735309 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

RECORDS OF PLEASURE

PR

全1742件 (1742件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Music

2022/05/26
XML
カテゴリ:Music
ジェネシスのベスト盤『THE LAST DOMINO?』、


12曲目は「That's All」。



アルバムからの第一弾シングル「Mama」は

国内盤が発売中止になってしまったが、


こちらはちょっと遅れて12インチシングルが出た。


アメリカで不発だった「Mama」と違い、

しっかりチャートの上位に顔を出したから、


日本でも発売に踏み切ったのではないかと

私は勝手に思っている。


ちなみに本国イギリスではどちらも売れたし、

私はもちろんどちらも大好きな曲だ。



で、本題の「That`s All」について。


初めて聴いたのは確か

ラジオ関東の『全英トップ20』で、


よく分からないけれど、

なんとなくイギリスっぽい印象を受けたが、


ずっと後になってから、

プロコル・ハルムの

「The Milk Of Human Kindness」を聴いて

Bメロがそっくりだと思った。



まぁ、前後が全然違うから、

パクリというレベルではないにしても、


どちらもイギリスらしいバンドであることは間違いなく、


私としてはそういう部分にずっと惹かれている。






Last updated  2022/05/27 08:50:19 PM
コメント(0) | コメントを書く


2022/05/24
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
先日から、

来たるべき夏に向けて

ネオアコ助走モードに入っている。


そんなわけで、

アズテック・カメラの『LOVE』から


「Somewhere In My Heart」。

かつてネオアコのくくりで紹介されていたアーティストは

一部を除いてあまり積極的に聴いておらず、


特にアズテック・カメラには全然ハマらなかったのに、

ここへきて大丈夫になった。


それどころかキュンキュンするくらい。


こうなると、

AORと同様にSpotifyで

プレイリストを作るのもアリかもしれない。






Last updated  2022/05/25 03:07:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/23
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
都内に出たついでに

ディスクユニオンで

中古CDを1枚だけ買った。


●ボズ・スキャッグスの『MIDDLE MAN』



私がリアルタイムの洋楽を

ちゃんと聴くようになる直前の作品だが、


この膝枕のジャケットがあまりにも印象的だったので、

しっかり見覚えがあった。


ただ、もしかしたら

『すすめ!!パイレーツ』のパロディの方を

先に見てしまっていたかもしれない。



AORの先鞭をつけたレジェンドの名盤で、

クォリティの高い楽曲が並んでいるが、


曲によっては

ソフィスティケイトされ過ぎているように感じられ、


私が勝手にAORに期待する

ある種のムードから外れる曲もある。


そんな中で、

冒頭の「Jojo」はサスガ。







Last updated  2022/05/25 08:40:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/22
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
花粉が収まった今が

私にはベストな季節かもしれない。



ここ数年、夏にネオアコ系を聴くことが多いので、

梅雨入りする前にワンチャンで

ネオアコの助走モードに入ってみた。


今日は長女の誕生日であるとともに

モリッシーの誕生日でもあるので、

『VIVA HATE』から


まず「Suedehead」。


続いて「Everyday Is Like Sunday」。



今となってはスミスがネオアコかどうか微妙だけれど、

当時はペイル・ファウンテンズなどとともに

ネオアコにくくられていた記憶がある。


このアルバムは、

スミスが解散した後わりとすぐ出た1stソロで、

ちょうど私が社会人1年目の年。


今日久しぶりに聴いたら、

今さらながらものすごく良かった。


ヴィニ・ライリーが参加していたことを

すっかり忘れていた。






Last updated  2022/05/22 09:53:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/20
カテゴリ:Music
先日からSpotifyで作っている

洋楽懐メロのプレイリストは、


1981〜82年に『ベストヒットUSA』で観て、

今でも覚えている曲が基本だが、


ロック、ポップの歌ものに混じって

当時よく聴いたインスト曲があるので、

リストに加えようかと検討していた。


映画『炎のランナー』のテーマ曲だ。


今日なんとそのヴァンゲリスが

新型コロナで亡くなったという訃報が入った。


あまりにもタイミングが合い過ぎて怖いくらい。



ヴァンゲリスの音楽を

ちゃんと聴いていたわけではないのだけれど、


ジョン・アンダーソンとのコラボが何作品かあったので、

それはわりと聴いた。


イエスに加入していたら

この人のソロも熱心に聴いていたかもしれない。


アルバムは1枚も持っていないけれど、

『炎のランナー』のDVDはあるから

追悼のつもりで久しぶりに観ようかな。


そんなわけで、

ご冥福をお祈りします。合掌。






Last updated  2022/05/20 09:23:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/19
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
特に好きでもなかった洋楽の懐メロばかりで

