3586199 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Recent Posts

Comments

turu142@ Re[1]:キャブの組み立て(07/19) 906tomさんへ 今、やっとキャブが付いた所…
906tom@ Re:キャブの組み立て(07/19) しばらく訪問していなかったらエライこと…
906tom@ Re[1]:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 長谷川真さんへ こんにちは。コメントあり…
長谷川真@ Re:BMWのフロントフォーク修理(5)(04/13) 初めましてこんにちは。 以前所有していた…
meguronet@ Re[1]:ムーンタイガー(03/18) ggkingさんへ ヨシカワオートクリニックさ…
2022.07.03
XML
カテゴリ:HONDA タクト/AB07

ハンドル回りのカバーを取り付ける前に、表示器関係の点検をしてみるべく、エンジンを掛けてみた。左ブレーキはOKだが、右ブレーキが点灯しない。続いて左後のウインカーが点灯しない事が分かった。
ブレーキレバーを握るとスイッチの凸が飛び出し、点灯する仕組みのスイッチは分解しないとテスターで導通を調べる事が出来ないが、プラで覆われているので、分解は出来ない。ギボシはしっかりと接続されていたので、スイッチの不良が最も濃厚である。こういった修理はスイッチ配線のアッセン交換が普通なのだろう。先日、ヤフオクで買ったレバー付きハンドルスイッチには配線も付いていたのを思い出し、確認してみるとブレーキスイッチ配線もしっかりと付属していた。早速、取り外して交換。エンジンを掛けてブレーキレバーを握ってみると見事点灯。やはりスイッチの故障であった。
次は左後のウインカーである。左右両方のレンズを外して、左右のバルブを入れ替えてエンジンを掛ける。スイッチを入れるとやはり左だけ点かないので、バルブ切れではないようだ。テールを分解してギボシの結線を確認するも異常は見当たらない。テスターで導通を確認すると、プラスは正常だがアースに導通がないようだ。念のためにエンジンを掛けて、電圧を測ったら左右共4.2Vほど出ていたので電気は来ている事が確認できた。やはりアースの不良が濃厚である。アース線を外して導通を確認すると導通があったので、断線ではない。ソケットは変形や錆も無く綺麗なので問題無い。となると、アース線とウインカー本体を共用する取り付けボルトが怪しい。外したボルトは首の部分が真っ赤に錆びていたので、ワイヤブラシで磨いて装着。テストしてみたが点灯しないので再び外して、今度はドリルに真鍮ブラシを取り付けて磨いたが、今度も点灯しない。諦めてホームセンターに走り、M4/20ミリのビス1本を7円で買って来て、取り付けたら見事点灯。やはり点灯不良はアースボルトのサビが原因だったようだ。これで表示器関係は全て正常になったので、ハンドル回りのカバーの取り付けに掛かる事が出来る。

取り外したブレーキスイッチ配線

ハンドルブラケット嵌まるスイッチ部分

スイッチ配線交換により点灯したストップランプ

アース兼用の取り付けボルトを交換して点灯した左後のウインカー







Last updated  2022.07.03 08:24:54
コメント(0) | コメントを書く
[HONDA タクト/AB07] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.