3068481 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu164@ Re[1]:リアフェンダーの修復(09/29) 銀線名人ぬかしんぼさんへ 考え付く事を試…
turu164@ Re[1]:タクトAB07 の始動準備(09/16) 906tomさんへ PCは10年も使っていたら、最…
906tom@ Re:タクトAB07 の始動準備(09/16) リチウムイオン電池は、完全放電させるな…
turu164@ Re[1]:タクトAB07 の始動準備(09/16) 906tomさんへ まだ、たったの5年半です。…
2012.06.06
XML
カテゴリ:YAMAHA TY50
TY50のリアサスのメッキが錆びてどうにもならない。分解して、再塗装を行うしかないだろう。50ccのサスなので腕力でスプリングを縮めれば、取り付けナットを緩める事が出来るだろうと思ってやってみたが、無理。バネの力が強くて縮まない。仕方がないので、スプリングコンプレッサーを作る事にした。
とは言え、このサスはスプリングとダンパーの隙間が狭くフックでスプリングを引っ掛ける事が出来ない。しかも、スプリングとダンパーの間にプラスチックの筒状の保護カバーが付いているので、ダンパーとの隙間は殆ど無い。
この僅かな隙間に通せる物はワイヤーケーブルくらいだ。早速、ホームセンターで、ワイヤー1mとターンバックル2ヶを買ってきた。ワイヤーを適当な長さに切って、スプリング2箇所に通し、圧着スリーブで留めて輪を作る、作った輪にターンバックルのフックを掛けて、片方はサスの取り付け穴に通した古いラチェットハンドルに掛ける。ターンバックルを均等に締めて行くとスプリングは縮んだ。中にあるナットを17ミリのスパナで緩めると分解できた。
P1100261.JPG
自作スプリングコンプレッサーでスプリングを縮めたところ。左側にナットが顔を出している。
P1100263.JPG
分解したサスのパーツ。それにしても錆が酷い。






Last updated  2012.06.06 08:16:18
コメント(3) | コメントを書く
[YAMAHA TY50] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.