1476763 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ageha的ニチジョウ

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Profile


agehaSwella

Calendar

Category

Comments

少女 明子@ 猩々から上手く騙されちゃった 今日もシメジたちに扇風機の風を当てなが…
nanaminz@ Re:ヒヨコみたいな君は誰?(11/14) おはようございます♪ 猫って暗くて狭い所…
MIYA KOUTA@ Re:ヒヨコみたいな君は誰?(11/14) もたさん、考え事? 押入れの中は集中して…
agehaSwella@ Re:神様どうか来世はネコで。(11/06) 星 明子さんへ ああ私も来世はネコ希望…

Favorite Blog

千言萬語(せんげん… New! にととらさん

TOHOシネマズディの2… New! usapanda3さん

大分大きくなった怜… nanaminzさん

もうそろそろ白鵬さ… ペン7181さん

西表島へ テツイロ… MIYA KOUTAさん

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

愛猫先代

2010.12.22
XML
カテゴリ:愛猫先代

昨日の、ナメクジの話を読んでくれた勇者が3人もいらしてくれて
大変嬉しゅうございます。ありがとう♪猫


  ・・・・・・・・・・・・・・・・


そして昨日は、19年5ヶ月共に過ごした愛猫シェリーが天国へ行ってから、
ちょうど1年でした。去年の今頃は泣いてばかりいて、もう、体から水分が
全部抜けて乾涸らびちゃうんじゃないかと思う程でした。

シェリー18歳美女。


シェリーが…と、名前を口にするだけで、胸が詰まって涙しか出なかった
1年前。それが1ヶ月、2ヶ月と過ぎるうちに、思い出話も出来るようになって、
今じゃまた猫と暮らしたいとまで思えるようになりました。

でも、シェリーがあまりにも素晴らしい猫だったので、彼女ほどの猫には
なかなか巡り会えず。

シェリー18歳。

「別に普通の日」と思っていた「昨日」は、やはり「特別な日」で、
もう笑って思い出話が出来ると言いつつ、やっぱりドコカさみしい
1日でした。天国でばぁちゃんと暮らしているのかなぁ。

バナー猫 しみじみ。
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/

 


しーちゃん、ほんとにいっぱい有り難う。
あんたの事、やっぱり思い出すとまだ泣けちゃうよ。
たかが猫1匹。なのにその存在が、こんなに大きいなんて大したもんだ。

あーだめだ。やっぱり涙が止まらない。







Last updated  2010.12.22 18:27:39
コメント(12) | コメントを書く
2010.08.25
カテゴリ:愛猫先代
近所で猫を4匹飼っているおばちゃんがいる。猫

今日は帰り道ルートを多少延ばして散歩しつつ帰って来たのだけど、
「へ?こんな所まで猫の散歩ですか?」と謎めく所でおばちゃんに
会った。猛烈な暑さの中猫を抱っこしてて、最近猫に飢えている私は
当然抱っこさせて貰ったダブルハート

  かわいい~♪ふわふわ~♪

あーん。また猫と暮らしたいよ~。猫と寝たいよ~。と猫熱が上がってしまった。


14歳のその子はサイズが小さめで、亡きシェリー(享年19歳と5ヶ月)より
遙かに軽い。昨年末にしーを失くしてから、また猫と暮らしたいけど
お別れが悲しすぎてツライ、と決めかねて約8ヶ月。

思い出すと泣きそうになるし、まだまだ傷も喪失感も癒えて無い。
からまだ飼えない。と思っていたけれど。

傍観蛙。 ど?

実はそうじゃなくて新しい子をしーの生まれ変わりと思って迎えれば、
かわゆく癒してくれる存在に、この8ヶ月引きずっている喪失感も
癒されて埋められるのかな、なんて思った。


おばちゃんの愛猫を抱っこしつつ長話をしていたら、にゃーにゃー言い出す。
「なぁに?どーした?」「歩けって言ってんのよ。」

ツーと言えばにゃー。 にゃーと言えばツー。

長く暮らしている家族の「にゃー」は、何が言いたいのか判るわけで。
そんな関係は私もかつて持ち合わせていたわけで。

そろそろ4代目シェリーを迎えようかな。迎えてもいいかな?

