1824866 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「計量計測データバンク」とその情報

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1126)

東日本大震災から4年7カ月 三陸沿岸の現在

(45)

計量と計測を考察する「計量エッセー」

(101)

日本計量新報論説と解説(電子判)

(77)

「今日の計量計測情報ニュース」

(773)

計量計測情報はこちらで

(632)

計量器売れ筋商品

(108)

紀州犬物語

(90)

「web情報報総合サイト」は生活サイト

(10)

計量器

(39)

「日本列島ぶらり旅」甲斐鐵太郎(旅行家)

(1141)

自然・ネイチャーのおはなし(横田俊英)

(733)

エッセー

(1001)

写真 デジカメ 銀塩カメラ レンズ

(728)

「計量計測データバンク」運営責任者からのお知らせ

(296)

紀州犬物語オス犬「テツ市」の成長記録

(31)

紀州犬物語(紀州犬はいい犬です)

(127)

情報・インターネット

(121)

犬の飼育の仕方と悩みごと相談室

(64)

柴犬の子犬譲ります

(339)

三菱パジェロ物語(E-V45W)ほか自動車

(7)

新事業および改善課題

(23)

「豆柴」風の柴犬譲ります

(93)

新 野鳥歳時記 (執筆 横田俊英)

(46)

紀州犬の子犬譲ります

(1019)

旅行(旅と自然の日記)

(525)

柴犬物語(執筆 横田俊英)

(84)

紀州犬と柴犬

(333)

紀州犬の成犬の里親探しです。

(117)

有色紀州犬は素晴らしい 子犬情報

(215)

有色紀州犬 子犬出産情報

(215)

紀州犬 子犬 出産情報

(629)

紀州犬・四国犬里親探し情報

(189)

柴犬里親探し

(126)

旅するバイク カワサキW650(甲斐鐵太郎)

(3)

計量が大好き人間のおすすめ商品

(8)

測ること、計量のこと、その雑感とエッセー

(36)

自動車とオートバイと自転車など

(17)

高尾山麓自転車博物館(高尾山麓にある自転車博物館)

(45)

高尾山麓にある自転車博物館による自転車と部品の記録と記憶(販売はしません)

(30)

私の履歴書「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」鍋島綾雄

(15)

本日の気になるニュース

(105)

自転車情報

(36)

甲斐鐵太郎の上高地讃歌

(18)

伸子のブログ 旅行と写真ほか

(4)

音楽とオーディオ

(3)

安西正一(計量士)私の履歴書(計量計測データバンク)

(2)

バックナンバー

プロフィール


shunei-yokota

フリーページ

2017年07月01日
XML
私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」 鍋島綾雄(9) 出張で11年間毎月東京へ  目次

 1948(昭和23)年3月九州のハカリメーカーを巡る出張を命ぜられた。若造だったが名刺は営業課長で旅費は2等車(今のグリーン車)で支給された。勿論2等車には乗らず、3等車に乗って旅費を浮かせた。福岡・長崎・熊本等を廻ったが、変わった所では宮崎の飫肥まで足を伸ばした。飫肥の町に戦後一時「棒ハカリ」を作る会社があった。

 宮崎からバスで南へ海岸線を2時間程かかるのだが、その景色の素晴らしかったことが印象に残っている。どういう名前の会社で、どういう商談をしたのか覚えていない。それ以来60年間飫肥という町に行く機会もないが、テレビ等でこの町の名前が出てくると23才の頃が思い出されて妙に懐かしい。

 1949(昭和24)年になるとドッジ旋風で世の中が一気に不況になり日本秤錘としてものんびりしておられず、注文を取りながら全国を集金して廻るようになった。私は東日本を担当した。これが私の今後の運命を決めることになった。

 テレビは勿論未だ放送されていないときのことなので、東京と地方では今では想像出来ないような格差があった。東京には新しい文化の最先端があり、貧しいけれども人々は活気に満ち溢れていた。映画は勿論、俳優座・文学座・歌舞伎・新派・新国劇と花盛りで、諏訪根自子のヴァイオリンを生で聴いたり、歌舞伎座で六代目菊五郎の演技に感激し新橋演舞場で石井寛と水谷八重子の新派の舞台を見たり、杉村春子と同じ電車に乗り合わせてみたりして、自分も時代の先端を歩いている様な錯覚を抱いたものであった。

