123100 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スイス生活

全7件 (7件中 1-7件目)

1

移住

2020.10.31
XML
テーマ:海外生活(7851)
カテゴリ:移住
​​​​​​
今年でスイスに引っ越して2年以上が経ちました。

正直、あっという間で1年目はほぼ記憶がありません(笑)

Kitchen, Home, Interior, Modern, Room, Floor, Furniture


なのでブログを書いていて本当によかったと思ってます(*^^)

辛かったことも具体的にあの日のあれが嫌だったとかは覚えてないし

楽しかったことや周りの人がしてくれたことも全部は覚えてないです。



そんな海外生活、スイス生活も基本的には慣れてハッピーに過ごせる時間も

移住後すぐよりも、もちろん多くなりました。

私の場合は、人生のビッグイベント(結婚や移住やその他)がすべて重なったので

正直、一年半ぐらいまではかなり精神的に大変でした。(笑)



それで、移住して2年ちょっとになる今

未だにストレスな事や不自由に思う事、もう慣れたという事を書いていきます。





未だに不自由に感じる事、一番最初に頭に浮かんだのは『買い物』です。

ちょっと意外じゃないですか?(笑)

住んでたらすぐ慣れそうな感じですもんね。(*'▽')


確か、引っ越してすぐにハンガーを買いたいのに

それを見つけるのも結構探したのを覚えてます。​(しかも値段で仰天)​




もちろん日常でよく買う物は、もう今はどこに行けばいいかわかるんですけど

たまにピンポイントで買いたい物があるときは未だに苦労します。

例えば、最近だと水耕栽培用の酸素が出る石というのを探して

ホームセンターを何軒も見たりとか…。

それも経験で積み上げていくしかないので仕方ないと思います。




あとは、『金銭感覚』です。

未だにスイスで値段を見て高いなぁと思う事は沢山あります。

でも、去年の日本帰省で日本のスーパーの物価の安さに驚いたので

徐々に変わってきているのは間違いないです。

ただ、スイスの物価も間違いなく上昇しているものもあるし

日本よりも安く買えるものもあるんですけど

総合的に見ると物価は当然高いのでよりシビアに考えるようになりました。
​​​



逆に、意外にも2年で慣れた事は『付き合い』です。

慣れたってはっきり言いきれない部分もあるんですけど

移住後に負担に思っていた『人を家に招く習慣』だとか

『家族との食事会』だとかそういうのは今は楽しみになってます。




あとは、最初はすっごくストレスだった『スイスのスピード感』も

今はすっかり慣れました。(笑)



やっぱり日本と違って、お店でも何でも基本的に急ぐ人が少ないんです。

例えば、レジにお客さんが並んでても自分の今やっている仕事(品出しとか)の

キリの良いところまでやってからレジに来たり。(スイスでも多分NGだけど)



​​今となってはそれはスイスの良いところでもある、と思えるんですけど

慣れない頃は、毎回待ってばかりでそのたびに不満に思ってました(笑)

自分の中にある当たり前って怖いですよね。

日本では店員さんがお客さんを待たせるのがNGなので飛んできますが

スイスでは必ずしも当たり前ではないですからね。



こうやって振り返ると感覚的にはあっという間でも

変わった部分て沢山あるって気が付きますね。



ではまた。













最終更新日  2020.11.03 02:43:16
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.11
テーマ:海外生活(7851)
カテゴリ:移住
​​​​​​​​

海外に住む日本人のお友達に喜ばれるものといえば、やっぱり食べ物でしょうね。

日本食ブームもあり、海外でも日本の食料品が買えるようにはなってきましたが

種類は圧倒的に少ないですし、お気に入りのコレ!

というのを手に入れるのはなかなか難しいのでほとんどの人が

他のもので代用、もしくは帰国まで我慢しているのではないかと思います。

ショッピング, ビジネス, 小売り, ショッピング カート, 交通機関, スーパー マーケット, 食品, 購入


特に、ホームシックの時は自分の好きな物や日本で食べていた物が

海外で食べれるだけで少し救われます(*^^*)


今日は、海外に住む人が喜ぶお土産を紹介したいと思います♪
​​​(↑自分が欲しいもの?笑)​​​




1.ふりかけ・お茶漬けの素


白米は高いですが割と手に入ります。

ふりかけはあっても種類は少ないですし、

スイスではゆかり1袋650円ぐらいしました (^_^;)(笑)

かさばらなくて軽いのはお互いにとっていいですし、

賞味期限も長いので白米を普通に食べる友人であれば喜ばれると思います。


小分けされた岩のりなんかも海外では買えないので良いかもしれないですね。



2.まぜるだけでいい料理の素


日本からある程度調味料を持ってきていても、海外でそろえるにしても

やっぱり同じ味ってなかなか
出せなかったりします。

なので、料理の素(混ぜるだけでいいタイプ)は今すごい欲しいものです。笑

味噌味の料理や日本風中華、ちらし寿司などいろいろ恋しいです。




3.お茶・抹茶


コーヒー派の人も多いとは思いますが、緑茶とかもいいと思います。

麦茶や緑茶、抹茶パウダーなど。

緑茶は海外製のものが売ってたりしますが日本の方が断然美味しいんですよ(T_T)

日本では飲まなかった人でも、あれば飲みたいっていう人結構いるのでは?


