3460228 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

PR

プロフィール


磯トンボ

サイド自由欄

=管理人からのお知らせ(お願い)=

現在はコロナ禍のおり、感染に対する南房磯地元の方々への気持ちを考え、毎週釣行は勿論のこと釣行も極力控えております。南房をホームとされる籠釣り師の方々もご協力のほど宜しくお願いいたします。

尚、「MENU」内の「釣り場(南房)」及び「釣果」の写真掲載についても、諸般の事情(NET功罪)を鑑みて公開を取りやめております。ご了承ください m(__)m

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

2016年12月19日
XML
カテゴリ:釣り師の道具箱
tonbo-anime.gif today diary



先週は急用や荒天候のため南房釣行はお休み~
そこで月曜恒例ネタの南房釣行blogはなし。
と言うことで・・・「釣り師の道具箱」ver upします。



『自製ステンレス一発籠の作り方を詳しく教えて欲しい』
と言うmailを時々 頂くが・・・、
"自己流で見栄えはイマイチ、自分が楽しんで作り使う"
と言うスタンスの ど素人レベルの品物。
人さまに教授出来る様な代物でありません。

そう何度もお断りしてきたのだが・・・
全ての詳細でなくpointだけでも~
との意見を数回 頂き、かい摘まんだ写真だけで良ければupする。


↓
まずは材料集めである。
↓





pointは「軽量スプーン」「丸パイプ」

出来上がり籠重量の最終形は、この二品で決まるため
最終形重量の予測し規格選択には注意を有する。


※「軽量スプーン」の形状と厚み
★市販品の極厚15ccのもの



※「丸パイプ」の直径と厚み
★専門業者 特注品(径42.7mm×厚1.5mm)

トンボの場合、★印の規格品組合せで完成品重量は60gとなる。





この他に揃えるものは材料品で、 テンレス籠(市販品)、ステンレス線、
ステンレスパイプ線、ステンレスバネ線各種(四種)。
後は消耗品ではステンレス半田、ステンレス用フラックス、
など殆どホームセンタや釣具屋で揃うものばかり。
大体の経費は1,200円~1,500円になる。
(計量スプーンと丸パイプはnet取り寄せのため
注文の数量、重量により送料が変わるので注意)


↓
↓



では作り始めましょう上向き矢印

やはり一番面倒で難しいのは・・・
下蓋フックの削り出しだと思う。
(あくまでも個人の感想)

















↓
↓

次は出来上がりの下蓋丸パイプとの接続・・・
つまり蝶番を使い二つの部品をハンダ接続する。
蝶番材料はステンレスバネ線1.2mm、ステンレスパイプ2.1mm。
(蝶番作りは省略)

↓
↓







ここまで来たら後は
比較的簡単な工程ばかり~



市販品のステン籠の上部を頑丈仕様に作り変え
丸パイプの内側に挟み込みハンダ接続するだけだ。

次はバネピン部品を作り。
バネピンはステンバネ線0.8mmを使用し
市販品ステン籠の中央部分に取り付けるが
フック部分との間隔を微調整しながらをハンダ接続する。
(バネピン作りは省略)













トンボがカゴ釣りで一晩に投げる回数は、
20回/時間を目安としている。
今期の釣りタイムは休憩時間を除き精々四時間
だから総投入回数は百回を切るぐらいなもの。

空籠重量60gにコマセを詰めると総重量が120g位なもので
これ位だと竿のしなりで無理なく遠投ができる。



またステンレス一発籠を作る際に一番の拘りは
下蓋とハカマ(丸パイプ)との隙間は
極力、狭くなる様に作っている。
狭くすることにより、多少なりとも隙間からの
コマセが飛び散り防止でき磯を汚さずに済む。

籠作りの参考になれば幸いである。







余談だが、このステン一発籠を投入する際、
後方の岩などに下蓋を当てて、ロック解除してしまい
そのまま投げて"コマセの空中ばら撒き"の失敗談を聞くが
チョットした小技を使えば、コマセ空中散布は避けられる。
(一般的なオーバースロー投法だと失敗する)

自分は投入の際、竿を真後ろに構えて
コマセ籠を後方で固定せず、少し回転させての
「1/4回転振り子投法」
を使ってるので岩に当てることはない。
(こんな投法名はない、勝手に言ってるだけ)

竿はやや真横に構え、籠は浮かせたままで
真後ろまで回転させてから遠心力を生かして
そのまま狙いのpointに投げる。
(シロギス釣りでの回転投法の様なもの)

どうもトンボは、オーバースロー投法とかスリークォーター投法だと
肩に力が入り、力んでしまいバックラッシュしたり
投げる瞬間、右腕が少し下げる癖があるので、
長く釣りをしてると集中力もなくなり、
籠と地面の間隔が狭かったり、岩が出ていたりすると
下蓋を当ててしまいロック解除してコマセの空中散布となる。

籠は静止させず動かしたままで投入動作に入ると
力まず、スムーズに投げられ、距離も出る様になり
習得するまで時間を要したが、昨年辺りからできる様になった。












チョイデカステン一発籠は手持ち予備在庫がありお譲り致します。
メリカリサイト⇒ステンレス製一発籠(自製品)
#ステンレス製一発籠(自製品)


※在庫少数のため売れ切れ次第終了します




当hpも掲載中!
↓





tonbo-anime.gif thank you



『潮騒の唄を聴きながら…』のhome topに戻ります






最終更新日  2020年01月21日 09時27分55秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.