1871181 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「計量計測データバンク」とその情報

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1126)

東日本大震災から4年7カ月 三陸沿岸の現在

(45)

計量と計測を考察する「計量エッセー」

(101)

日本計量新報論説と解説(電子判)

(77)

「今日の計量計測情報ニュース」

(778)

計量計測情報はこちらで

(632)

計量器売れ筋商品

(108)

紀州犬物語

(90)

「web情報報総合サイト」は生活サイト

(10)

計量器

(39)

「日本列島ぶらり旅」甲斐鐵太郎(旅行家)

(1141)

自然・ネイチャーのおはなし(横田俊英)

(733)

エッセー

(1001)

写真 デジカメ 銀塩カメラ レンズ

(730)

「計量計測データバンク」運営責任者からのお知らせ

(296)

紀州犬物語オス犬「テツ市」の成長記録

(31)

紀州犬物語(紀州犬はいい犬です)

(127)

情報・インターネット

(121)

犬の飼育の仕方と悩みごと相談室

(64)

柴犬の子犬譲ります

(339)

三菱パジェロ物語(E-V45W)ほか自動車

(7)

新事業および改善課題

(23)

「豆柴」風の柴犬譲ります

(93)

新 野鳥歳時記 (執筆 横田俊英)

(46)

紀州犬の子犬譲ります

(1034)

旅行(旅と自然の日記)

(525)

柴犬物語(執筆 横田俊英)

(84)

紀州犬と柴犬

(334)

紀州犬の成犬の里親探しです。

(123)

有色紀州犬は素晴らしい 子犬情報

(228)

有色紀州犬 子犬出産情報

(221)

紀州犬 子犬 出産情報

(643)

紀州犬・四国犬里親探し情報

(191)

柴犬里親探し

(126)

旅するバイク カワサキW650(甲斐鐵太郎)

(3)

計量が大好き人間のおすすめ商品

(8)

測ること、計量のこと、その雑感とエッセー

(36)

自動車とオートバイと自転車など

(17)

高尾山麓自転車博物館(高尾山麓にある自転車博物館)

(45)

高尾山麓にある自転車博物館による自転車と部品の記録と記憶(販売はしません)

(30)

私の履歴書「陸軍航空士官学校で終戦を迎えハカリ屋になった男の記録」鍋島綾雄

(15)

本日の気になるニュース

(105)

自転車情報

(36)

甲斐鐵太郎の上高地讃歌

(18)

伸子のブログ 旅行と写真ほか

(4)

音楽とオーディオ

(3)

安西正一(計量士)私の履歴書(計量計測データバンク)

(2)

バックナンバー

プロフィール


shunei-yokota

フリーページ

全730件 (730件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 73 >

写真 デジカメ 銀塩カメラ レンズ

2018年05月16日
XML
旅行家 甲斐鐵太郎の自然博物誌 №25
(タイトル)
絵を描くつもりでフィルムカメラを使う、という方法で写真を楽しもうと思います。
(サブタイトル)
撮影フィルムからの印画には特別の雰囲気を感じる。

(文章と写真は 旅行家 甲斐鐵太郎 6月30日撮影。)


霧ヶ峰高原と車山高原はコバイケイソウの白い花とレンゲツツジの赤い花が一面を覆います。
6月30日です。野鳥を撮影する人々がこの高原におりました。


6月30日です。夏鳥のノビタキガ高原にきておりました。夏の高原を象徴する野鳥がノビタキです。
黄色い花のニッコウキスゲはまだ咲きません。白い花のコバイケイソウが見事に広がっております。


(本文)

 休日に写真機材のことを考えておりました。

 長い休みの初日にしたこと。それは写真のことを考えることでした。

 休み中に出かけようとしている場所があります。それは標高が1500メートルを超える山梨の高原の林道であり、ここを散策して写真を撮ろうということでした。

 そのために持っていく写真撮影の機材のことをいろいろ考えていたのです。そんなことをしているだけで一日を過ごすことができます。もったいないことですが、休日初日は疲労で動くことができません。