運命の出逢いは近いかな?なんて、わくわくした今日の私なんでした。

バナー猫 やっぱり毛モノっていいですね。ぺんぎん
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2010.08.25 18:06:26
コメント(6) | コメントを書く
2010.06.30
カテゴリ:愛猫先代
いつだったか主人とあたしの母と3人で出かけた帰り、お昼
ゴハンでも食べようと言う事になって吉牛を見つけた。車

気付けばもう10年くらい吉野家なんて行ってないあたしが
「吉牛にしようよ。牛丼♪」と言うと、母が

「牛丼なんてやぁよう。あ。松屋がある。松屋にする?」と言った。




…松屋も牛丼だよ!ごはん


  ・・・・・・・・・・・・・・・・


そんな母の住むあたしの実家の2階のトイレ(主にあたし専用)は
ライブハウスをイメージしてこんなだった。

ライブハウス的トイレット&猫。 ライブハウスぅ?


各種びじゅある系バンドのチラシの代わりにスピリッツの猫表紙・笑。

どんなセンスですか。若かりし頃のシェリーが「よくこんな狭い所に
乗れるな!」と感心するほど狭いペーパーホルダーに乗っています。


ライブハウス的トイレット&ホルダー乗り猫。 お茶の子さいさいさー。


このトイレを最近リフォームする事になって、とりあえず
スピリッツ達を剥がしたのだけど…。

その際こんなのを見つけた。

壁に残るシェリー(猫)の足跡と言う名の思い出。 シーサイン。


伸びて壁に手をついた時のシーの足跡。

そこになんの躊躇も無くダーマトで丸をつけるあたしも
やりたい放題だったなぁ…(遠い目)。


ダーマト犬。好きですダーマトグラフ。 ダーマト大好き

↑この牛犬の話はまた後日。 


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、リフォームしても、この部分の壁だけこのまま残す事にしました。

いくら時間が過ぎても、シーの想ひ出が消えてゆくのはやっぱりさみしい。
とか言ったら母が言った。「何センチメンタルジャーニーになってんの。」


うはー。まただ。まただよ。


それを言うなら「センチメンタル」だろう…。ほろりとする
トコロでいつも笑かしてくれる母なんでした。

br_banner_onsen 良きかなー。猫
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2010.06.30 18:11:36
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.15
カテゴリ:愛猫先代
小さな声じゃ聞こえない。

えーと。

パソコンの中にも携帯の中にもデジカメの中にもアルバムの
中にも、前から飾ってある、壁の膨大な写真の中にも、


シーがいる。


まだ1ヶ月も経っていないのだから仕方ないよと
思っても、やっぱり不可思議な感覚です。



母のデジカメにはナゾの写真が残されていた。

たぶん猫。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで我が家の前の道を、毎日同じ高校生男子グループが
通る。そしていつだって大声で話してる。


「おれ、孤独って字覚えたぜ」

「保健体育の授業で習ったんだけど、オ○ニーの回数で悩まなくていいんだって」

「堀江の妹紹介してよ。ちょーかわいいよね」



2010寅バナー。 少年よ大志を抱くがいい。
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2010.01.15 18:18:54
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.08
カテゴリ:愛猫先代

あけましておめでとう。

そしてお久し振りです。


もう、何から話せばいいのやら。とにかくね、
元気ですよ!心配掛けてごめんなさい。


なんてしおらしく言ってみたけど、あたしの今年の抱負は
「どうでもいいから兎に角笑う」です。ちなみに去年の
ギャンブルで熱くなりすぎない」は全うしたよ。

てゆうか。 ほんとに。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・


去年は、年末に悲しい事と義妹の入籍が見事に重なっちゃって、
悲しすぎてとても笑える状態じゃないのを悟られないように
頑張って笑って、お墓参りの花束と、入籍祝いの花束を2日続けて
作るという、何とも大きな悲しみと幸せの時間を同時に過ごしました。


うーん。


やれば出来るのね。こんなふうに少しずつ、優しいキモチに
なれるのでしょうか。はぐくむってこゆこと?(←意味不明。)


頭が痛くなる程泣いて、あぁそういえば以前にもこのくらい
泣いた事が有ったっけ、いつだっけ、と思い返したら8年前に
祖母を失くした時だった。

38年の人生で、枯れる程泣いたのは、たった2回。
それってある意味幸せな人生って事かしら。



大きな悲しみと喪失感と疲労とストレスで、
母は口唇ヘルペスが、あたしは口内炎が出来た。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・


昨年末は大変だったけど、新年は素晴らしい快晴の幕開け
だったし、今年はイケル気がするー。(単純。)


シェリーが居ない生活には当分慣れそうもないけど、それでも猫って
30年も40年も生きる動物では無いし、最期の時まで顔がキリリと
美し過ぎたからまだ信じられないけど、人間の外見に置き換えたら

 きんさんぎんさんくらい?

