3430348 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

庄内発 美味しい生活日記

全115件 (115件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

2007.03.02
XML
カテゴリ:

唐津では、楽天のポイントでただでホテルに泊まったので、夕食はちょっと奮発して、唐津でも有数の美味しい寿司屋という、駅前界隈のやすけに行った。事前に予約して行ったのだが、大将に「山形からおいでになったんですか!九州に旅行に来て、唐津って言うのも、珍しいですね~。で、ウチは宣伝も出してないのに、よく御存知でしたねー!!」と驚かれ、
「いや~、ホントに美味しいお店の情報ってのは、どっかに出ているものですよ。ネットに出てましたよ、ちょっとね。」というと、「じゃあ、情報を載せてくれた人にお礼しなきゃ駄目だな~。」と嬉しそう。へ~、やっぱ佐賀の人って宣伝下手?別に隠れ家的存在になりたいから宣伝しないとかじゃないのね…笑 なら、私もおおっぴらにネタにさせていただきましょう。この日は、左側には地元の若いお医者さん3名、右には名古屋から年に一度はこのお店に来ているという、いかにもお金持ちそうな着物をお召しになったマダム2人。マダムたちはこのお店の熱烈なファン。「このお店は、何度来ても発見がある。地元の食材を大切にしていて我々の知らない食材の組み合せなどで驚かせてくれる。」とのこと…。お、アルケッチャーノみたいっすね。このマダム達をアルケッチャーノに御招待したいわ、と思っちまいました。名古屋なんて都会だから、いながらにして、いろんな美味しいものが食べられるんだろうけど、わざわざ唐津まで来ちゃうんですね~。やっぱり、これからはその土地らしさを極めた土地の勝ちって気がします。

唐津は、人口のわりにすし屋の件数が多く、玄界灘のおいしい魚もあるため、寿司屋のレベルが高いらしい。で、行くお店を決めるに当たっては、「つくだ」「銀すし」も気になったが、江戸前の寿司ということで、九州まで行って江戸前の寿司を食べなくてもいいだろう、ということで、つくだに決まったもの。九州の寿司は、シャリが甘口らしい。でも、鶴岡の寿司もどっちかって言うと甘口じゃないですかね?私的には少々甘い方が好きなので全然問題なし。

最後に出た、上の写真の握り…。涙ものの美味さでした…。生きてて良かったっす…泣



大将が「ウチは唐津一、寿司が売れないすし屋なんですよ。出前もしてないしね。居酒屋みたいなんです。」と言うとおり、握りにありつくまで、たくさんお料理が出てきました。
左上が、「ミナ」と言う貝。多分、名前が違うと思うけど、庄内にもこの貝はありそう。
右上の焼き筍は、甘くてトウモロコシみたい!美味しい。ウチの筍も、小さいやつで焼き筍にしてみよう!
左下、穴子とふきのとうの天ぷら!穴子も美味いけど、ふきのとう激うま。今までだって何度も食べてるけど、苦味が適度で衣の甘さと絶妙なバランス。
味噌汁も出汁がいい。



イワシの酢味噌和え



カナギ  こんな細いんだけど、油がジュワっと出てて美味い!酒の肴に最高!




サワラ、ブリ、鯛、アジ、サヨリ、イカ、タコ  んめっ!!




女イカの煮付け



唐津焼の器がいっぱい




佐賀はどこに行っても、器がいいのよね。有田、伊万里もあるし…。
ということで、有田、伊万里は次の日記で。


人気blogランキング地域情報←全国30位前後をウロウロ







Last updated  2007.03.06 21:47:51
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:
福岡空港の近くの菜の花畑…。春まっさかり!もう夏が来そうな暑さ。20度越えです。日差しが痛い…。

今年も超割で九州っす!新潟から福岡まで片道13,700円はありがたい。去年はミーハーに湯布院と黒川温泉に行ったけど、今年は、連れ合いの発案で佐賀県に。私の中では、一生行かないで終わりそうな都道府県ナンバー1だったんだけどね…。結果、いいところでした。庄内人には、親近感の持てる土地柄。歴史と文化と美味しいものいっぱいだけど、宣伝下手でノリ切れていない感じ…。でも、今は全国どこに行っても均質に訓練された接客、方言なしの丁寧な言葉遣い…。私は、そういうのより、ベタでもその土地らしさが感じられるほうが好きだから、田舎っぽくてやや洗練されていない感じの佐賀県に非常なノスタルジーを感じました。好きです、佐賀。


