032594 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

キャンプとアマチュア無線移動運用

PR

X

プロフィール


シルフィードVGG

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

シルフィードVGG@ Re[1]:南米まで電波が飛んだアンテナです。(03/06) mini_robaさんへ ありがとうございます。…
mini_roba@ Re:南米まで電波が飛んだアンテナです。(03/06) おはようございます。 南米ゲットおめで…
シルフィードVGG@ Re[1]:八重洲から発売になったFTDX10M(12/25) mini_robaさんへ コメントありがとうござ…
mini_roba@ Re:八重洲から発売になったFTDX10M(12/25) こんにちは 移動運用ご苦労様です。 私も…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.03.06
XML
カテゴリ:アマチュア無線
昨日、南米のアルゼンチンと交信する事が出来ました。帰宅したのが18時過ぎ、日本は日没後でこれからDXQSOをやろうとしていた時です。

7MHzCWの低い周波数から段々上がって行くやり方。で、7MHzの下の方に強い信号があったから聞いてみるとLUの局でした。南米でアルゼンチンでした。

前回交信出来なかったのでもう一度チャレンジしました。しかし、いろんな強烈が呼んでるからなかなか難しい。他の局が呼ばなくなった時にサフィツクスを呼んできた。

チャンス到来と思いコールしました。結果見事に交信成立しました。到達距離1万8千キロ。電波って凄いんですね。







最終更新日  2021.03.06 07:25:17
コメント(2) | コメントを書く
[アマチュア無線] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:南米まで電波が飛んだアンテナです。(03/06)   mini_roba さん
おはようございます。

南米ゲットおめでとうございます。
私も初めて自分の電波が電離層と地表を何度も々往復して地球の裏側に達した時は感激したことを思い出します。
(2021.03.06 08:43:03)

Re[1]:南米まで電波が飛んだアンテナです。(03/06)   シルフィードVGG さん
mini_robaさんへ

ありがとうございます。何度もコールした事が幸いし、見事に交信できました。やっぱり感動します。
(2021.03.08 21:00:10)


© Rakuten Group, Inc.