だったら(それでももちろん悲しいけど)、むしろ生きていてくれた事が
奇跡に近い!あっぱれだよ!と、前向きに考えるようになりました。でも、
五虎大将軍の最後の将、趙雲が亡くなった時のくだりにこんなのが有る。

 もちろん漫画版。


生あるものはいつか必ず滅びる

そうわかっていても孔明の胸は万感の思いであった


そんなかんじ。頭では分かっていても、なんとも言えない気持ちも有る。
でもこれは孔明の罠じゃないので慌てません。あたしは司馬懿仲達
(略して「しばちゅう」。なんでも略すな?)じゃないので慌てません。

孔明の罠。 いや、ちがう。



あああ。新年初なのにくだらない事言ってる。でもね、


「もうあんな悲しい思いは二度としたくない」と言っていた母が、
「初詣の途中であんたが言ってた動物病院(名医と評判)有ったわよ。
もし今度猫と暮らしたら、今度はここに来ようって思ったわー。」と
言った事が、まだ日も浅い今年、あたしが一番嬉しかった事です。


あたし以上にめそめそしていた(まだ過去形でもないけど)母が、
「あ、いや、もう絶対飼わないけどね。」と訂正しつつもやっぱり
前向きに、少しずつでも元気に、新しい事を考えられるように
なってきたという事が、何より安心でした。


べつに。 でもねー。


シー以上にかわいくカシコイ猫なんて、たぶん居ないと思うから、
四代目は…余程の運命がないと出逢えない気もするー。


何はともあれ、色々ありがとう。

今年もよろしくね。カラ元気じゃないのでご心配なく。
いや、ほんとに。次回から通常営業に戻ります。


?2010寅バナー。 営業?
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/







Last updated  2010.01.08 18:21:48
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.29
カテゴリ:愛猫先代
2009年12月21日月曜日、午後8時40分に、

シェリーが天国へ行きました。

19歳と5ヶ月でした。


11月29日から急に弱りだし、その後はもう1週間ごとにどんどん
弱っていき、あまりに急激な老いの進行に、私も母も精一杯
接しましたが、本当に永く悲しい3週間でした。

永遠かと思える程つらかったけど、数えてみたら
たった3週間。


最後は足を引きずるようにして、それでも自力でトイレに行って、
大好きな母に撫でられながら天国へ行きました。



今思えば、このブログの「家猫」には、このところ心配事ばかりを
書いていて、「それでもシェリーは元気です」と、自分に言い聞かせて
いたみたいです。


まだ心の整理が出来ないので、ご報告だけになりますがご容赦ください。


親しい方には年賀状を送らせて頂いたのですが、
「シェリーが年を越せますように」、と祈りを込めて、
彼女の写真を載せてしまいました。新年早々申し訳ないのですが、
届いた際には「ほんとにかわいい猫だったね」と、にっこりして
貰えたら嬉しいです。


今はまだ、大切な家族を失くした悲しみがあまりにも大きいので、
年内のブログはこれが最後になるかと思います。

でも、いつまでも泣いてばかりいたらシェリーが安心出来ないので、
19年5ヶ月の思い出を胸に、前向きに頑張ろうと思っています。

もうすぐ新年、笑って迎えられるようにしたいです。

宵の口

読んでくれた皆様、愛して下さった方、優しいメールをくれた
Mちゃん、本当に、有り難うございました。


                         2009年12月29日火曜日






Last updated  2009.12.29 17:03:21
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.21
カテゴリ:愛猫先代
何から話そう。


このところ、心が折れきってしまって、気分転換に
ブログでも書いてみようかな、と思ったんだけど。


ひどい気分の内容を書く確率90%

無理してくだらない事書く確率5%

作り笑いで気もそぞろの内容書く確率5%



シェリーは、頑張ってます。



こんなにくるしいことってあるんだね。
生き物と暮らすには、しなければいけない覚悟だけれど、
なんていうか、ほんとに苦しい。


しばらくブログはお休みします。でも、人間とはよくしたもので、
どんなに悲しい事が有っても、つらくても涙が枯れるくらい泣いても、
いつしか元気に笑える日が、きっとくるから、心配しないで下さい。


今日もありがとう。


またね。






Last updated  2009.12.21 18:35:52
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.11
カテゴリ:愛猫先代
つい先日、食欲も無いし…と心配していたシーですが、
ペースト&ムース缶で復活!です。

 シー19才6ヶ月。愛猫。 元気出た!