 高原で野鳥を撮るにはどうするか、ということです。

 写真撮影しながら高原の林道で遊ぶ、ということの後には仕事での長い出張がありますから、その準備のこともあります。

 冬の高原には冬鳥はあまりいません。

 野鳥は人が住むほどの標高のところに移動しております。餌はこの付近で得やすいからです。寒さもだいぶましですし、雪の量もずっと少ないからです。

 夏鳥は高原にもおります。高原の夏は北から渡ってきた夏鳥をみるのに絶好ですし、高原は涼しいので人も気持ちよいから、嬉しいところです。

 冬でも夏でも高原で野鳥に出会ったときに、記念に写真を撮影しておきたいと思います。野鳥との出会いは心のときめきでもあります。

 高原の野鳥たち。

 冬の場合には唐松林や高原の樹木と枯れ草に突然に黄色い色をしたマヒワがパラパラと群れで舞い降りてくることがあります。マヒワは人を恐れませんから間近でじっくりと観察することができます。観察というよりもそばにいて遊んでもらえるということでもあります。

 林道を横切る野鳥の多くはホオジロです。

 四十雀(しじゅうから)、コガラ、ヒガラなどのカラ類がこれに続きます。

 雀は民家の回りにはいるのですが、高原の林道には勢力を伸ばしません。

 カラスは何処にでもおります。

 トンビも同じです。

 鷹(タカ)の仲間が上空を飛翔しているのを見ると嬉しくなります。

 羽根を空回りさせて空中に停止していたり、静かに横切っていたり、急降下していたり、と、タカはドラマを背負っているのです。

 野鳥撮影用に望遠レンズを付けたカメラを用意しておきます。

 そのような鳥に出会ったら、上手くいってもいかなくても、とりあえずはカメラのシャッターボタンを押します。望遠レンズをカメラに付けていなくてはなりませんから、何台かのカメラのうちの一台にはこれを付けております。

 そのようなことで、高原に出かけようと思って過ごしていた休日の初日には野鳥撮影用の写真機材のことを考えておりました。

 霧ヶ峰高原、車山高原は気持ちがよいところです。

 信州の茅野市、諏訪市、下諏訪町にまたがる霧ヶ峰高原、車山高原は夏鳥を見に行くよい場所です。富士山麓がもっと良いのでしょうが、高原で草原ということで、霧ヶ峰高原、車山高原は気持ちがよいところです。

 この高原で夏に集団で野鳥撮影している愛好家の集団に出会いました。10人ほどが同じ場所で同じ鳥を一斉に撮影していたのです。

 これも方法でしょうが、このようなことを私は好みません。

 この集団はみな同じような機材を使って野鳥撮影をしておりました。

 野鳥が留まると10台ほどのカメラがうなります。

 デジカメに、目玉の大きな望遠レンズを付けていて、野鳥が留まると10台ほどのカメラがうなります。

 レンズが焦点距離600ミリほどの明るいやつで、値段は100万円以上もするものです。

 撮っているのはノビタキでした。ノビタキがそこにいたから撮っているという言い方もあります。野鳥撮影はカメラの前に現れたらそれを撮るのです。

 ノビタキは夏の車山高原の象徴みたいな夏鳥です。

 車山への登山道の脇に飛んできて人を恐れずにさえずります。似たような鳥で、ホオアカも飛んできます。

 遠くでカッコウが啼いていると、それは車山高原の夏であり、樹木を生やさないで緑の草地の穏やかな地形の向こうに夏雲がわきたつと、三菱電機の霧ヶ峰というエアコンの宣伝の絵であります。パソコンの画面に使われているのでおなじみかも知れません。

 大きな目玉の600ミリメートルほどの望遠レンズを野鳥に向けて、撮影の同人たちが一斉にシャッターボタンを押すと、カシャカシャカシャという音が木霊するのです。

 そういうのは私の世界ではありません。

 野鳥との偶然の出会いに普通のカメラを何気なく向けるだけです。

 林や高原を何気なく散策するか、ゆっくりした登山の途中で野鳥に出会って、撮影に好都合な梢などに留まっているものに、普通の望遠レンズを向けるだけのことです。

 私が持っている望遠レンズは300ミリほどのズームで、これをデジタルカメラに付けると450ミリほどの望遠レンズになります。35ミリフィルムカメラへの換算のことです。