 士官学校に入るとき保証人になって頂いた同郷の大先輩松田大佐が奥さんの実家の中原家に住んでおられた。お訪ねしたところ大変歓待してくれ、それから10年余りの間、毎月東京に出るとそこに泊めて貰うことになった。この中原家の次男が茂男さんといって私と同い年だった。中々の美男子で東京農大を卒業して芸能界に飛び込み、当時のテレビの人気番組『事件記者』のレギュラーとして活躍していた。生粋の東京育ちで同年輩でもあり、すぐ仲良くなった。ハンサムな芸能人で将来を嘱望されていたが、惜しいことに早死にをしてしまった。

 又、お得意先の神田の野村製作所にも私と同年輩の昭ちゃんというお嬢さんがいて、俳優座の劇団員として活躍をされていた。チャキチャキの江戸っ子・神田娘で私を捕まえては「鍋島さんとこの社長さんは東京へ来る度違う奥さんを連れてくるよ」と言ってからかわれたものだった。

 俳優座で思い出すのは、1949(昭和24)年~1950(昭和25)年頃、公演の初日直前に当事売り出し中の主演女優が倒れて大騒ぎになり、急遽代役に無名の女優を立てて初日の幕を開け話題になったことがあった。私もその公演を見たが、その代役の幸運を射止めた無名の女優が奈良岡朋子だった。押しも押されもせぬ大女優になった奈良岡朋子の初舞台を見たのも奇縁であったが、この初舞台を見た人の殆どは皆亡くなられて今では殆どいないのではなかろうか。

 一方、野村の昭ちゃんも渋い演技力と綺麗な東京言葉でのし上がり、『渡る世間は鬼ばかり』で大女優として貫禄十分の演技を披露してくれている。

 高松で半月、東京で半月、中原家を拠点に関東一円から東北・北海道まで歩くという生活が1959(昭和34)年まで約11年続いたわけだが、この時期は戦後の混乱から立ち直り、朝鮮動乱の特需景気を経て高度成長の入り口に差し掛かる時期であった。この時期に毎月高松から東京に出ることは極めて珍しいことであり、大変嬉しい役得であった。毎月東京の空気を吸うことで視野を広めることが出来たことと、ハカリ業界に人脈を築くことが出来たのが後に仙台で大変役に立つことになった。

 昭和20年代は戦後復興のため、鉄・石炭・食糧の三つに傾斜生産といって重点が置かれた。

 鉄・石炭の製造現場で必要とされる貨車スケール・コンベアスケール等は大和製衡・久保田鉄工の独壇場だった。大方のハカリメーカーは食糧増産に励む農家向けの棒ハカリ・台ハカリを主力に生産した。そのはかりメーカーの最大の納入先は全国各地の農協だった。

 戦前から昭和
20年代前半まで米俵は斗枡で4斗計って入れた。枡の生産地は岐阜大垣に多かった。1951(昭和26)年頃までは米の収穫時期になると注文の1斗マスを10トン貨車で各地のハカリ屋さんに送ったものだった。それが1俵は60キロと重量になり、だんだん80キロ20貫の棒ハカリや150キロ40貫の台ハカリに代わっていった。

 この他に棒ハカリでは
25キロ6貫・15キロ4貫・7キロ2貫の3種類が圧倒的に多かった。戦後の家庭燃料の主力は木炭だったので、炭焼きが全国各地で盛んに行われた。15キロ4貫の棒ハカリはその炭俵を計るのに飛ぶように売れた。7キロ2貫のはかりは小売用に持ち運びが便利なので、魚屋さんを始めいろいろな店で使われるため、造っても造っても間に合わないという状況だった。
(つづく)






最終更新日  2017年07月01日 13時17分26秒
コメント(0) | コメントを書く
[私の履歴書「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」鍋島綾雄] カテゴリの最新記事

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.