621664 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

RECORDS OF PLEASURE

PR

X

全1554件 (1554件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Music

2021/04/10
XML
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
春のプレイリストに

アンソニー・フィリップスの

「​We're All As We Lie​」を入れた。


この人のしみじみとした曲は秋や冬に合うが、

例えばこの曲は、

おだやかな気候の春向きな気がして、


春のうららかな日に、この曲を聴きながら

ミルクティーなんぞ飲んで、

まったりと過ごしたいと思う。


ただ、この曲が1曲目に収録されている

『WISE AFTER THE EVENT』は、


以前から無人島レコードに選ぶほど

アルバム全体が好きだから、


この曲だけ抽出してプレイリストに入れるのは

なんとなく違う気もする。






Last updated  2021/04/12 04:51:20 AM
コメント(0) | コメントを書く


2021/04/09
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
キュアーは、

ダークでダウナーな曲が多いから、

春のプレリストに入れようなんて考えもしなかったが、


妻に「​The Caterpillar​」ならイイじゃないの?と言われ、

確かに!と思った。


もともとキュアーで好きな曲は、

ほとんどが明るくてかわいいポップな曲だったから、

全然アリ。


十二節気で「啓蟄」なんて日もあるくらいだから、

内容的にも合っているかもしれない。






Last updated  2021/04/10 07:02:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/04/08
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
妻がネットでミュージシャンの訃報を見つけた。


ラルフ・シュケット。


追悼の意味で、

手持ちのCDを列挙しておく。



まず、ダニー・コーチマーや

チャールズ・ラーキーと一緒に

ジョー・ママをやっていた。

 


さらに、やはりクーチらとのつながりで

キャロル・キングの名作『つづれおり』をはじめ

初期のアルバムに参加。

  


そして、トッド・ラングレンの

初期の代表作にもことごとく名前があった。

 

 


トッド関連ということでは、

初期ユートピアの正式メンバーだったので、


私はそれで名前を知っていた。

 


あと、これはトッドつながりというわけではないと思うが、

ホール&オーツのヒット作にも参加。

 


以上、

特に好きなアーティストとつながりがあったので、

本人のことをよく知らないわりに

いっぱいアルバムは持っていた。


最近あまり聴いていないものばかりだったので、

本人を偲んで、しばらくこれらを積極的に聴こうと思う。






Last updated  2021/04/09 06:43:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/04/06
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
ジャズの他にも中古CDを買った。

めずらしくオルタナ系を2枚。



●コールドプレイの『静寂の世界』


ここ数年、中古で見つけるたびに

逆順に買って、遡って聴いているのだが、


今日買ったセカンドは、

近作のようなテクノロジーを駆使した

幅広いサウンドではなく、

シンプルなバンドサウンドながら、

持ち前のスケール感はしっかり感じられるからサスガだ。


1曲も知らないと思いきや、「​Clocks​」だけは知っていた。

いかにもコールドプレイって感じで、かなりの名曲。


全体を通してなんとなくアジカンを思い出したのだが、

それは完全に逆なんだろうな。



●ベックの『COLORS』


この人はずっと名前しか知らなかったが、

去年『MORNING PHASE』を買ったところ、

思っていた感じとは違って、

ゆったりとした浮遊感がかなりクセになったので、

その次の作品にあたるこのアルバムも買った。


これがまた前作とは全然違い、

しっかりとビートの効いたサウンドで、

本来はこういう感じなのかなと思った。


どちらがより自分の好みなのか、

もう少し聴き比べてみないと判断できない。


今の時代、先行シングルという言い方をするか知らないが、

とりあえず「​Dreams​」という曲あたりから。






Last updated  2021/04/08 04:43:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/04/03
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
一冊の本​を買ったことから、

いきなりAOR祭りになっていたが、


春のプレイリストの選曲も続けていて、

例えば、​ハワード・ジョーンズ​のデビュー曲

「​New Song​」も追加した。


よく言われるようにこの曲は、

出だしのメロディが「​Solsbury Hill​」に似ているから、

当時​ピーター・ゲイブリエル​信者だった

私にはなんなく微妙で、

同時期の曲では「​What Is Love?」の方が

断然好きだったが、


長年聴き続けていると

ちゃんと懐メロになるから不思議なものだ。


スキップしたくなるような浮かれた曲調が、

絶対春向き。






Last updated  2021/04/05 05:28:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/30
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
いきなりAOR祭り。


