1128118 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

田舎のブログ

2020年02月21日
XML
先日、健康寿命と運動と題した研修やストレッチが
町内の多目的集会所で行われました
私は初めての参加でした 見学?
※妻は婦人会の会長時代になんどか参加したようです

参加者のほとんどが65歳以上の地元の方達、 
65歳以下は私と、同級生の女性、そして受付の別部落の女性だったような

         きれいな市役所の職員さんです
    

還暦過ぎても現役で働いている私
本来、会場設営等の準備もその他もろもろの作業をしないといけない立場
少し早い目に仕事を終わって会場に
しかし、準備は終了していました
健康を守る会の保健部の皆さん、区役員の皆さんに申し訳なかったですね
それに別件で、本来私の役目である調査事を
区長さんがおこなってくれていて、会場でその資料を頂きました
T区長さんに感謝です

    

健康寿命とは、健康で自立して生活できる年齢ですね
平均健康寿命は74歳だそうです
熊野市の平均寿命は、聞き間違えたかもしれませんが
男性80歳、女性87歳?
そうなると74歳以降
男性6年、女性では13年、病院や介護のお世話になるのでしょうか?
そこを短くして、健康で居られる期間を長く
嫌われることを書くと
市の国保の支出予算削減目的もあるでしょうね 

私の健康寿命は1歳で終わっています
両股関節脱臼、当時熊野から遠かった松阪の薬王堂病院で手術とギブス
股関節脱臼による臼蓋発達不全、変形性両股関節症の発症
因果関係少ない手足の関節リュウマチにも侵され、こちらは回復

ここ数年前から、胃の検診は毎回ひっかかっています
最近は、帰宅直後の眠気、深夜眠れない日々の連続ですね
足の痛みより、精神的な考えごとが

現在、まっすぐ歩くことも困難、10m歩くと痛み
股関節の影響で今度は腰椎狭窄症(腰全滅)
早急に手術をと県庁所在地の大病院の有名医師から
あと一年歩けるかどうかと言われてから、約2年経過 まだ歩いています
根性というより、アホですね
しかし、アホでも事情があるのです
そうでなかったら、30年以上前から地元医師から勧められている
股関節の人工手術もしています


      一般の方は歩くことが大事、私は歩いたらいけないのですよ
     

健康が一番ですね、
何より人にあなどられませんし、見下げられません、医療費も不要
家族皆が幸せに 子供に心配かけることもなく、妻の苦労も

健康講習
意味合いが違いますが、私にはそれ以上に精神的健康が
私にはストレッチは無理です
椅子に座って少しだけ・・・
健康長寿課の様々な資格を持った
きれいな女性講師から、椅子に座っている方もそうです・・・と
褒めて頂きましたが
首にかけているヘルプマークが見えたのでしょうかね
私は椅子に座って参加させて頂いたのです

参加者は40人少しだったでしょうか
     

体操よりぼーっとしたい私です
孫娘を抱っこしたいです

※余談
最近、妻が登記のことを勉強し、宅地や田畑、建物ですが
そちらの方は任せられますので
少し楽になりました 時間的にですけどね 忙しい私なのです
妻が自分で法務局に行き調べています
妻の実家の相続ですけどね すべて義弟に相続するそうです
私はアドバイスのみ
ただね、同じことを何度も聞かれると・・・・
結局、私がしないと 
怖い妻ですが優しい妻でもあるのですからね
31年間感謝ですね






Last updated  2020年02月22日 06時24分35秒
コメント(0) | コメントを書く
[変形性股関節症・脊椎狭窄症] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Archives

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.