014291 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

絶句 エスバイエルで新築入居1ヶ月で雨漏り

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


keishi545

Freepage List

May 7, 2006
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2006/5/7信じられない事が起こりました。お昼を外食して3時ごろに帰宅したところ、娘6歳が叫びました。「パパ、電気のところから水が出てお部屋が濡れてるよ!」はっ?何言ってるんだこの娘は?などと思ったのも束の間、目が飛び出しました。和室の部屋の電気をつけるひもから、水がしたたり落ち、和室の机の上、座布団、畳が濡れている。2月に引渡しを受け、入居1ヶ月の新築で何故.......
速攻で、エスバイエルに電話しました。ゴールデンウイークで責任担当者つかまらなかったが、何とかするとの事であった。
返事待ちの間に、自分で和室上の屋根裏点検口をチェックした。見事に雨漏りしているところを発見。しかし原因はわからず。
最初の連絡から約2時間後、ここの工事を請け負ったエスバイエル下請け会社「真弓建設」の担当者が来た。かなり年配のおっさんだ。「○○さん、雨漏りしてるところわかりました。見てください。」私がそう言い、屋根裏点検口をみせたところ、「ひどいなあ」とこの担当者はつぶやいた。
っていうか、お前が工事したんやろ!!!怒りを私は抑えながら、再び見るとやはりポタポタすごい雨漏りがしていた。ここまで、このおっさんは来た時に私に一言「すいません」と言っただけでなんら謝罪の言葉も態度もありません。他人事モードです。
そして、このおっさんが、ベランダ横の雨漏り箇所を発見応急処置してまた直しに明日来ますといって帰ろうとしたところで私が聞きました。「和室の電気つたって雨漏りしてたんですけど漏電とかしませんか?点けても大丈夫ですか?」おっさんはにやにやしながら答えた。「漏電するなら、とっくに漏電してますよ。乾いたら点けても大丈夫です。」このおっさんは気が狂っているのか?嫁と顔をあわせ、堪忍袋の緒が切れました。
そして、帰ろうとするおっさんに玄関で夫婦で切れました。
再び和室の天井を見上げると既にクロスが浮きはじめていました。
これが雨漏り発見第一日目でした。






Last updated  May 10, 2006 06:28:34 PM
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

こんにちは。@ こんにちは はじめまして。 私の家もSXLで 6000万かけ…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.