3590153 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu142@ Re[1]:キャブの組み立て(07/19) 906tomさんへ 今、やっとキャブが付いた所…
906tom@ Re:キャブの組み立て(07/19) しばらく訪問していなかったらエライこと…
906tom@ Re[1]:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 長谷川真さんへ こんにちは。コメントあり…
長谷川真@ Re:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 初めましてこんにちは。 以前所有していた…
meguronet@ Re[1]:ムーンタイガー(03/18) ggkingさんへ ヨシカワオートクリニックさ…
2022.05.25
XML
カテゴリ:HONDA XLR250R

XLR250Rのフロントフェンダーはリアフェンダーやカウル類に比べて何故か極端に劣化が進んでいた。表面は風化が始まっており、触るとザラザラしている。余りにも見窄らしいので、外して塗装する事にした。
外してみると、取り付け穴が6箇所もある。よく見てみると2箇所は追加で開けた形跡があるので、どうやら社外品を取り付けているようだ。裏を見てみるとMAIDIN ITALYの型抜きが見えた。フェンダーの先に貼ってあるUFOのデカールは伊達ではなかったようである。フロントフェンダーが何らかの理由で破損したので、UFOの中古フェンダーを取り付けたと言ったところだろう。
外したフェンダーはPP製のようだが、表面は柔軟性が無くなっており、カリカリしているので、サンドペーパーで劣化した層を削り落とすと白い粉が大量に出て来た。あまり削り過ぎると強度が落ちるかも知れないので、柔軟層が見えるまでは行わず、ほどほどにして表面が平らになった所でストップ。本来であれば相手がPPならミッチャクロンを吹いてからの塗装となるが、表面が新品のようなツルツルではなく、足付けをした状態になっているので、そのまま白色のアクリルスプレーを吹いた。このフェンダーは中央に入るラインが黒色に塗ってあったが、この車体では黒はアンバランスになるので、車体に合わそうとすると赤色か青色かどちらかとなるであろう。
フロントフォークブーツとライトカウルのデカールを赤色にしたので、ここも赤色だとくどいように思えたので、青色を吹く事にしたのだが、青色のスプレーは手持ちが無い。少量で良いので、100均で小さな青色スプレー缶を買って来て試し吹きしてみたら、青色ではなく水色だったので、下地に赤色を吹いてその上から薄く水色を吹いたら深みのある青色にならないものかと思いやってみたら、何も変わらない水色になった。下地は透けないのね。撃沈。
仕方がないので、ホームセンターから青色を買い直して来て色を乗せた。サイドカウルの青色と少し違うが、水色より断然良いのでこれで行く事にした。乾燥後クリアーを吹いて完了である。

車体から外したUFOのフロントフェンダー

白色塗装後、色を乗せる部分にマークしたフェンダー

塗装が完了して車体に取り付けたフロントフェンダー







Last updated  2022.05.25 06:56:24
コメント(0) | コメントを書く
[HONDA XLR250R] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.