敢えてプレイリストを作っていて、


フリートウッド・マックの『MIRAGE』から


「Gypsy」か

「Hold Me」の

どちらかを入れようと思い

発表年などをチェックしている中で、


脱退したリンジー・バッキンガムの後釜として

ニール・フィンが加入していたことを知り、


さらに、YouTubeをチェックすると、

ちゃんとライヴ映像もあった。



マックのアルバムは1枚も持っていないけれど、

ニール参加のアルバムが出るなら

一応買ってみようかなどと考えていたところ、


関連記事の中に

クラウデッド・ハウスの新作情報が!

実に11年ぶり。


私としてはこちらの方がむしろマストだ。







Last updated  2022/05/20 02:28:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/18
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
久しぶりに妻の実家に行ってきた。


天気も良かったので、ちょっとしたドライヴ気分で、

先日買ったクリストファー・クロスの

『南から来た男』を聴きながら向かった。



このアルバムでは特に「Sailing」が有名だが、

「風立ちぬ」もそれに匹敵する名曲。



コーラスのマイケル・マクドナルドの声が

かなり主張していて、


実際にライヴで共演している映像でも、

マイケルの存在感がスゴい。



ちなみにドラムはスティーヴ・ガッドかな?


最後にクリス自身がギターソロを弾きまくっているのが

意外とかっこ良かった。






Last updated  2022/05/19 06:39:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/17
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
平成元年の洋楽話、最終回。


前々回〜前回と比べると知名度は低いかもしれないが、

まだ他にも良い作品を出したアーティストやバンドがいる。


まず、ワイアーの『IBTABA』。




同じミュートレーベルのイレイジャーの『WILD!』。



ニック・カーショウの『THE WORKS』。



ビューティフル・サウスの1stアルバム

『WELCOME TO THE BEAUTIFUL SOUTH』。



プリファブ・スプラウトの『PRPTEST SONGS』。



ダニー・ウィルソンの『BE BOP MOP TOP』。





ワイアー以外は

後になってから中古で買ったのだが、

発表されたのはちゃんと1989年だった。


まだ他にもありそうだけれど、

とりあえずこれらでプレイリストを作ったので

しばらく聴こうと思う。






Last updated  2022/05/18 09:30:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/15
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
1989年に

洋楽の良いアルバムがたくさん出た話の続き。


大御所のポール・マッカートニーが

久しぶりに起死回生のアルバム

『FLOWERS IN THE DIRT』を出したのも1989年だった。



そのポールと共作した

エルヴィス・コステロのアルバム『SPIKE』も同じ年。



さらにジョー・ジャクソン『BLAZE OF GLORY』。



フィル・コリンズ『...BUT SERIOUSLY』。



トッド・ラングレン『NEARLY HUMAN』。



トム・ペティの初めてのソロ『FULL MOON FEVER』。



女性の大御所、ケイト・ブッシュ

『THE SENSUAL WORLD』。



大御所と言えば、

大御所中の大御所、ヴァン・モリソンの

『AVALON SUNSET』もこの年だった。




学生時代は経済的な理由で

旧作を中古で買うことが多かったが、


地元に戻って就職したことで

都内のディスクユニオンにあまり行けなくなり、


しかも収入はちゃんとあるから

この頃はほとんど新品で買っていた。


そんなわけで、

このあたりが自分にとっての

リアルタイムの懐メロと考えても良さそうだ。






Last updated  2022/05/17 09:25:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/13
テーマ:洋楽(3043)
カテゴリ:Music
Spotifyのもう一つの使い方は、

自分でCDを持っていない懐メロで

プレイリストを作るパターン。


思い出すままに選曲していたら、

1981〜82年はやたらと多いのに、

'80年があまりなかったのは、


'81年に『ベストヒットUSA』が

始まったことが大きい。



そんなわけで、

マーティ・バリンの「ハート悲しく」も'81年。



このPVも『ベストヒットUSA』でよく観た記憶がある。






Last updated  2022/05/14 10:48:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1742件 (1742件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.