今日は久しぶりに半日ほど遠出したので、

即席で作ったAORのプレイリストを

行きの車の中で聴いた。


とりあえず古い順に並べたら、

最初はやはりボズ・スキャッグス。


そもそもAORというジャンが、

彼の『SILK DEGREES』、

さらに言うと、その中の「​Lowdown​」

から始まったと言っても過言ではないようだ。



でも、私はもともとAORが好きではなかったので、

長年見向きもしなった。


それが今さらちゃんと聴いてみようと思ったきっかけは、

近年の『MEMPHIS』、『A FOOL TO CARE』、

『OUT OF THE BLUES』の3部作。

  

当然ながらサウンド的にはもはやAORではなく、

自分としてはこれらの方が好みだった。


でも、にわかにAOR熱が出てきた今、

「Lowdown」はサスガに名曲だと思う。






Last updated  2021/04/01 06:50:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/29
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
きのうAOR本を買ってから、

一気にスウィッチが入ったので、


とりあえず持っている音源で

プレイリストを作ってみようと思い、



まず、ドゥービー・ブラザーズの

「​ある愚か者の場合​」を入れた。



ドゥービーと言えば、

もともとは「China Grove」とか

「Listen To The Music」あたりが好きだったが、


リアルタイムで聴き始めた時は、

マイケル・マクドナルドが加入し、

AORな感じになっていた後期だったので、


そのギャップにとまどってしまい、

当時『MINUTE BY MINUTE』を聴くことはなかった。


それが遅ればせながら何年か前に

中古CDで買って聴いたら驚くほどハマり、


毎年、夏になると聴きまくるようになった。


最初に映像で観たのが、

夏っぽい雰囲気の野外コンサートだった記憶があるので。


とにかくマイケル・マクドナルドの声質が唯一無二。






Last updated  2021/03/30 08:31:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/28
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
近所の本屋で本を買った。


『AOR Light Mellow』


AORの名盤紹介本。



長年、AORというジャンルには特に興味もなかったのだが、


もともと単体で好きなバンド

(スティーリー・ダン、ドゥービー・ブラザーズ等)や


近年、ちょっとしたきっかけで聴くようになった

アーティスト(ボズ・スキャッグス等)が

AORの代表格だったことで、


こんなBDを買ったりして、


徐々にジャンル自体に興味が湧いていたところへ、

たまたま今日、この本を見つけたので買ってみた。



この本を参考にしながら、

手持ちの音源からAORのプレイリストを作ってみたい。






Last updated  2021/03/29 08:49:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/25
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
春のプレイリストに、

カラーフィールド​の

「​Thinking Of You​」を入れてみた。


明るくて爽やかなサウンドが

春向きな気がして。



スペシャルズやファン・ボーイ・スリーで

テリー・ホールのことは知っていたけれど、

「なぜか」この曲から好きになった気がする。



あと、テリー・ホールはネオアコ系ではないが、

この曲はネオアコ系のサウンドで、


ネオアコというジャンルも、

当時は好きではなかったけれど、

「なぜか」この曲は好きだった。



そんなわけで、

自分の中でいろいろと

「なぜか」理由が分からない曲。






Last updated  2021/03/26 09:40:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/21
テーマ:洋楽(2736)
カテゴリ:Music
ベン・ワットの2ndソロアルバム『HENDRA』に

モロに「​Spring​」という曲があったので、

春のプレイリストに入れてみた。


必ずしも春めいた曲調ではないかもしれないが、

こういう落ち着いた雰囲気の春もアリかなと思って。


古い順に並べていくと、

今のところ一番最近の曲だから、

これでしみじみ〜と締めくくることになり、

かなりしっくりくる。






Last updated  2021/03/22 12:03:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1554件 (1554件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.