っつーことで、福岡から佐賀県唐津へ。日本海沿岸を通って。唐津市に近づくと、虹の松原という国指定の名勝がありまして、その中を通る道を走っていると、有名なからつバーガーが。



かなり人気っす。
ご当地バーガーと言えば、長崎県の佐世保バーガーもあるけど、からつバーガーも負けちゃいない。











スペシャルバーガー400円。

美味しさ、伝え切れません…。パンも美味しいしね。
コショウがきいていていいです。






唐津市を通り過ぎて、名護屋城址へ。私はあんまし興味なし。連れ合いの趣味。秀吉の朝鮮出兵の拠点ですね。
天気が良すぎて喉が渇いたので、名護屋城から出てすぐのところにある、道の駅桃山天下市によって、イチゴを買った。
去年も思ったんだけど、九州はイチゴが安い。この時買ったのは、通常のパックの倍の大きさのパックのもの。で、値段が400円。要するに、庄内の半値以下です。売る単位があちらは大きい。庄内で4パックが入っている、ダンボールの箱に、パックなしでイチゴを入れて、一箱680円~880円とかね…。で、美味いんです。ジュースを買うより、よほど良かった。



唐津のしろうおは名物ですね。2月下旬に、NHKの朝のニュースで、唐津のしろうお漁の中継をやっていた。こういう風に、生きたまま売るんですね~。



次は唐津城へ。連れ合い的には、名護屋城の方に思い入れがあったようだが、唐津城も相当気に入ったようだ…。



しかし、天守閣からの眺望は素晴らしい。左側の湾が虹の松原。右側は、松浦川。



この素晴らしい眺望は人を集める力ありですね~。違う方角には、島も見えるし。

帰りは、石段を降りたところのおみやげ物屋さんで、けえらんという名物のお菓子を購入。うるち米が原料、中にこしあん。なので、餅ってより、団子的食感。気に入った!結構大きかったけど、連れ合いと二人で一気に完食!

一旦宿にチェックインして、唐津の街へGo!
途中、名物の大原松露饅頭を購入。この饅頭もかなり美味しい。気に入りました。



予約したお寿司屋さんに行く前に、旧唐津銀行に行ってみた。



中は、観光案内所になっていて、そんなにきれいに改装してあるとかじゃないけど、唐津の観光関係のパンフレットとか、イベント案内とか、歴史民俗系の本とかいっぱい置いてあった。ホント、あんまし加工してない感じで、お世辞にも中は綺麗とは言えないが、それでいいと思う。






旧唐津銀行を出てちょっと歩いたところから唐津城が見えた。

連れ合いは、きっとこういう都市に住みたいんだろうなぁと…。

私も、かなり唐津は気に入りました。住んでもいいくらいっす。

というのも、次に行ったお寿司屋さんが激うまだったからだったりして…。

それは次の日記で。


人気blogランキング地域情報←全国30位前後をウロウロ







Last updated  2007.03.05 21:37:09
コメント(6) | コメントを書く
2006.11.06
カテゴリ:

これは、宿に行く前に行った峠の茶屋で買った力餅ね。
とっても軽くて美味しいんです!中はこし餡。なんかね、これ食べてるとなぜか鶴岡のあん玉を思い出すのですよ。なぜだろう…。餡子が似てるのかな?
峠の茶屋は、奥羽本線峠駅のところにあるのね。昔、明治時代に鉄道を建設する工事の際に、工事の合間に餅をついて振舞っていた(昔はどこでも餅はごちそうだったのだ)のを、鉄道完成後に鉄道客に販売するようになったというのが、起源だそうです。



店内では、お土産用だけじゃなくていろんな餅を食べることが出来ます。
お餅だけじゃなく、そばとか、その他いろいろなメニューがありましたね。

とにかく、思った以上に山奥でして…。車と車がすれ違うのが非常にきつい道でした。大きい車で行くのは大変だと思いますよ。でも、なんとかなりましたけどね。そんな感じなのに、茶屋に着いたら、人がいっぱい!びっくりでした。





かわいい(くたびれた?)わんこがいました。
かなり高齢なのかしら…。
あれじゃ熊除けにはならないのじゃないかと…。
おとなしくて、カメラを向けたら、岩陰に隠れちゃいました~。








