1830138 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「計量計測データバンク」とその情報

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1126)

東日本大震災から4年7カ月 三陸沿岸の現在

(45)

計量と計測を考察する「計量エッセー」

(101)

日本計量新報論説と解説(電子判)

(77)

「今日の計量計測情報ニュース」

(773)

計量計測情報はこちらで

(632)

計量器売れ筋商品

(108)

紀州犬物語

(90)

「web情報報総合サイト」は生活サイト

(10)

計量器

(39)

「日本列島ぶらり旅」甲斐鐵太郎(旅行家)

(1141)

自然・ネイチャーのおはなし(横田俊英)

(733)

エッセー

(1001)

写真 デジカメ 銀塩カメラ レンズ

(728)

「計量計測データバンク」運営責任者からのお知らせ

(296)

紀州犬物語オス犬「テツ市」の成長記録

(31)

紀州犬物語(紀州犬はいい犬です)

(127)

情報・インターネット

(121)

犬の飼育の仕方と悩みごと相談室

(64)

柴犬の子犬譲ります

(339)

三菱パジェロ物語(E-V45W)ほか自動車

(7)

新事業および改善課題

(23)

「豆柴」風の柴犬譲ります

(93)

新 野鳥歳時記 (執筆 横田俊英)

(46)

紀州犬の子犬譲ります

(1019)

旅行(旅と自然の日記)

(525)

柴犬物語(執筆 横田俊英)

(84)

紀州犬と柴犬

(333)

紀州犬の成犬の里親探しです。

(118)

有色紀州犬は素晴らしい 子犬情報

(217)

有色紀州犬 子犬出産情報

(216)

紀州犬 子犬 出産情報

(631)

紀州犬・四国犬里親探し情報

(189)

柴犬里親探し

(126)

旅するバイク カワサキW650(甲斐鐵太郎)

(3)

計量が大好き人間のおすすめ商品

(8)

測ること、計量のこと、その雑感とエッセー

(36)

自動車とオートバイと自転車など

(17)

高尾山麓自転車博物館(高尾山麓にある自転車博物館)

(45)

高尾山麓にある自転車博物館による自転車と部品の記録と記憶(販売はしません)

(30)

私の履歴書「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」鍋島綾雄

(15)

本日の気になるニュース

(105)

自転車情報

(36)

甲斐鐵太郎の上高地讃歌

(18)

伸子のブログ 旅行と写真ほか

(4)

音楽とオーディオ

(3)

安西正一(計量士)私の履歴書(計量計測データバンク)

(2)

バックナンバー

プロフィール


shunei-yokota

フリーページ

2017年07月01日
XML
私の履歴書 「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」 鍋島綾雄(10) 東京の秤屋さん  目次
 東京には守谷・守隨・佐藤という戦前の業界を代表する大老舗があったが、どういうわけか戦後はあまり振るわなかった。多分農家を相手に量産する棒ハカリ・台秤は精密を得意とする職人芸的な老舗には合わなかったのだろうか。訪問しても老舗らしい落ち着きは感じられたが、余り覇気は感ぜられなかった。

 守谷といえば、守谷の職人から独立して栃木に帰り、百数十人の工場の主となった平田さんの所へよく通った。平田さんは若い時に裸一貫で栃木から草鞋を履いて一人で東京に出て飾り職人になったが、その後守谷に拾われてハカリの職人になったそうである。棒ハカリや天秤の技術は簪かんざしなどを作る飾り職人の技術から来ているというルーツを教えられて、なるほどと感心したものだった。

 不思議なことに台秤・棒ハカリの製造台数では東京は明らかに地方に負けていた。そんな中で伝統も資力もないが数人の職人を使って台秤その他を組み立てる新興勢力が何組かあった。

 この人たちは資力がないから問屋で前金を借りてハカリを造り、都庁に持ち込んで検定を受け、検定が終わると全台数をそっくり神田の問屋へ直接持ち込んで現金に換える。即ち問屋資本で回転しているわけだから、彼らは完全に問屋の支配下にあった。神田には野村さん・岩下さん・森貞さん・三友さん等錚々たる問屋が軒を連ねていた。これは東京だけの特異な形態で、大阪にも有力な問屋がたくさんあったがこういう機能は果たしていなかった。

 今も覚えているのは野村さんで貰った小切手を神田の富士銀行におろしに行くと一覧払いといって帳簿も見ずにすぐ現金に換えてくれる。当時は勿論電子化なんかされておらず、銀行と雖いえども手書き帳簿時代であった。小切手をおろしに行くと一々帳簿に残があるか確かめてからでないと現金に換えてくれない。確かめるのに時間が掛かるので待たされる。天下の富士銀行はそんなことをせずすぐ小切手を現金に換えてくれる。即ち富士銀行に口座を持つということは大変なステータスで、それだけ信用があるということであり並みのハカリ屋では考えられないことだった。当時としては富士銀行神田支店に当座を持つのは驚異的なことで野村さんの信用力に脱帽したものである。

 そうした中で全国の有名メーカーは東京に進出して支店を持っていたが、殆どのメーカーの東京支店は事務所のみで現物の在庫は持たなかった。ところが田中衡機さんだけは、東京のど真ん中に店舗形態の自前の支店を持ちハカリの現物を在庫として持っていた。これは大変な強みで東京の販売店の有力メンバーの殆どが結集して東京田中会を結成していた。(つづく)






最終更新日  2017年07月01日 13時25分20秒
コメント(0) | コメントを書く
[私の履歴書「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」鍋島綾雄] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.