19才4ヶ月までは普通にカリカリを食べて、猫缶も普通のフレークを
食べてた。でも急に全く食べなくなったので、かなり小粒に作られてる

 銀のスプーンプレミアムやモンプチシニア等々

プレミアム系を何種類も買い込んで、そのままはもちろん、
混ぜてみたり水やミルクで柔らかくしてみたり、色々手を
尽くしたけど全く食べなくなってしまった。


大好きだった黒缶金缶系(フレーク)も舐める程度で全然
食べない。生き物が食べなくなったらもう終わり。

どうして良いのか分からなくて、探していたら見つけたぞ!
何を?永遠を。それは太陽に溶ける海だ!じゃなくて

 ム~スだ!


これはすごい。なぜだか缶を開けた段階で立ち上がり、
くれくれ!と向かってくる。わー!そんなシーが嬉しい!


こんな嬉しい事ってないわ。


金缶系ですら舐める程度だったのに、ムースは一缶ペロリ。
おなか空いてたんじゃん…(遠い目)。

 ペーストもお気に召した御様子。

猫ってほんと、我慢強いって言うかなんて言うか。
おなか空いてても食べないってどういう事ですか。

歯も全部有るし、と思っていたけど年をとるってそういう事じゃ
無いようです。そんなわけで食欲も戻り(あたしと一緒ね
すっかり元気になりました!


ふ~。ひと安心。ほんと良かった…。


そして、11月にやたら買い込んだカリカリがトータル何キロ有るんだろ。
色んな種類を合わせて7kg以上(まじで)。猫缶は20缶くらい有る…。

親バカと笑ってくだせぇ。シーよ…君が食べない
プレミアム商品は一体どうすればいいんだい?

シー19才6ヶ月。くつろぐ愛猫。 知らないわー。


白茶猫伸びる。 たびるー。


今回の事で一番安心あしたのは母とあたしで、一番喜んだ
のは白達とパンダ達。特にパンダは13才を越しているので、
お口に合うわけだ。野良とは思えぬプレミアム食生活。

君たちは幸せかい?

ランキングバナー あたしは幸せよ。

ご心配有り難うございました。
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2009.12.11 18:26:01
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.26
カテゴリ:愛猫先代
買い物帰りにいつも遊んでたタビちゃんが、半年前から
姿を見せなくなった。何年もそこで暮らしていたのに、
急に居なくなったので、さみしかった。


いくらゴハンを貰って可愛がられていても、それでも野良だし
こんな日はこんな風に突然来るのかな、なんて思ったり。

それがですね、居たの。さっき。


マタタビ08  I'm glad to meet you


毛並みも良くて元気極まりないって感じでまとわりついてきた。
なんだよもぅ。心配したんだよー。女の子なのに放浪でも
してたの?沢山話したい事は有ったけど、ちょうどシロの
ゴハンタイムだったので20分くらいで帰宅。


玄関のマットでは、いつもの様にシロが寝てた

白茶猫伸びる。 どこ行ってたのさー。

タビを撫でた手の臭いを嗅いで、「ケモノのニオイがする…。」
と、遠い目をしたシロ。君はまだ1才。元気よね。ほんと。


で、19才5ヶ月のシー(これこそ愛猫)は、今月に入ってから
みょうに老いてしまった。なんだか階段も休み休み登るし、
食欲もあんまり無い。たった1ヶ月前、塀に駆け上ってクロを
追いかけたり
していたのに。


シーにとって、1年は、いや、1ヶ月ですら、もう当たり前の
毎日ではなくて、かなり貴重なものになっている気がする。

時間が有れば撫でて、時間が無くても撫でて、母も精一杯の
愛情をそそいでいるから、もしもの事があっても覚悟は出来てる
けど、でも、覚悟が出来たふりをしてみても、それは自分に
言い聞かせているだけで、なんとも言えない気分になる。

この、緑色の瞳をしたかわいい猫に、逢えなくなる日がいつか来る。


あー。


それは逆らえない仕方の無い事なの事だけれど、あたしの
人生のちょうど半分を共に暮らしたかけがえのない家族
だもの、なんていうか、今はとても複雑な心境です。


愛猫19才5ヶ月の秋。 てゆうかまだまだイケルわよ。
 あたしの顔を変な消し方してすいません。

銀のスプーンプレミアムはお気に召した様で良かったけど、
シーちゃん。ハタチまではあと半年。とりあえずはそこを
目標に、ひなたぼっこしながらのんびり生きようね。


ってなにこれ。猫への手紙?



