3107954 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

PR

プロフィール


磯トンボ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

2019年12月23日
XML
tonbo-anime.gif today diary

いよいよ押し迫った師走・・・
肝心な釣り行けてない。

先週も北風、雨でとうとう週末までチャンスなし~
業をきらして12/20(金)に強行釣行した。





今年、何回 通ったのだろうか南房磯。
荒天候と水温降下では流石に魚もいなくなり
それと共に俄か釣り人もいなくなった。











現地入り時計14時過ぎ。
南房磯に釣り人はフカセ師が一人だけ
尺前後のメジナが数匹釣れていた。

風向きはと言うと真正面、北風だ。
これから夕方も変わりそうにもない。
で・・・どうする。暫し考慮。。。。
恐らく南房エリアでの夜釣りは今回がラスト釣行だろう。
そう思うと やはり釣果より星空の下のんびり糸を垂れたい。

北風が背越しに避けられる釣り場だな
駐車場に戻り、次なる釣り場へと移動する。











今季、この場所で釣りは初めてだ。
コンパクトにまとめた釣り用品、軽食を背負い籠に放り込み
もうすぐ夕まず目も近い釣り座へと急ぎ向かう。

潮は干潮も近いせいか隠れ根が露出してる。
背負い籠は後方に置いて、釣り座にチャランボを打ち込み
磯際にはウネリも寄せており、いつでも撤収出来る様に
タモアミと竿、コマセバッカンだけを持ち入る。












時計17時より実釣り開始!
ここいらはそう水深もなく干満に関わらず
タナはほぼ固定で通すため、悩まなくて済み楽だ。

目の前は見渡す限り大海原~釣り人は自分だけ。
この寒さじゃ気持ち悪い人も
釣り人も現れないだろうから
後方を気にすることなく釣り没頭できる(^^♪





中略





釣り開始から小一時間、
何の当たりもないまま下げ止まりとなる。
狙いは時計20時前後、
慌てることもない。
軽食を摂ることにした。











半時ほどして釣り再開!
間もなくして遠投pointで初当たり~~!!

反射的に竿を立て軽く合わせをしてから
巻き取りに入り10mも巻かないうちに
”ふっつ"
テンションがなくなる。すっぽ抜けだ。

合わせが早過ぎたか・・・ダメだな焦ってる(*_*;
空針だけが虚しく手元に戻ってきた。











そして10分後、ほぼ同pointでまた当り!
今度はふた呼吸おいてビシッと合わせた。
掛かった!
ぎゅぃ~~ん

元竿辺りか弓なりに半円描いて曲がる。
こいつはでかいっ!

右奥に遁走されて無念のハリス切れ。。。
深場釣り場と違いここはかなり浅いし
手前には縦溝が数本あり右手に走られるとまず捕れない。











のんびり釣りのするつもりが…熱くなる上向き矢印
仕方ない。
今季、用なしと思ってたumaマル秘仕掛けの出番だ。





1分

5分

10分






ズドン!
当りだ!

一呼吸して竿を立てた。掛かった!
やはりでかい。 ドラックを堅めセットにしたのに
スプールがずるずる回り ラインが出て行く。

今度は絶対取る失敗
ぎっちりドラックを締め直し
竿のしなりだけで魚の引きに耐え
少しでも引きが緩んだ隙にラインを巻き取る。

誰も居ない磯場で格闘すること時計5~6分、
どうにか生え根を交わして足元に寄せる。
波に前後揺さぶられながらどうにかタモ枠に誘導し
何とか頭を入れて 引きずり上げた。

2019.12.南房磯釣果-02(コロダイ60cm 19;00)

コロダイ・・・?
こんな所にも居るんだほえー
疲労困憊、暫し呆然と魚を見る。。。


2019.12.20 南房磯釣果-03(コロダイ60cm 19;00)

持ち込んだスカリには入らない型だ。どうする?
水汲みバケツロープを 口~エラ に通して水たまりに・・・

その後、時計40分ほど仕掛けを流したが
当たりもなく、釣り上げた魚も傷むので引き上げることにした。













 本日の釣果・データ備忘録 
2019.12.20 南房磯釣果-05(コロダイ60cm 20;00)

釣行日;2019.12.20(金)
釣時間;17:00~20:10
    釣果:コロダイ;1匹(60cm)
 

潮;小潮
満潮;23;49
干潮;18;30
風向;北東3mのち東4m
波・ウネリ;2~2.5m
水温;未測定






本日の道具立て・仕掛け

・竿; G社製 カゴスペシャルver4 BT仕様3.5号5.8m
・リール; A社製 6500CS Rocket Gunnar
・ライン;S社製 玄人専用強力糸海平ナイロン6号
・籠;自製ステンレス製一発籠
・ウキ;自製超軽量羽ウキ12号自製LED光源
・天秤; 自製 全遊動式ステン天秤(一穴型)
・針;G社製 真鯛王(金)10号
・ハリス;K社製 G_MaX FX4.0号












【釣行後記】


2019.12.20 南房磯釣果-01(コロダイ60cm 19;00) (5)a


水温が少し低いせいか 兎に角
喰いが浅い。

一呼吸おいて合わせても、
御覧の様にギリギリに下唇に掛かってる始末。

当夜、この仲間を二枚ばらしているから
他に回遊していたのだろうが・・・


フカセ釣りならそこまでではないだろうが
やはり水温降下すると夜籠釣りは厳しい。



大物狙いでの南房エリア釣行は今回が最後。
今年も怪我もせず沢山遊ばせてもらった。
海の女神に礼を言いたい。














当HP内の文章及び画像の著作権は当管理者に帰属します。
無断で複写・転載・使用することを固く禁じます。

★blog等への『騙り投稿』『誹謗・中傷投稿』はお断り致します。
それとおぼしき投稿と判断した場合は当管理者権限にて削除致します。
尚、該当者ドメインは当管理者で把握しておりますので以後、
当サイトへの投稿規制処置をさせて頂きますのでご承知おきください。

tonbo-anime.gif thank you
トンボが今は亡き大先輩から譲り受けた座右の銘
『釣りは 寂しさを感じずに 孤独を楽しめる ただ ひとつの遊びである』
当hpも掲載中!
↓

『潮騒の唄を聴きながら…』のhome topに戻ります






最終更新日  2019年12月23日 11時01分10秒
コメント(6) | コメントを書く
[潮騒釣行日記(実釣編)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.