3148603 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu164@ Re[1]:大山一周紅葉ツーリングの筈が…(11/06) グリフイスさんへ 道後山の別荘も冬じまい…
グリフイス@ Re:大山一周紅葉ツーリングの筈が…(11/06) 私も、その日から道後山,大山方面に行っ…
turu164@ Re[1]:大山一周紅葉ツーリングの筈が…(11/06) 906tomさんへ 剣道でもV7なら軽いので大丈…
906tom@ Re:大山一周紅葉ツーリングの筈が…(11/06) 光景が目に浮かぶレポート、楽しく読みま…
turu164@ Re[1]:大山一周紅葉ツーリングの筈が…(11/06) kiki ☆さんへ コメント有り難うございます…
2012.06.06
XML
カテゴリ:YAMAHA TY50
TY50のリアサスのメッキが錆びてどうにもならない。分解して、再塗装を行うしかないだろう。50ccのサスなので腕力でスプリングを縮めれば、取り付けナットを緩める事が出来るだろうと思ってやってみたが、無理。バネの力が強くて縮まない。仕方がないので、スプリングコンプレッサーを作る事にした。
とは言え、このサスはスプリングとダンパーの隙間が狭くフックでスプリングを引っ掛ける事が出来ない。しかも、スプリングとダンパーの間にプラスチックの筒状の保護カバーが付いているので、ダンパーとの隙間は殆ど無い。
この僅かな隙間に通せる物はワイヤーケーブルくらいだ。早速、ホームセンターで、ワイヤー1mとターンバックル2ヶを買ってきた。ワイヤーを適当な長さに切って、スプリング2箇所に通し、圧着スリーブで留めて輪を作る、作った輪にターンバックルのフックを掛けて、片方はサスの取り付け穴に通した古いラチェットハンドルに掛ける。ターンバックルを均等に締めて行くとスプリングは縮んだ。中にあるナットを17ミリのスパナで緩めると分解できた。
P1100261.JPG
自作スプリングコンプレッサーでスプリングを縮めたところ。左側にナットが顔を出している。
P1100263.JPG
分解したサスのパーツ。それにしても錆が酷い。






Last updated  2012.06.06 08:16:18
コメント(3) | コメントを書く
[YAMAHA TY50] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


特殊工具   906tom さん
ここはスプリングコンプレッサーなる特殊工具の必要なところである。スプリングを縮めたときに外れるとエライ事になる場面。ワイヤをかしめているようでこれなら外れないし、これくらいの太さなら切れないだろう。
太さんのアイデアいっぱいの格安特殊工具製作記也。 (2012.06.06 15:29:33)

Re:スプリングコンプレッサー自作(06/06)   グリフイス さん
ちょっと一寸怖いですけど。
ショックの頭の穴を固定したフックにかけるようにするともっと安全性が増すのでは?
(2012.06.06 21:20:25)

Re:特殊工具(06/06)   turu164 さん
906tomさん
このワイヤーはサスを分解したら、スプリングから外して、組み立てる時に、再びスプリングに付ければよいが、組み上がったら切断して除去するしかない。
2本目のスプリングを外すときも、また作らなければならないのが面倒です。 (2012.06.07 08:09:54)


© Rakuten Group, Inc.