2631985 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

PR

プロフィール


磯トンボ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

2018年10月12日
XML
カテゴリ:男の手料理
tonbo-anime.gif today diary

2018.09.30 無花果ジャム-13

今週の初め(三連休の最後の日)
久々の手作りのジャム~♪
を作った。


学生時代、秋の文化祭近くになるとこの限定ジャムを
作った(作らされた?)のを今でも覚えています。
勿論、趣味としてではなく部活の一環として。

部活・・・?
いったいどんな学校に行ってた?

大人の事情によりドンボが席を置いていた高校には
専門クラブがあり 機械クラブ、畜産クラブ、
花卉クラブ、加工クラブ、作物クラブ

他高校ではない妙なクラブがありました。

選択必須クラブなので選んだのは加工クラブ。
授業の一環として多種多様の缶詰を作ったり、
練り固形ジュースジャム等を作り校内販売してました。

当時、取り分け話題になったのは・・・
搾りたての牛乳から作った乳酸飲料「カルピス」です。
地方紙にも載り一躍有名にもなりましたが
カルピス食品工業会社から登録商標違反のクレームが入り
商品名を「カルソ」に変更して販売を続けたのを覚えています。


そんな昔取った杵柄ではありませんが
今は我が家で食べるジャムは総てトンボが作っています。



ところで・・・
冒頭のジャム、何から作ったかお解りかな?





ヒント、関東圏では今が旬な果物です。










答えは









2018.09.30 無花果ジャム-01

先日のお彼岸参りの時に義母さんちから頂いてきて
冷蔵庫(野菜室)でラップに包み保存しておいた
無花果(いちじく)です。

春先の苺ジャムより作り方はとても簡単!
下拵え込みで30〜40分で出来上がりです。
2018.09.30 無花果ジャム-02 2018.09.30 無花果ジャム-03 2018.09.30 無花果ジャム-04 2018.09.30 無花果ジャム-05 2018.09.30 無花果ジャム-06 2018.09.30 無花果ジャム-07 2018.09.30 無花果ジャム-08 2018.09.30 無花果ジャム-09 2018.09.30 無花果ジャム-11 2018.09.30 無花果ジャム-10 2018.09.30 無花果ジャム-12

上手に仕上げる こつ は~!
外側の皮をしっかり剥くことです!

今回、皮を剥いた正味重量は860gで
グラニュー糖が430g、檸檬が一個です。

苺ジャムを作るなら檸檬半分で十分ですが
残した半分って意外と使われず仕舞いで捨ててしまいます。
なので自分は丸々一個使います。
無花果に場合は甘味があるので酸っぱくなりませんので。

見た目には苺ジャムと似てますが、
味は全然違うものです。

無花果が持つ独特の風味と甘さは
紅茶、トーストパンやヨーグルトとは相性がよくて
食べ始めるとやみつき~癖になりますよ。


あまり市販品では見かけないジャムですから
沢山お裾分けを頂いた時などにお試しください


















2018.10.12 アクセスレポート-01

当hpも掲載中!
↓





tonbo-anime.gif thank you


『潮騒の唄を聴きながら…』のhome topに戻ります






最終更新日  2018年10月25日 23時52分18秒
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.