。
チャーリー、ロールシャッハテストだよ的な。(コミスジ飼育) ハート?

幼虫は終齢でもこんなにちっちゃい。
終齢でもこんなにちっちゃい。(コミスジ飼育)

お尻の黄色い模様は、実際には金色で輝いているのだけど
写真では表現出来ず。


どれだけ歩いたら蛹化場所を見つけられるのか
どれだけ歩いたら蛹化場所を見つけられるのか。(コミスジ飼育) ボブ?

 友よ、その答えは風に吹かれている。


とか思いながら歩くこと数時間。天井に決めましたよ。
友よ、その答えは風に吹かれている。(コミスジ飼育)

タテハチョウ科なので垂蛹(すいよう)です。そして翌日には金ぴか蛹。

コミちゃん蛹も金ぴか。(コミスジ飼育)
翅脈すけすけ。(コミスジ飼育)
 翅脈すけすけ。

その答えはここなのでした。(コミスジ飼育) 綺麗でちいさな蛹です。

バナーアゲハ 羽化までしばし待つのです。
↑↓2つのランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪にゃー
ǭ

にほんブログ村
Oui C'est La Vie / ageha 
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2016.10.21 17:56:07
コメント(8) | コメントを書く
2016.09.04
カテゴリ:コミスジ飼育

7月。信州でのおはなし。


私のお気に入りバタフライブッシュ、クサフジを眺める。
今日は何が居るかな。

今日もクサフジにシジミちゃん。(信州にて)

シジミとシジミの子と、シロチョウ科の卵と、アブラムシと…。

あと、怪獣も。(コミスジ幼虫・信州にて) 怪獣。

 ↑上がお尻で右下が頭部です。

顔どこ?(コミスジ幼虫・信州にて) 

歩く時と食べる時は蝶の幼虫らしくちゃんと(ちゃんと?)長細くなるのだけど、
休息時はこんな風に頭を前脚の方へ丸め込んで小さくなってる。

シャチホコガ系と間違えそう?(コミスジ幼虫・信州にて) がおー。

ちょっとシャチホコガ系な感じ。ですが、コミスジ(蝶)の幼虫です。

タテハチョウ科の幼虫は棘っぽい。(コミスジ幼虫・信州にて)

ツマグロヒョウモンや先日のイチモンジチョウと同じタテハチョウ科。
この科の幼虫って棘々しい。

頭隠して何とやら。(コミスジ幼虫・信州にて)
 頭隠して何とやら。

滞在期間がそう長くはないので、若い子は無理。終齢のこの子なら
羽化が見られるかも。でも最高気温24度じゃ難しいかなーと色々思いつつ室内へ。

羽化を見ようと目論む。(コミスジ幼虫・信州にて) 飼うのです。当然。

クサフジは水揚げも良いし丈夫なので扱いが簡単でよろしい。
さぁ。今日明日蛹化して10日以内に羽化するのだ-。

バナーアゲハ と、勝手な事を願うのでした。
↑↓2つのランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります♪にゃー
ǭ

にほんブログ村
Oui C'est La Vie / ageha 
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/







Last updated  2016.09.04 19:06:26
コメント(6) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.