036066 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

キャンプとアマチュア無線移動運用

PR

X

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

アマチュア無線

2021.07.31
XML
カテゴリ:アマチュア無線
アパマンハムに人気のあるアンテナがUHV-9ですね。

モービルホイップで多バンドに使えるのがメリットです。モービルに付けて使用しますけど、そのまま走行するのはオススメしません。停車状態で使用する前提で作られてる感じです。

調整はそれ程大変ではありません。

このアンテナはベランダにも設置可能なので、カウンターポイズを使って設置している方も多いです。

今大人気のFT8も可能ですから素晴らしい。








最終更新日  2021.07.31 07:49:04
コメント(0) | コメントを書く


2021.07.12
カテゴリ:アマチュア無線
移動運用で毎回考えるのがアンテナです。

ワイヤーアンテナにするか短縮ダイポールにするかなんですが、ワイヤーアンテナはバンドの切り替えで時間掛かるのがデメリットです。

しかも張る場所も結構広くないとならない。なので、やつコンパクトなCHV-5αですね。最近このアンテナを使う事が多い。

バンド切り替えも周波数を変更するだけなので良いですね。







最終更新日  2021.07.12 07:32:20
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.22
カテゴリ:アマチュア無線
コメットCHV-5αを使って移動運用してます。今回もキャンプ場で使いました。前回と違うのは地上高です。前回は車の屋根から1メートル位の所にバランかありましたが、今回は収縮ポールを使いました。

車の屋根から4メートル位の所にバランがある状態になりました。マッチングは前回と同様です。今回は14MHzと18MHzをメインに運用しました。コンディションにも恵まれ、この日は40局程交信しました。


キャンプ場での運用で区画サイトなので、ワイヤーアンテナは控えました。しかし、コンパクトなCHV-5αで区画内で収まっていました。このアンテナでこれだけ交信出来るなら申し分ないと思います。

この次は水平で試そうと考えてます。







最終更新日  2021.06.22 07:51:10
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.03
カテゴリ:アマチュア無線
先日キャンプに行きました。勿論アマチュア無線の移動運用も兼ねてのキャンプなので、じっくり交信しました。

昼間は10MHz中心で、14MHzや7MHzを楽しんだんですが、夜の交信はDXを楽しもうとしました。7MHzでDXCWをやったあと、14MHzで何局が交信した後で、FT8を試しました。

暫くすると、画面にAFの文字。


アフリカ!

駄目で元々でしたが、コールしました。結果応答あり!

CHV-5αでアフリカ大陸と交信出来たのはかなりの驚きです。

FT8ってかなり飛ぶんですね。











最終更新日  2021.06.03 07:32:10
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.31
カテゴリ:アマチュア無線
アマチュア無線の移動運用はアンテナに悩む。短縮アンテナも良いけど、外で運用するならフルサイズでやりたい。しかし、フルサイズは市販されてないので自作です。

移動運用でも、それほど広い敷地でやれる訳でもない場合はやっぱり短縮アンテナです。


私は移動運用でもV型ダイポールアンテナを使いたいので、コメットのCHV-5αを選びました。このアンテナ、使用出来る帯域は凄く狭いのが難点ではありますが、そこさえクリアーすれば意外と使えるアンテナです。


調整は凄くシビアではありますが、ちゃんと理解して使用すると良いアンテナです。DXとも交信しました。

14MHzと18MHzでも使えるのが良いですね。







最終更新日  2021.05.31 07:35:58
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.15
カテゴリ:アマチュア無線
先日購入したCHV-5α、使用する時には必ずマッティングを調整します。調整は、アンテナの種類が変わっても必ずやる事なので、常に管理しておきたいです。

CHV-5αは、調整のやり方はとても簡単で、各周波数のエレメントの長さを変えるだです。希望している周波数に合わせるには、エレメントの長さをどうすればよいのか事前に確認します。

調整作業をやらないと、電波が飛ばないだけでなく、大きくマッティングが狂っていると無線機を壊す原因になります。

当局の場合、CW運用のみなので、バンドプランを確認してCWの運用範囲に合わせてあります。ここで選択肢が分かれるバンドがあります。

DXを狙うのか、国内を狙いうのか・・・周波数によってはどちらかになります。

国内の交信が盛んなバンドでは国内向けにした方が良いですし、DXも狙えるようならDX向けに調整する必要もありますね・・・。

7MHZの場合は、国内が殆どなので問題ありません。14MHZと21MHZはちょっと考えております。

当局が使う環境では、CHV-5αのSWRは全ての周波数で1.5以下に調整出来たので、問題なく運用出来ますから、移動運用やキャンプで楽しみます。











最終更新日  2021.05.15 07:05:46
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.12
カテゴリ:アマチュア無線
先日購入したコメットのCHV-5α。

移動運用で使用していますけど、飛びは良い方ですね。移動運用なので、出力は50W迄ですけど、CW運用なのでそこまで出してません。

それでも昼間の国内は十分出来ます。

最近のコンディションは上がり始めた感じはありますが、まだまだですね。それでも7MHzと21MHzでDXとの交信が出来ました。

また、50MHzでも1500キロ届きました。

これからの季節、CHV-5αが楽しみです。










最終更新日  2021.05.12 07:33:03
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.10
カテゴリ:アマチュア無線
アマチュア無線を楽しむ為には、無線設備を整える事です。無線設備がしっかりしていなければ、楽しむことは出来ません。重要なのは、アンテナが動作するかです。


良い無線機を使っても、アンテナの整合がとれてなければ交信どころか電波を出すことが出来ません。

アンテナの調整や、状態を把握する為には、測定器が必要ですが、電波の強さによっても常設していなければなりません。


電波を出す為に、常に状態は把握しておきましょう。









最終更新日  2021.05.10 10:15:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.07
カテゴリ:アマチュア無線
コメントのCHV-5αを使って試しに運用してます。場所は河川敷とかキャンプ場です。

キャンプ場はまだ行けてませんけど、河川敷では運用出来ました。周囲に何もないので、建物の影響を受ける事なく運用出来ると思いますが、車の影響は受ける可能性はあります。

アンテナを設置して、試しにアナライザーで測定しましたが、運用可能なすべてのバンドでマッチングは良好です。

あとはコンディション次第ではないでしょうか。便利なのは、モノバンドに比べて使い勝手が良いことですね。QSYもそのままできますから、アンテナのバンドチェンジをしなくて済む。

この日、14MHzではDXとのCW交信も出来ました。このサイズのアンテナでは良い物ですね。

次回は運用編を掲載します。











最終更新日  2021.05.07 07:35:47
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.06
カテゴリ:アマチュア無線
連休中にアマチュア無線のコンテストがありまして、参加しました。当局は静岡県内に住んでますから県内局で参加しました。

事前にメモリーキーヤーを製作したので、予め送信する定型文を記憶させました。

1  CQ  TEST

2  599コンテストナンバー

等を入力しまして、コンテスト開始。始めは14MHzからでした。今回のコンテストは時間によってバンドが決まっているので、時間を確認してのコンテスト運用です。

14時から7MHzでしたが、やっぱりコンテストになるとパイルアップになります。かなり楽しめたコンテストで、メモリーキーヤーが大活躍しました。

長時間の運用は手が疲れますが、キーヤーのお蔭で疲れる事なく終了です。かなり楽しめたので次回も参加します。







最終更新日  2021.05.06 07:33:11
コメント(0) | コメントを書く

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.