連れ合いは、駅があるから来たかったんだよね。
餅があるって言えばあたしが嫌がらないと思ってさ~笑






帰りは米沢駅で駅弁を買い込んで帰りました。




左が新杵屋、右が松川弁当店の駅弁。全部食べたわけじゃないので、詳細は語れませんが、松川弁当の牛肉道場はややしょっぱめのお味。新杵屋の牛肉どまんなか弁当は、しょっぱさ控えめで甘さが前に出る感じ。どっちも美味い!是非食べ比べてみて!
と言っても、家の連れ合いは、松川弁当店の弁当を買うために、入場券を買って構内に入ったのだ…。改札前の売店では、新杵屋のしか売ってなかったから…。やっぱ、駅弁マニア?の執念は違うね~…。

と、牛肉尽くしの米沢の旅でした!いいね米沢。

人気blogランキング地域情報東北地方山形県のローカル情報!






Last updated  2007.09.09 21:13:22
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:

時の宿すみれの続きを若干。美味しい牛肉と美味しいお酒をたんまりいただき飽和状態で、結婚一周年記念の割にはしみじみとした語らいもなく、爆睡…。
朝起きたら、山の向こうに霧がかかっていて、内陸らしい風景だなあと思っていたら、数分後、山から霧が下りてきて、宿の周辺も霧で全然見通しがきかなくなった。私の実家の辺りは、庄内平野のどまんなかで、しかも街中だったから霧なんて数えるほどしか見たことがなかった。これまで見た霧の中で最もすごかったのは、鹿児島まで車で行ったときに、中国地方の山陽道を走っていたときに目撃した霧。時期的には、ちょうど今頃だったんだけど、山の上から下のほうに、霧がどわどわっと滝のように流れ落ちていってて、まるで日本昔話の背景に出てきそうな光景でした。霧って幻想的で好きですね。


あんまし早く寝たんで、朝5時半くらいに目が覚めた…。朝食前、すがすがしい朝の空気の中で温泉を堪能。お風呂はコチラ→時の宿すみれ

朝食は、余計なものがこれまた出てこない。ご飯は大き目の器にふわっと盛ってあって、大きいプレートにご飯を美味しく食べるためのものがいろいろ乗っかってる。この上にのってた牛筋煮がすごく美味しかった。味噌汁も、豚汁風の具なんだけど、やはり牛でした。とろとろの牛肉が入っていて最高。これに、柿と梨がつきました。

←エントランスはこんな感じ。こじんまりしているけど、いい雰囲気です。
↓朝食後は、コチラでコーヒーを頂きました。


ロビーのところにあるお土産コーナーはホントちょっとしかないの。小さいテーブル一つ分です。でも、米沢牛を使った黄木のレトルト商品がいろいろ並んでて、かなり売れてました。朝食に出た米沢牛の筋煮?も売ってたし。米沢牛のレトルトカレーやビーフシチューってのは、すごい高いんですよね。高いのは一袋1,200円以上してた…。ま、そんな高いのは買ってこなかったけどさ。あんだけおいしい牛を食べさせられたら、記念に買いたくなりますよ…。
それから、ウェルカム抹茶に添えられてたメレンゲ菓子も売ってた。これは安くて200円くらいでしたね。あとは、お箸ですよ~。食事のときに使った箸が売られているんですが、銀色の葉っぱが彫ってあってすごくおしゃれだったんで買っちゃいました。1500円もしたけどさ。これを機にマイ箸な人になろうかな~なんて思いました。
この、宿の食事で出した食べ物や、宿で使っている食器なんかを売店で売るのは、由布院の御三家がやっていることで有名よね。小規模ながらも、効率よくそれを実践している宿でした。食事も厳選されたメニューばかりだし、仲居さんは部屋に入んないし、朝食の間に布団を片付けちゃうようなこともないし…。押さえるべきつぼがきっちりおさえられていましたね。非常におすすめのお宿です。

人気blogランキング地域情報東北地方山形県のローカル情報!






Last updated  2007.09.09 21:32:14
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.05
カテゴリ:

宿泊は時の宿すみれ。(←詳細はコチラの宿の公式サイトをご覧ください。)
連れ合いのチョイスでした。歴史ある温泉の宿なんだけど、温泉宿って言うより、美味しい牛肉をいただけるオーベルジュのような感じ。とにかく、牛肉にこだわった食事で素晴らしかったです。
そんな山奥でもなくて、白布温泉とかに比べたら、全然山奥じゃなくて、行きやすいところにありました。ここはお二人様専用の宿ってことで、お子ちゃん連れの家族とかは無理みたいですね。ま、結婚1年経ちましたけど、残念ながらまだ「お二人様」な夫婦なもので…。ま、今のうちせいぜいお二人様を楽しむしかないですなってとこです。