料理をするお友達なら、抹茶パウダー喜ばれるかもしれません!

日本でも若干高めの抹茶パウダーですが、スイスでは30gの抹茶が

約3000円しますのでとてもじゃないですが払う気になれない…。(笑)





4.ドレッシング


ドレッシングは個人的にうれしいなあと思うもので、

重さがあるのでちょっと大変かもしれないのですが

日本のドレッシングは味の種類が本当に豊富で美味しいです。

青じそとかだけでなくてイタリアンテイストなんかもやっぱり日本風なので

海外で売っているバルサミコ酢がきいたイタリアンドレッシングとは違います。


海外のドレッシングも悪くないのですが家庭で手作りするのも普通なので

たまにはゴマダレや青じそ・ゆずなども食べたいですね。




5.日本のお菓子


お友達に好きなお菓子を聞くのが一番いいとは思うのですが

きっと何でも喜ばれると思います。日本のお菓子。

私はカプリコという昔からあるチョコのお菓子が大好きなのですが

こちらにはやっぱり売っていないので

母に一度大量に送ってもらったことがあります(笑)

あとはすっぱむーちょや梅味なんかも日本独特の味かもしれません。


6.乾物



乾物は軽くてさらに日持ちまでする優れもの。

ワカメやゴボウ、しいたけ、ひじき、高野豆腐、切り干し大根などなど

日本ではすぐ手に入るけど海外では買えないものが結構あります。

春雨は意外に海外でも売っているので要注意。







少しですが、海外に住む日本人が貰うと喜びそうなものを書いてみました。

もちろん、持っていくのであれば重さや鞄のスペースの問題もありますよね~

でも正直、日本のお土産なら何でも喜ぶと思います(笑)



ポイントは高級なものじゃなくていいという事。​

お互い日本に住んでいたら久しぶりに会う友達に

スーパーのお菓子や食べ物をあげるのはちょっと。。と思うかもしれませんが


海外に住むお友達はきっとデパートの洒落たお菓子とかではなくて

日本のスーパーで買えるいつも食べてた普通の食べ物のほうが喜ぶと思います。

海外に住んで日が浅い私が言うのもなんですが( ´∀` )笑

ではまた。















​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.12.11 11:50:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.29
テーマ:海外生活(7851)
カテゴリ:移住
​​​
スイスに引っ越す前、

結婚手続きの準備のため

在日スイス大使館に行きました。




結婚に必要な書類を持って行って

さらに現地で記入する書類があるのですが

ネットで調べると

open時間は9時から12時(笑)

また、ネットで情報を探していたら

スイス大使館の人にこんなにギリギリに来ても

間に合わないからと返された方もいたので

かなり不安に思っていましたが

対応してくれた方は、ものすごーく親切でした‼



1人は日本人の女性で対応してくれたのは


女性のスイス人でした。英語はもちろんokだし

フランス語ドイツ語もokです。日本語も話せるようでした。

ただ記入する書類がドイツ語用と日本語があり

日本語の意味がよくわからなかったりするので

早めに行ったほうが絶対に良いです。



私は電車が遅れて10時過ぎにつき

12時を少し過ぎてしまいましたが丁寧に対応してくださいました。





中には、今日は早いけど帰るね~

と言って12時前に帰っていた方もいました(笑)


​​移住の手続きが完了したら手続きについての記事も

書きたいと思います。






最終更新日  2018.07.29 17:19:52
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.21
カテゴリ:移住

スイスに来て2ヵ月がたちました。

今思えば、最初の二週間が一番つらく

一番帰りたいと思っていたように思います。





それ以来、かなり安定していたのですが

最近スイミングをするようになり

体がものすごく疲れてしまって

夜、何度も起きたりして(スイスに来て以来ほとんどこんな感じ)

ついに喉まで痛めてしまいました。




そんなことが重なり、

また色々恋しくなってしまったのです。

のどが痛くてもお粥が食べれない(そもそも私しか作れない)

こんなに怠くてもコンビニで何か買って済ませたりできない

でもお腹はすいている。

本当に情けない馬鹿馬鹿しい悩みですが

ホームシックって突然来るものなんだなあと思いました。

すっかり乗り越えたんだと思っていたけど

きっとこれからも付き合っていかないといけない事

なのだと思いました。



でも海外に住む方のブログを見ると当たり前の様なので


あまり気にしないようにしてます。

食事に関しては、次に日本に帰ったら

少し保存食や乾燥物など持ってこよう‼と楽しみにしてます^^















最終更新日  2018.07.21 10:00:18
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.26
カテゴリ:移住
前回の記事で、持ってきてよかったものを紹介しました!

