3073185 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu164@ Re[1]:見近島でぼっちキャンプツーリング(10/06) New! 銀線名人ぬかしんぼさんへ トモス格好良い…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re:見近島でぼっちキャンプツーリング(10/06) 理想的な旅方法ですね!! 私もTOMOSと自…
turu164@ Re[1]:リアフェンダーの修復(09/29) 銀線名人ぬかしんぼさんへ 考え付く事を試…
turu164@ Re[1]:タクトAB07 の始動準備(09/16) 906tomさんへ PCは10年も使っていたら、最…
2016.02.10
XML
カテゴリ:メンテナンス
友人がエンジンがかからない、と持って来た刈払機。見るとkawasaki製、あのkawasaki、川崎重工業製だ。(写真1)こんなエンジンまで作っているのか。動かない原因はどうせキャブレターだ、とキャブを見るとワルボロではない!キャブにちゃんとピストンがある。(写真2)パーツが入るだろうか、といろいろ探すがどうも入るルートがわからない。しかたないので全バラにしないで状態を確認する。キャブ内部は案外きれいだった。
そこでばらすのをやめて他を点検してみる。まずプラグを外しスターターのひもを引っ張ると火花は飛んでいた。ガソリンタンク内は、と見ると、なんとストレーナがこの有様。(写真3)これではガソリンを吸わない。手持ちの新品ストレーナーが使えるかと比べてみると、このkawasakiのはガソリンパイプが細すぎて手持ちと合わない。そこでストレーナーを清掃してみた。(写真4)これなら大丈夫だろうと組み立てる。ワルボロキャブには存在するガソリンの戻りホースが無いのが気になりつつプライミングポンプをパカパカすると途中から重くなった。
チョークを操作し、何度かスターターを引っ張るとエンジンがかかり調子も悪くない。いじり回していて気がついた。キャブの下にあるレバーが何かわからなかったのだが、これを押し下げて(写真5の真ん中、スプリングを縮める方向)プライミングするとガソリンがピュッと外に飛ぶ。キャブ内部のガソリン圧を逃がしていたのだ。操作もわかったのだが、わからない部品が一つ。(写真6)この真ん中の「49」と印字された四角い金属部品は何だろう?コードが1本だけ接続されている。丸に国のロゴは「国産電機」というメーカーと思うのだが。(藤)
P1140903(1).JPG
写真1
P1140906(1).JPG
写真2
P1140921(1).JPG
写真3
P1140922(1).JPG
写真4
P1140909(1).JPG
写真5
P1140919(1).JPG
写真6






Last updated  2016.02.10 09:01:38
コメント(2) | コメントを書く
[メンテナンス] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:kawasaki刈払機(02/10)   turu164 さん
またまたレアーなエンジンですな。KAWASAKIだからやっぱりやかましいのでしょうか。
49のパーツは電気コードが付いているので、電子燃調装置だろうか。そんなわけないか....。 (2016.02.10 09:17:03)

Re[1]:kawasaki刈払機(02/10)   906tom さん
turu164さん
あのモンスターエンジンを作っているメーカーとは思えない極小エンジン。どうせ外注だと思うが。
今回は特に大きく手を入れることなく復活した。49パーツは何らかの電子部品、点火系の何かだろうなぁ。 (2016.02.11 08:16:21)


© Rakuten Group, Inc.