なんか、あんまりこういう心配系の話って、まわりの
人に言いたくないんだよね。ナゼってあたしのウリは
のー天気!だから。

だからね、

ランキングバナー 聞いてくれて有り難う。
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2009.11.26 18:44:56
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.23
カテゴリ:愛猫先代
みょうなタイトルを付けてしまいましたが、
19歳のシーは元気ですのでご心配なく。

シャンプー後に生乾きの毛のまま、庭で草食べるくらいに元気です。

草喰い猫。 ちくちくするー。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・


先月の話なんだけど、親戚の家の19歳の猫が家を出た。

シーと同じ歳のその子は、すでに歯も無く食欲もなくて、お刺身や
水で煮たアジの開きをほんのちょっと食べる日々が続いてた。

もう永くないかも知れないと、覚悟を決めた8月。



シーもそうだけど、ハタチも近くなった猫は、全身麻酔の手術なんて無理だから
(そんなの死期を早めるだけ)、病気だけはしないようにと食事には気を遣ってる。

でも、あんまりお気に召さないシニア用ばかりじゃカワイソウだから(人間で言う
ところの「年をとったら好きなものだけ食べてりゃいいじゃん」って考えです)
好きなものも数日おきにあげて、元気に2009年の夏を越した。


その子は、夜中は鳴かない猫なのに、9月のある夜
小さく「にゃー」と鳴いた。

「外に出たいの?」と、家人が玄関を開けてあげる。いつもの様に、
お風呂場の窓を開けて、入って来られるように椅子を寄せて階段を作る。

朝、家人が目を覚ましても猫の姿は無く、それっきり。あまりにも突然に。

長らくお世話になりましたと、夜中に挨拶をして、木曽に向かったのだと
思う。猫は、自分の死期を悟ると木曽へ向かう。

そんな逸話はきっと、帰らぬ家族を待つ長く重い時間と、悲しみを与えぬ
よう、誰かが作った「虹の橋」同様の話でしょう。でも、野良や他の猫の
亡骸を道で見つける事が無いのはきっと、やっぱり、逸話ではなくて
本当の事だから、だと思いたい。


あれから1ヶ月以上が過ぎた今でも、長く暮らした家族の居ない日常は、
当たり前だけど淋しいらしい。私も、今ちょうど人生の半分を共に過ごして
来たシーが居なくなったら、さみしくて当分立ち直れないと思う。


けど、19歳。


人間でいったら一体いくつ?顔が余りにもあどけなくて可愛いので(親ばか)
ついつい子供扱いしてしまうけど、もしもの事が有っても、精一杯の愛情を
そそいで来たのだから、悲しまなくていいんだと、自分に言い聞かせた。

母にも「大丈夫だよ。もしもの事が有っても、病気じゃなくて逆らえない
老いでいなくなるんだから、「可哀想」なんかじゃないからね」

と、そんな事を伝えた。シーと同じ歳で家を出た猫の事があったから、
ちょっとだけ心配になった、あたしの夏の終わりの出来事でした。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・


色々思いつつもまだ全然元気だし、26歳のにゃー(ちょっとだけ音出ます)も
居るくらいだからそれ程心配はしてないけれど。

そういえば先日、母が愛でている外猫クロちゃんが塀の上を大急ぎで逃げて
行き、その後をシーそっくりな猫が猛スピードで追いかけて行った。

外猫クロちゃん。2009 まだらクロちゃん。


「シーは2階でぐでーっと寝てるし、もうあんな元気は無い。
 若いってすごいわね」と、遠い目をして眺めていたのに。

しばらくして塀の上をシーが歩いてきた。


shee 「にゃあ」


そっくりじゃなくて、シーだった。どんだけ元気なんだ。
母が愛でている外猫は2匹で、もう1匹はパンダ。


外猫パンダ。 実物はもっと男前。

あたしのワンピースの柄が黒毛に写り込んでサイケになってます


彼はあたしが25歳の頃にはすでに居たので、13歳は越している。

シーはパンダの事は気にならないのに、ナゼかクロちゃんを
見つけると追いかける。ナゾだよなあ。

2009丑バナー とにかく元気です。
@ageha
http://plaza.rakuten.co.jp/Swellapara0505/






Last updated  2009.10.23 17:49:34
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.