3588172 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu142@ Re[1]:キャブの組み立て(07/19) 906tomさんへ 今、やっとキャブが付いた所…
906tom@ Re:キャブの組み立て(07/19) しばらく訪問していなかったらエライこと…
906tom@ Re[1]:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 長谷川真さんへ こんにちは。コメントあり…
長谷川真@ Re:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 初めましてこんにちは。 以前所有していた…
meguronet@ Re[1]:ムーンタイガー(03/18) ggkingさんへ ヨシカワオートクリニックさ…
2022.05.23
XML
カテゴリ:HONDA XLR250R

XLR250Rのチョークは回収前にバイク屋でエンジンを掛けた時からぐらついていたので、何か変だとは思っていたのだが、ライトカウルを取り付ける時にステーから外して確認してみたら、ネジの首の部分が破断してしており、プラのナットも無くなっていたので、修理出来るかどうか確認するために取り外してみる事にした。
チョークワイヤを外すには、先ず両側のサイドカウルを外して、次にシートだが、このバイクは右にあるマフラーのステーをシート取り付けボルトで共締めするようになっているので、分かりにくい。次に燃料パイプを外し、タンクのボルト2本を抜いてタンクを外す。タンクを外したらプラのナットが出て来た。オマエはここにいたのか!ネジから抜けてここまで落ちてきていたので、ナットは確保。プラのネジ首を直せば何とかなりそうである。
キャブ側のワイヤを外しにかかるが丁度フレームが邪魔になってやりにくい。ドライバーの先でスプリングを押し戻しながらやっと外す事が出来た。破断したプラの首に接着剤を塗って一日放置。翌日、満を持してナットを締めてみると、アッサリと破断。どうも材質がプラではなく、PPのように柔らかいので、接着は無理のようである。このチョークもこのバイクの持病らしい。仕方がないので、1,920円でHONDA純正を購入した。キャブへの取り付けに手間取ったが、取り付け完了。引っ張ってみると適度の感触でスムーズである。

ネジから抜けてタンクの下辺りまで落ちて来ていたプラのナット

HONDA純正のチョークワイヤ

新旧のチョークワイヤ

取付が完了したチョーク







Last updated  2022.05.23 07:03:02
コメント(0) | コメントを書く
[HONDA XLR250R] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.