 野鳥の撮影機材のことをあれやこれやと考えていて、結論がでました。

 デジタルカメラに付けると450ミリほどになるレンズで用を足そうということです。

 大きな目玉の600ミリメートルほどの望遠レンズをどうすれば安く買えるか、とカメラ店に相談したら、レンズに曇りがあるか、カビがあるかして、正規の値段で売りに出せないやつなら、ということでした。

 でもこのレンズを使おうとすると三脚に載せないとなりません。レンズに三脚を取り付ける穴があって、カメラはその後ろに取り付けるのです。

 嫌だなあ、こんなやり方は。

 35ミリフィルムカメラ換算で450ミリほどの焦点距離をもつレンズで用をなさない対象は撮影の外として割り切ります。野鳥が小さくしか写らない場合にはその部分を拡大して対処するか、あきらめるかのどちらかです。

 話しが飛びますが、フィルムカメラはそれはそれで良いモノであると思うのです。

 フィルム撮影による印画には特別の雰囲気を感じる。

 フィルムカメラで写真をじっくりと撮るという方法があります。

 フィルムカメラで撮影したのを四つ切りのワイドに印画するとデジタイルカメラにはない雰囲気がそこにあることに気付くと思います。

 何故だかわかりません。

 知り合いのカメラ店の店員はフィルムカメラで撮影した写真はやはり良いですよ、と言います。ああだ、こうだ、というのではなく経験者は語るのです。フィルムカメラの写真としての歴史がそうさせるのでしょうか。フィルムとそこに結ばれた像と、それを印画する紙と、レンズの設計など、が総合して関わってできあがっているのです。

 デジタルカメラのデジタル画像のその画像処理がされる前の状態は、写真であるとは思えないほどに崩れております。

 これを画像処理エンジンといいソフトウエアなどの働きによって、像をつくるのです。

 密度が上がったデジタル画像であってもその背後では画像処理のソフトウエアが働いて、実際に近い絵をつくっているいるということなのです。

 画像処理エンジンが違えば同じレンズを通過した映像も違った絵になるのです。

 ですから写真をオリジナルな絵にするには、撮影者が画像に手を加えて完成さるのだと、いうことを写真家が述べておりました。そうなのかも知れません。

 デジタル一眼のファインダーは旧来のフィルム一眼レフカメラに負けている。

 私はフィルムカメラとデジタルカメラを並行して使います。時と場合によってカメラを選びます。

 カメラ越しにみる絵ということでは、カメラのファインダーの出来具合が重要です。デジタル一眼レフカメラでも、最上級のモノでないと旧来の一眼レフカメラに及びません。

 デジタルカメラの人とのよい関係、感触などエモーシャルな部分の作り込みが進められることになります。

 安手のデジタルカメラは、良くできたフィルムカメラのファインダーには及びません。単なるガラス玉のようなファインダーが多いのです。ファインダーのなかで像があちこちに浮かんだりするのです。機材の全体的な感触とか質感などもフィルムカメラに及んでおりません。この課題の解消に向けて行動が急です。

 ニコンなどは一眼レフフィルムカメラのフラッグシップの最終型のF6とデジカメの最高級機を同時に開発しているので、質感と操作の方法が同じです。

 1960年代の後半から1970年ころ、当時は大まじめだったカメラの電子化。

 フィルムカメラも電子技術、デジタル技術が進展すると、すぐに昔のカメラになります。自動露出をすることだけのカメラのどこかに電子が飛んでいるバッジを付けたのが1960年代の後半から1970年ころにはありました。今になれば幼稚な発想ということで苦笑の対象になりますが、当時は大まじめだったのです。

