3020652 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

PR

プロフィール


磯トンボ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

2019年11月01日
XML
カテゴリ:日々雑感
tonbo-anime.gif today diary


= 懐かしの学び舎と北アルプスの山並み =

今日から11月
学び舎を見下ろす北アルプスの山並み
そろそろ 真っ白に雪化粧し始める頃・・・。

これからの季節、
日本海からの吹き上げる北風が
北アルプスの山々に当り、
沢山の雪を降らせる。







夏の富山湾は南側に北アルプス山脈に囲まれてるため
南風(山風)が吹いても海はいつも穏やか・・・。

ところが冬になり空はいつも鼠色に覆われ、
北風(海風)が吹き出すと海は毎日荒れる。


黒部川は山~海まで急こう配で平野部に出て海まで距離が短い。
そのせいか 岩が細かく砕けずに海へと到達する。

北風が吹き出すと沖から大波が押し寄せ
”ガラガラ”
玉砂利の石洗い音が一日中 響き渡り 怖い。
そのため海岸の石はみんなまん丸である。

山から陸へと白銀の世界が広がり
人は家雪囲いの中に閉じ籠り
春の訪れまで冷たくて寒い冬をやり過ごす

北陸の冬は動物もそして人も 動きを鈍らせてしまう…。



余談だが・・・
夏、黒部海岸での海水浴は適さない。
玉砂利が熱く素足で歩けば火傷する。
また、ビニールシートを敷いてもお尻が熱くて座れず
甘栗の心境、よくわかる  ( *´艸`)









今年は一度も踏むことはなかった故郷の地

黒部の両親、兄 そして、
糸魚川(姫川)で眠る人 にも
手を合わせることもなく
壁カレンダーは残り二枚。


来年は五輪開催の年。
中学の同級会もあるから
参れるかな・・・。






                春夏秋冬 くり返す  季節を着替えながら  花に埋もれて 月を待ち  鳥を追いかけ  睦月 如月 弥生 卯月  朝(あした)から 夕べへと  雪と舞いあそび  雨に濡れ 雲をたどり  この国に生まれてよかった  美しい風の国に  ただひとつの故郷で  君と生きよう          湯の町 門前の境内  城跡 漁り火よ  石清水に触れ  石畳 川を眺め  この国に生きててよかった  美しい風の国で  地平線の緑色  見つめていこう  この国に生まれてよかった  美しい君の国に  ただひとつの故郷を  二人で歩こう          紅葉の山並み 青い空  白いうなじに映る  遠い夢ならば  この国で叶うように  遠い夢ならば  この国で叶うように








2019.11.01 アクセスレポート-01

当HP内の文章及び画像の著作権は当管理者に帰属します。
無断で複写・転載・使用することを固く禁じます。

★blog等への『騙り投稿』『誹謗・中傷投稿』はお断り致します。
それとおぼしき投稿と判断した場合は当管理者権限にて削除致します。
尚、該当者ドメインは当管理者で把握しておりますので以後、
当サイトへの投稿規制処置をさせて頂きますのでご承知おきください。

tonbo-anime.gif thank you
トンボが今は亡き大先輩から譲り受けた座右の銘
『釣りは 寂しさを感じずに 孤独を楽しめる ただ ひとつの遊びである』
当hpも掲載中!
↓

『潮騒の唄を聴きながら…』のhome topに戻ります






最終更新日  2019年11月01日 18時32分08秒
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.