3440136 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu164@ Re[1]:ライト購入(05/06) 銀線名人ぬかしんぼさんへ MD16用なら沢山…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re:ライト購入(05/06) 中々高くつきますねえ?
turu164@ Re:難解なエキパイの取り外し(04/25) マフラーカバーはヤフオクでもなかなか出…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re:難解なエキパイの取り外し(04/25) 流石ですねえ? 私なら頭にきて壊してし…
turu164@ Re[1]:四万十ツーリング(04/20) グリフイスさんへ こちらこそお久し振りで…
2012.02.19
XML
カテゴリ:SUZUKI GAG
今日はいよいよキックを踏むぞ。その前にフューエルストレーナを付けなければ。簡単な網のストレーナはガソリンタンク内にあったのだが、予備の方だけについていた。そこで原付には似合わないようなストレーナを買ってしまった。コックからキャブに行くホースの中間に付けた。コックをゴミが通過するかどうか分からないが、まっ、いっかーてなもんである。ガソリンタンクはまだつけるわけにいかないので、適当なポリタンクにガソリンを入れてホースをつなぐ。(写真1)キャブのチャンバー室のビスを緩めると、ストレーナにガソリンが通り、チャンバー室下からポタポタ。(写真2)これでガソリンが来た。新しいプラグに替えてもう一度火が飛ぶか確認し、キックを踏む、圧縮もそこそこある。エンジン始動3点セ
トが揃ったところでいよいよスイッチオーーーーン。ニュートラルランプ点灯。キックを、踏む、踏む、踏む。かからない。そりゃーキャブのエアー調整なんぞはエエ加減なんだから、と思いつつ踏む、踏む、踏む。更にチョークを引いて踏む、踏む、踏む、とワオオオーーーン、と突然エンジンがかかった。なかなか元気のいい音がした。慌ててチョークを戻すと、プスプスプスーーー止。チョークを操作しつつ撮ったのがこれである。(写真3)タコメータも生きておった。何回かエンジンは回ったが、当然アクセルに反応はしない。少し暖まったらエンジンオイルやフィルタを交換して、キャブの調整をしなければ。(藤)
P1000120(1).JPG
写真1
P1000122(1).JPG
写真2
P1000118(1).JPG
写真3






Last updated  2012.02.19 07:44:37
コメント(5) | コメントを書く
[SUZUKI GAG] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


第2難関突破   turu164 さん
おめでとうございます。エンジンが掛かったら一安心です。
後はキャブ調整で何とかなるでしょう。それにしてもこのバイク16,000回転まで回るのですか。恐るべしスズキの50。 (2012.02.19 08:01:56)

純正ではない   906tom さん
ご声援ありがとうございますッ。
このタコメータは社外品だと思う。当然16,000回転も回したらエンジンはパーだろう。緒元には、最高出力5.2PSを発揮するのは7,000回転、とあった。せいぜい8,000回転までだろう。いまのところ変な音は出ていないので、大丈夫、かな? (2012.02.19 08:49:57)

Re:gag修理43(02/19)   グリフイス さん
やりましたね。おめでとうございます。私もmg に買ったストレーナーをとりあえず付けてやりました。ところで、オークションで買ったキャブが、何度OH しても、チョークを引いてキックを踏むとエンジンが掛かるけど、チョークを戻すとエンジンは死ぬ。アクセルに反応しないのです。どうしてかしら?何処かからエアーをすってるのかな。これは、r&pのキャブなんだけど。経過を詳しく教えてくださいね。 (2012.02.19 09:58:23)

キャブ調整   turu164 さん
グリフイスさん
チョークを引いたままエンジンを掛けて、チョークを少し戻しながら、アイドルスクリューを調整してエンジン回転を少し上げ気味にしてみては如何でしょう。
それでも止まる場合はエアースクリューをいじってみては。
(2012.02.19 13:34:22)

複雑です   906tom さん
キャブレターは小さい排気量でも複雑です。ガソリンやエアーの通路は完全に通っていないと調整もできません。この通路が曲がっていたりして細い針金も通らないときがあります。基本はケミカルでの清掃です。針金は本体を傷つけることがあるので基本的に使わない方がいい。
内部パーツが手に入るのであれば0リングやフロートバルブ、パッキンなどは新品にしたほうがいい。キャブとマニホールドの間でエアを吸っているとアイドリングは安定しないでしょう。
gagのキャブは完全に復活しました。経過は間もなくUPします。 (2012.02.19 17:39:36)


© Rakuten Group, Inc.