今回は、持ってこなくて後悔したものや、

高くてもこっちで買わなければいけなくなった物を紹介します。

① 羽織もの、長そでの服です。


私が引っ越してきたのは5月の末。

日本では冷房が必要になりかけてる時期でした。

スイスに来て数日は日本と同じぐらい暑く

以前、夏にスイスに来た時も日中はかなり

気温が上がるイメージでした。

しかし、住んでみるとなんと気温の変化が激しいこと(+_+)

昨日は30度だったのに今日は15度

なんてことがざらにあります。

昼は暑くても朝晩はすごく寒い日もざらにあるスイス。。。

夏物しか持ってこなかったので非常に困ってます。


② 計量スプーン

もしこちらでもすぐ手に入るものだったらすみません。

私の彼(スイス人)の家族は軽量スプーンを使う習慣がありません。

スーパーでも探してるのですがなかなか見つかりません

日本のレシピを見ると必ず出てくるので

持ってくればよかったなあと思います。


③  コットン

こちらで主流のコットンは非常に硬いです。

日本のコットンのようにふわふわしておらず、

肌に当てるとザラつき痛いです。

もちろん長期的に考えると

毎回、日本で購入するのは難しいかもしれませんが

軽いし、ひと箱ぐらい持ってくればよかったと後悔してます。


④ 汗拭きシート

日本では当たり前のさらさら汗拭きシート

どこでも手に入るものだと思います。

でもスイス人はデオドラントといえば塗るタイプが主流です。

スプレーも売っています。

でも汗拭きシートが1つあるだけですごく便利です。

先日、除菌ティッシュを購入したところ

泡がたちました( ´∀` )笑



⑤ 運動着

日本のようにいつでも買い物ができたり

沢山のショップがあったりは

しませんが、自然は本当に素晴らしいです。

綺麗なドレスよりも運動着やTシャツを着て

サイクリングや散歩などを

する機会のほうが多いように思います。

景色も本当に素晴らしいです。

スニーカーと一緒に

運動着も多めに持ってくるべきでした。



ここで挙げたのは、あくまでも私の場合です。

本当に必要な物は

持ってきてよかったものに書いてあります。

現地で購入できるものもあると思いますが、

初めての地で日本のように買い物もできません。

ここに行けばあれが買える、これを買うにはこのお店

という訳にはいかず

もどかしい思いもすると思います。

それも一つの経験ですが、どのみちその経験を

すると思うので、持ってきたいものは

日本から持っていくのが一番かなあと思います。






最終更新日  2018.06.27 20:08:47
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.20
カテゴリ:移住
​​​
スイスに引っ越してくる時、私はスーツケース一つできた。

来るたびに少しだけ洋服などを置いて行っていたのと、

送料は信じられないほど高いので無くなったら困るブランド品や

下着類、靴、今年買った服などを詰め込んで30kgに収めた。

下着と靴は持ってきて本当に良かった!

なぜかこちらの下着はパットなどはなく薄いもしくはつけている意味が

ないぐらいにスケスケ。さらにサイズはかなり大きい。

日本人の中でも比較的小さいため、靴もキッズサイズ。。。

キッズでいい時もあれば困るときもある。

靴は日本のほうがずっと可愛いし日本人に合ってる。

デパート価格でも絶妙にダサいサンダルだったりする。

でも日本で着ていた綺麗めな服よりも

実際にはUNIQLOの1000円のTシャツのほうが着る頻度が高く

必要性が高いことに来てから気が付いた。

もちろんおしゃれな服やワンピースなども数着あると良いけど

クリーニング屋さんも日本のようにそこら中にあるわけではなく

さらに料金も高く、営業時間も短かったりと

着た後のことを考えると日本にいた時のようにはいかない。

かといって1000円ではUNIQLOクオリティのサービスと品物を

得るのはここでは難しい。

あとは、小さめの割れないボトルに入った調味料類

こちらで酒(料理酒)を買おうと思うと1000円は確実に超える。

醤油などはどこのスーパでもそろっているが

みりんなど(醤油と同じぐらい使う頻度が多くても)は売ってない

アジアショップなどには高いけどある!

あとは、燥わかめや鶏がらスープの素やだしの素など

日本での料理を再現しようと思うと必要だなあと感じる。

やっぱり日本に売っている野菜を手に入れることも難しいし

全く同じというわけにはいかない。。。

一度カボチャスープを作ろうと思ったら

種類が違うのかカボチャが甘くなく水っぽく

失敗したことがある。。


反対に、ジャガイモは本当に美味しくフルーツも安いので

良いこともある。









​​​






最終更新日  2018.06.20 19:49:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.08
カテゴリ:移住
スイスに引っ越して1週間が経ちました。
引っ越したらブログをはじめようと思っていたので開設できて嬉しいです。

スイスには今まで6回ほど引っ越すまでに来てますが、いつも帰りたくないと思っていたのに
引っ越した途端日本が恋しくてたまりません。(笑)

日本のお菓子、スーパー、便利さ、レストラン、電車すべてが便利で快適な日本。。

でも最初だから辛いんだと言い聞かせて乗り越えてます(;_;)



スイスは日本から9000km程離れた国で人口も少なくとても小さな国です。一方で製薬会社や香料など世界トップクラスの会社が沢山あります。
自然が豊かで食べ物もおいしくて素敵な国です^^(でも日本に帰りたい)






最終更新日  2018.07.21 22:44:16
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.