到着すると、チェックインしながら抹茶とメレンゲ菓子を頂きました。このメレンゲ菓子が最高!ロビーの脇に酒蔵?があって、そこで夕食の時に飲むお酒を事前にチョイス出来る仕組みになっています。

お料理は次のとおり!説明するのがまどろっこしいわ!とにかく、郷土料理の冷汁以外は全部牛肉が使われています。牛さんのいろんなところのお肉をいろんな調理法で頂くんです。お品書きがなかったので、もう忘れちゃいましたけど…涙





メインのしゃぶしゃぶは野菜もお肉もたっぷり!お肉が素晴らしいねぇぇ…涙
食べた後には、うどんと餅しゃぶ!うどんはよくあるけど、餅しゃぶを出すとは、わかってるねぇ…!
あたしの場合は、お肉と餅しゃぶを一緒に口に持って行きたい派なんだけどね…。
やっぱしゃぶしゃぶには餅しゃぶは不可欠でしょう!
そして、ご飯も美味かった!あやうくおかわりしちゃいそうになりました…。ぐっとこらえましたけど。



しかし!ステーキを追加しちゃいました…汗
だってねぇ。めったにこんな美味しいお肉食べることなんてないんだもの。
っつーことで、いくらするのかも知らないで追加オーダーしたら、5,250円してました…笑
当然だよね。米沢牛の美味しいところだもん…。
勿論、二人で一つを分けて食べたんだけどね。
いや~、うまかったですぅぅぅぅ…。また何年後か、こういうお肉食べる機会があればね~。



食後はロビーでケーキとコーヒー。
マロンムースとクリームチーズのアイス。3種類のぶどう添え。



お酒もお料理も美味しくて…。とことん牛肉にこだわって、「とりあえず出しとけ」みたいな品が全くなかったので、無駄なものを食べさせられたって感じがしなくてとてもよかった。やっぱ、何か一つこだわりや特徴がある宿っていいですね。

ってことで、まだ若干宿のレポ続きます。

人気blogランキング地域情報東北地方山形県のローカル情報!






Last updated  2006.11.07 21:00:31
コメント(8) | コメントを書く
カテゴリ:

結婚一周年記念小旅行ということで、米沢の温泉に来たのだけれど、全然下調べしないで来たから、かなりベタに有名なお店のみを訪れることになってしまった。
が、やっぱ美味いわ~ってことで、行って大正解でしたけどね。
まず、宿の夕食でおなか一杯食べることになるであろうことを予測し、昼食は食べなくてもいいか~って話もしたのだけれど、やっぱ何か食べたい、ということであっさり中華そばの熊文へ。
あっさりって言っても、結構きらきら油は浮いてますけどね。ここの中華そば、大好物です。煮干?魚系のだしがいい具合にきいていて、庄内でも魚だし系でこれくらいうまい中華そばってなかなかお目にかかれないですけどね。私の好みにベストマッチの中華そばなんです。麺は細麺でかなりの縮れ。ん~、これ職場のお昼に出前してもらえたら涙物っすね。


中華そばを食べ終わっても宿に行くにはちょっと早すぎ。博物館などを見学する気力はなく、ふらふらと市内を車でぐるぐる。そしたらば、前から行きたかった。キヨカの前を通りかかってしまった…!んだば、行くしかね~べ。
っつーことで、あたしはフルーツパフェ1,260円也。うわ~、普段の倍の値段だよ。でも、こりゃ倍するわ。だって普通のパフェの倍、いや3倍?フルーツが入ってるから!普通はグラスの底の方はアイスで埋めるところを大きめの一口大にカットされたフルーツだけで埋め尽くされている。そして、上に乗ってるソフトクリームが激うま!このソフト只者ではないわね。ミルク味だよ。最高だね~っ!!


こちらは連れ合いのジェラートパフェ。こっちもうめ~っ♪
いろんなフルーツのジェラートが乗っかってるんだけど、赤いぶどうのジェラートなんて、なかなかあのお味には他では出会えませんよ~。濃厚でした!

あ~、フルーツ好きなんだからもっと早く行っておくんだったな~。


通年メニューのかき氷も人気みたいね。かき氷の上にはソフトクリームが乗ってるみたいだから、そっちも良かったかも~。

とにかく、フルーツ王国山形とは言え、なかなかそのフルーツを手軽に堪能できる場所がないのが現実。こういうフルーツパーラーがもっといろんなところにあるといいんですがね~。

ってことで、続きは次の日記で!







