039868 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

キャンプとアマチュア無線移動運用

PR

プロフィール


シルフィードVGG

カレンダー

バックナンバー

2022.01
2021.12
2021.11

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

シルフィードVGG@ Re[1]:南米まで電波が飛んだアンテナです。(03/06) mini_robaさんへ ありがとうございます。…
mini_roba@ Re:南米まで電波が飛んだアンテナです。(03/06) おはようございます。 南米ゲットおめで…
シルフィードVGG@ Re[1]:八重洲から発売になったFTDX10M(12/25) mini_robaさんへ コメントありがとうござ…
mini_roba@ Re:八重洲から発売になったFTDX10M(12/25) こんにちは 移動運用ご苦労様です。 私も…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.05.15
XML
カテゴリ:アマチュア無線
先日購入したCHV-5α、使用する時には必ずマッティングを調整します。調整は、アンテナの種類が変わっても必ずやる事なので、常に管理しておきたいです。

CHV-5αは、調整のやり方はとても簡単で、各周波数のエレメントの長さを変えるだです。希望している周波数に合わせるには、エレメントの長さをどうすればよいのか事前に確認します。

調整作業をやらないと、電波が飛ばないだけでなく、大きくマッティングが狂っていると無線機を壊す原因になります。

当局の場合、CW運用のみなので、バンドプランを確認してCWの運用範囲に合わせてあります。ここで選択肢が分かれるバンドがあります。

DXを狙うのか、国内を狙いうのか・・・周波数によってはどちらかになります。

国内の交信が盛んなバンドでは国内向けにした方が良いですし、DXも狙えるようならDX向けに調整する必要もありますね・・・。

7MHZの場合は、国内が殆どなので問題ありません。14MHZと21MHZはちょっと考えております。

当局が使う環境では、CHV-5αのSWRは全ての周波数で1.5以下に調整出来たので、問題なく運用出来ますから、移動運用やキャンプで楽しみます。











最終更新日  2021.05.15 07:05:46
コメント(0) | コメントを書く
[アマチュア無線] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.