3576496 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu142@ Re[1]:キャブの組み立て(07/19) 906tomさんへ 今、やっとキャブが付いた所…
906tom@ Re:キャブの組み立て(07/19) しばらく訪問していなかったらエライこと…
906tom@ Re[1]:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 長谷川真さんへ こんにちは。コメントあり…
長谷川真@ Re:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 初めましてこんにちは。 以前所有していた…
meguronet@ Re[1]:ムーンタイガー(03/18) ggkingさんへ ヨシカワオートクリニックさ…
2022.07.01
XML
カテゴリ:HONDA タクト/AB07

ビニールテープでグルグル巻きにされていた左のリアブレーキレバーを取り外してビニールテープを剥いでみたら、折れたレバーを塩ビ管で繋ぎ、木片のクサビが打ってあった。アルミの接着は難しいので、苦肉の策の修繕だろう。スマートではないが、これでも立派に機能している事については敬意を表する。
しかし、これは何とかしたいが、HONDAの純正品番が分からないので、注文出来ない。YAMAHAやKAWASAKIではHPでパーツリストを公開しているが、HONDAは頑なに公開を拒んでいたのだが、最近になってようやくHPでの公開を始めた。まだ、新しい車種が殆どであるが、オーナーズマニュアルは旧車まで公開されている。当然、昭和55年式のタクトはオーナーズマニュアルのみの公開となっている。
レバーを1本買うだけでパーツリストを買うのも勿体ないので、ヤフオクを探してみたら、ハンドルスイッチと配線、レバー付きの中古が1,100円で出品されていたので、即入札。送料が1,000円と少し高いが仕方が無い。届いたレバーはアルミサビはあるものの、曲がりも傷もなかった。早速、取り外して取り付けた。ついでに、レバーホルダーも外して、サンドブラストでサビ取りを行いシルバー塗装の上、交換しておいた。レバーは目立つ箇所なので、交換するとスッキリする。

塩ビパイプの中で折損していたレバー

中古で購入したレバー付き左ハンドルスイッチと配線

レバーを取り替えたハンドル回り







Last updated  2022.07.01 07:05:08
コメント(0) | コメントを書く
[HONDA タクト/AB07] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.