3415574 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

PR

プロフィール


磯トンボ

サイド自由欄

=管理人からのお知らせ(お願い)=

現在はコロナ禍のおり、感染に対する南房磯地元の方々への気持ちを考え、毎週釣行は勿論のこと釣行も極力控えております。南房をホームとされる籠釣り師の方々もご協力のほど宜しくお願いいたします。

尚、「MENU」内の「釣り場(南房)」及び「釣果」の写真掲載についても、諸般の事情(NET功罪)を鑑みて公開を取りやめております。ご了承ください m(__)m

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

2015年07月20日
XML
tonbo-anime.gif today diary



先週半ばから週末にかけ、台風11号が
四国地方~中国地方 と横断した。
自転車より少し早い位の速度で・・・

離れてる千葉 南房海岸でもウネリが押し寄せ
磯ではこの二週間、釣り人は入れず。

週いち釣行のトンボ。
流石に磯釣りは断念せざるを得なかった。

それでも週に一度は、潮の香りを嗅ぎたく
向かったのは・・・普段、
「絶対に釣りに行かない所の釣り場」
「絶対に狙わない魚の鯖、それも大鯖」


数週間前から情報は入手していた。
ここは南房某港の湾内。
南風は吹き荒れているが、
御覧の様にウネリなどない。

外洋は4~7m位の波長の長いウネリが押し寄せている。
信じられないかもしれないが、
緻密に設計された護岸堤では
南風が背に受けられ、外海の影響を受けない。


現地に到着したのが時計14時過ぎ。
カメラ片手に護岸堤を見に入る。
朝から釣りに来ている人達が丁度引き上げて来た。

クーラーボックス内には、青物魚が入っていたが
食趣的にはあまりそそられない魚ばかりだ。










釣り人は疎らで、殆どが地元の釣り人ばかり。
早朝からの釣り人は、午後の時間には引上げ
この時間からは地元の釣り好きな御老人達が
思い思いの場所で等間隔に並び釣りをしている。

護岸堤中ほどに愛想の良さそうな初老釣り人がいて、
タモ網を伸ばし、魚を掬っている最中だった。

思わず足止め、シャッターを押す。

丁度時計14時過ぎから釣り始めて
最初の獲物だと顔面笑みを浮かべて話してくれた。

タモ網に入ったのは・・・
それはそれはデカいゴマ鯖・・・|д゚)
これなら食べれるし、釣り味も面白そうだ。


ご当地釣りの餌釣りノウハウをご教授いただいた。
「コマセあるのなら やってごらん」









車に戻り簡単な消耗品と餌、コマセを持ち
釣れた場合、直ぐに〆て氷浸け出来る様に
”フーフー” 言いながら、重いクーラーボックスを
休み休みながら持って釣り場に入る。
(駐車場から近いから良いものの・・・)




実釣開始時計15時過ぎ!
先ほどの地元の釣り師・・・
釣魚が傷まないうちに家に置きに帰ったのか
既にその釣り座には居なかった。
(釣り道具もなかった・・・?

良型一本あればそれだけで良かったのか!?
良いよねぇ~地元の人は・・・

戻って来る場合も考慮して、
20m程 離れた所に釣り座を構えた。



教えてもらったタナにウキ止めを固定して
第一投!
既に時計15;30になっていた。







少し先にいる常連さんらしき釣り人は、
30m位の近場に仕掛けを入れていた。

自分は取り敢えず 遠投~~~!!
追い風ともあり距離にして90mは飛んでいたかなあっかんべー

四号竿に全遊動式+土瓶型ステン籠
ステン製自製土瓶籠

磯も護岸堤も同じゴツイ道具仕立てだ泣き笑い

底立ちをとってから軽く、竿を煽り
丸で船釣りのイメージでコマセを出す。


潮は満潮止まり寸前。
普通なら沖目に流れるのだろうが、
ウキは陸地側に流れて行く。
あまり良い潮ではないだろうか。。。










釣り開始から一時間後、
漸く最初の当たりが来たダブルハート

竿を立てると・・・
ぐぃ~~っ とばかりに のされる。
これは大っきい!

さっき地元釣り人が釣り上げた様なでかい鯖だ。

タモ網は使わない派だから、
魚を水面で空気を吸わせ弱らせて
四号竿のタメで牛蒡抜きにした。

でかい~~
40cm
は優に超えてる大鯖だ。














【本日の釣果】




釣行日;h27.07.14(火)
釣時間;15:30~19:00
釣 果;ゴマ鯖2本(42~44cm)
      


潮;大潮
満潮;16;30
干潮;21:34







【釣行後記】

正直 言うと・・・鯖釣りを甘くみていた。
磯で釣れるスレンダーサイズは、
夏の夜釣りの外道魚としてワンシーズンに一度や二度 時々釣れる。

小型や中型は比較的簡単に釣れる。
しかし、大鯖となるとなかなか簡単に釣り人の仕掛けに喰って来ない。

あの後、日没近くまで粘ってみたが、
スレンダーサイズが一本釣れたのみで終わった。

帰り際、地元の釣り人のに聴いたのだが・・・
夜釣りでは釣れないらしい。
その辺は磯を回遊して来るものとは違う様だ。


釣り人もそれを知ってる様で・・・、
日没と共に誰一人居なくなってしまった(笑


偶には、こうしたのんびりと昼間の釣りも良いものだ。
しめ鯖 を楽しみに家路を急いだ。








当hpも掲載中!
↓





tonbo-anime.gif thank you



『潮騒の唄を聴きながら…』のhome topに戻ります







最終更新日  2015年07月20日 15時10分40秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.