人気blogランキング地域情報東北地方山形県のローカル情報!






Last updated  2006.11.06 21:53:40
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:
要するに、牛肉の宿ですな。詳細は後日♪

人気blogランキング地域情報東北地方山形県のローカル情報!






Last updated  2006.11.06 20:39:12
コメント(2) | コメントを書く
2006.10.03
カテゴリ:

10月1日の日記。

前日は日本酒とワインとビールをちょっとずつ飲んだだけですご~く眠くなって、10時前に就寝。

必死にコンタクトだけ外して、布団に転がりました~…。

お酒弱くなった~。弱くなったって言うか、すぐ眠くなっちゃうようになりました…。










なので、朝は5時40分で起きて、朝風呂。
海には霧がすごく出ていました。
朝風呂好き~。毎日朝風呂したいくらいだ。
まあ、嫁の立場では無理だね…笑








朝食もヘルシーな感じね~。

生グレープフルーツを絞ったフレッシュジュース、美味い。

湯葉豆腐美味い!豆の味がする~。すごくする~。

カレイの一夜干も美味い。魚って一夜干にすると何でも美味くなるね~。

ご飯も美味しくて、ちょっとだけおかわりしました。







なんだかあわただしくチェックアウトしちゃいました。
このホテルのエントランスはこじんまりしているけれど、なかなか雰囲気いいですよ。

お義父さんお義母さんを迎えに行って、塩釜にお寿司を食べに行った。

塩釜は美味しいおすしが食べられるところよね~。
と言っても、事前のリサーチ不足で、有名店に入ることに…。お目当てのお店は探すことが出来なかった…。



行ったお店は「すし哲」。美味しかったです~。

塩釜から庄内に帰り、〆は大山のいろは食堂。

久しぶりにここの中華蕎麦食べた。

この旅はほとんどお義父さんお義母さんのおごり~♪

ごっつぉー様でした。


人気blogランキング地域情報東北地方






Last updated  2007.09.29 16:11:27
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.02
カテゴリ:
9月30日の日記!
お義母さんお義父さんのお供で松島に行った。
途中仙台の青葉城址に寄った。
ここは、残念ながら眺望がいい他は、ぱっと見はあまり面白いところはないのが正直なところ。
羽黒山の方がよほど見ごたえがありますヨン。

お土産屋さんや飲食店が結構あって、ずんだ茶寮でずんだシェイクを飲んだ。

なるほど、シェイクと言う手もあったね。だだちゃ豆シェイク、あってもいいよね。

でも、ここのシェイクはちょっと甘さが強いかな~。もうちょっと砂糖の甘さは控えめでもいいかも。








だだちゃ豆シェイク、いちごシェイク、メロンシェイク、麦茶シェイクなど庄内の産物でもイケそう…。う~ん、あてくしシェイク好きでもありました。でも、硬めで吸ってもなかなか上がってこない某所のシェイクみたいなのは嫌~い。

青葉城址から松島にGO。






宿はお義母さんお義父さんの宿とは別。同じところが取れなかったので。
我々はホテル海風土ね。アジアンテイストな宿なんすよ。
チェックインしながらハーブティーをいただき、まず疲れを癒した。

で、すぐに海辺の散歩。牡蠣?の養殖と島々の景色がとってもいい感じ。
入り江で波もないから、とても穏やかでね。











福浦島の前を通り過ぎて、おみやげ物屋さんが並ぶ、瑞巌寺の界隈まで歩いて行った。






そこで、息子がモーターボートに乗り込むのを見守るおばあさんに出会いました。
息子がお婆さんに一声かけて海に出て行った後も、ずっと息子の船を見守って一歩も動かず、海を見つめていました。
私は婆っ子だったので、老女の姿には弱いのだ…。
なんだかとっても印象深い光景だったので…。とっさに撮ったのでちょっと小さかったけど…。

宿に戻って風呂に入り、夕食。



やっぱり刺身が美味いね~。日本海側の美味さとはまた一味違う感じです。


いろいろ出たけど、牛肉は出ませんでしたね~。でも、海辺だしあえて肉じゃないくてもいいか~ということで…。カロリー的にはなかなかヘルシーなんじゃないかしら…。鍋も、朝鮮人参やクコの実が入っていたりして、薬膳って感じでした。ふかひれも勿論入ってたし!