 私が持っているニコンF5と同時開発されたデジカメのD1Xは、デジカメとしては今では基本性能は低いカメラになってしまいました。電池の持ちが悪い、重い、大きすぎるなどです。、D1Xは技術の発達によって置き去りにされてしまいました。

 デジカメでパチパチやっているのが普段の写真撮影です。フィルムカメラで、しかもマニュアル方式で焦点あわせをしていると、気持ちが安らぐことがあります。急ぐときにはいらだちますし、一瞬のシャッターチャンスを逃すことがありますが。

 絵を描くように写真を撮るということがあってもよい。

 絵を描くときに、一日も二日も一週間も同じ場所でイーゼルを立てて対象に向かっているのを目にします。そうした絵画のようすに比較するとカメラの焦点あわせなどは、苦になることではありません。絵を描くように写真を撮るという考えが成り立つのです。

 デジタルカメラで一通り用を足して、その後に余裕があればフィルムカメラで写真を撮るのです。

 野鳥を撮影するのにデジタルカメラを使うと、カシャカシャカシャと連射できますから、ちょっとした仕草を捉えることができます。

 フィルムカメラでこれをやったら費用はとてつもなくかさみます。

 そのようなことだから、デジタルカメラで押さえて、その後で余裕があればフィルムカメラも使う、という結論を出したのです

 絵を描くつもりでフィルムカメラを使う、という方法で写真を楽しもうと思います。


(文章の綴りや文法そして表現など十分でないところがありますので、ご容赦ください。)

(写真と文章 甲斐鐵太郎)






最終更新日  2018年05月16日 22時59分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月10日
山中湖の岸辺が結氷しても車を乗り入れてはならない
富士山を背にした山中湖の景色。小さな湖だからそれが憩につながる。







最終更新日  2018年02月10日 10時22分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月09日
芦ノ湖外輪山の杓子峠の向こうに富士山があった
標高1000m越えの杓子峠の左手に駿河湾の夕日が見えた







最終更新日  2018年02月09日 10時49分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月03日
冬の山中湖と富士山
山中湖平野の1月27日は湖畔が凍っていた。諏訪湖の御神渡りがあった年のことだ。







最終更新日  2018年02月03日 09時48分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月11日
オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。昨日のアクセス数は15、延べのアクセス数は1461です。アクセスが多いのですがその理由がわかりません。



オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。






最終更新日  2017年06月11日 12時12分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月10日
オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。昨日のアクセスは6、総アクセスは1446です。何故多いのでしょう、よくわかりません。

オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。






最終更新日  2017年06月10日 17時41分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月05日
このところトップのアクセス数です。昨日は22、トータルで1405です。オリンパスペンEED (1967年発売)です。

オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。   






最終更新日  2017年06月05日 12時51分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月22日
この記事がよく読まれております。「オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。」


オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。






最終更新日  2017年05月22日 23時59分27秒
コメント(0) | コメントを書く
この記事がよく読まれております。「コニカSIII(コニカS3)(1963年発売)です。35mmの良いフィルムカメラです。」


コニカSIII(コニカS3)(1963年発売)です。35mmの良いフィルムカメラです。






最終更新日  2017年05月22日 23時55分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月21日
どうしたわけかこの記事がよく読まれております。「オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです」

オリンパスペンEED (1967年発売)というハーフサイズのフィルムカメラです。



 ピント(0.8m~∞)合わせは目測式でレンズの距離環を回して設定します。

 0.8と1.2と3にクリックがあるので、近くの場合にはそこに、遠くの場合には3に、もっと遠い場合には無限大に距離あわせする。それぞれ距離はメートルです。

 絞り環をAUTOに合わせるとプログラムシャッター(1/15秒・F1.7~1/500秒・F16)が作動します。

 絞り環をAUTO以外にすると、シャッタースピードは1/15秒に固定されます。(絞りは 1.7 2.8 4 5.6 8 11 16 22 に設定できます)






最終更新日  2017年05月21日 20時09分41秒
コメント(0) | コメントを書く

全730件 (730件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 73 >

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

Aaa@ こんにちわ New! 一次所得収支の推移をよーく見てからもう…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.