して、やっぱ牡蠣でしょ。
私は火が通してあるのが好き。塩とレモン汁でいい感じ~!もち白ワインと一緒ね。
あ、この組み合わせは、新婚旅行のときボルドーでもありましたね~。懐かしい。


ご飯は古代米ね。古代米は結構最近いろんなところで出しますね~。珍しくなくなった分、質が問われます。

白菜の漬物、なんかすごく懐かしい味がした。


そう言えば、静岡の赤出汁美味かったな~。また飲みたい…。









デザートはずんだ白玉と梅肉入りのアイスと梨ね。
白玉はいいですね~。いつでもどこでも大歓迎です。
梅肉入りアイスは、とても感心しました。
梅にありがちな酸っぱさがなく、とても熟成された感じの味で、ラム酒が入っているのでしょうか?ラムレーズンみたいな味がしました。これいいです。梅=酸っぱいと思っている人に一度食べて欲しい味。

お酒は一ノ蔵。辛口でさっぱり系。
おみやげ物屋さんで買ってきて部屋で飲んだ地ビール。松島ビールのBoch美味い!好みの味。蜂蜜みたいな味がします。

 

翌日に続く…

人気blogランキング地域情報東北地方






Last updated  2007.09.29 15:54:14
コメント(6) | コメントを書く
2006.08.01
カテゴリ:


静岡の旅4日目。静岡市の中心にある駿府城に行った。

城の周りを、ぐるっと官公庁がとり囲んでいます。

徳川家康がいた城ですからね…。そりゃ、規模も大きい訳ですが、ほとんど現存しているものがない…。もったいない!なんとその理由というのが、むかつく理由でして…。

まあね、仕方ないっちゃ仕方ないですけどね。羽黒も明治維新で仏教系のものが破壊されたり、時代で価値観が全く変わっちゃったわけですから…。

でも、今は方々でお城が復元されていますから、是非駿府城も、もうちと復元が進むといいですね~。

駿府公園の中にある紅葉山公園

ここの茶室でお茶を頂いてきました。




私は梅ヶ島の煎茶、連れ合いは本山の抹茶の冷茶。
梅ヶ島は、南アルプスのふもと安部川の最上流に位置しており、標高800m、朝霧・夕霧の発生する山間地で、茶どころ静岡の中でも良質のお茶の産地とのことです。昼夜の寒暖の差が大きいため、おいしいお茶ができるとのこと。そう言えば、中国茶なんかも高山のは高級品だわね。
本山茶は安倍川上流の山間地で鎌倉時代から作られてきた伝統のお茶。

店長太鼓判の摘み立て新鮮をお届け!将軍御用達の(極)本山新茶100グラム入り



煎茶うま~い 涙 家で家族の分一気にお茶を出すと、どうしてもいまいちな味になっちゃってさ…。
そして、お菓子は麩まんじゅう!何のお菓子がつくか知らなかったんだけどさ、やっぱり食べ物に関してはついてますね~。和菓子の中で一番の好物の麩まんじゅうでした!あ~、もっちりつるつるで美味い 涙 麩まんじゅうほど美味い和菓子はない!とここに断言します。

公園の後は、公園の向こうで景観を壊しまくっている県庁のビルの展望フロアへ。

なるほど、連れ合いがどうしても行きたかったわけだ。
城跡を上から俯瞰できるからね…。

これで、静岡の旅は終了。

すっかり疲れたので、新幹線で東京へ。

山形新幹線で帰路に着いた。新潟まわりは羽越線が復旧していないので…。
しかしね、そもそも出発の前夜は、国道47号線が大雨で不通になって山形新幹線まわりも危なかったのよ。つくづく、庄内って陸の孤島ね…と思った次第でした。


帰りの新幹線の中で、米沢の駅弁牛肉どまん中を一つだけ買って、連れ合いからちょいと分けてもらって食べた。

うま~い!!

あれ、この旅で一番美味かったかな?これが(笑)やっぱB級グルメな味覚なんだわね~笑
牛肉の一番いいところをパクパク食べて連れ合いに戻したら、すご~く怒られた(笑)やっぱ、食べ物の恨みはおそろしーということを最後に思い知らされた旅でした!!



人気blogランキング←地域情報 庄内ネタもしっかり貯蓄中!やっと静岡旅行日記完結 ちょっと長くなりました~汗 クリックありがとうございます☆

 








Last updated  2007.09.20 21:20:07
コメント(0) | コメントを書く

全115件 (115件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.