1421458 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シュージローのマイルーム2号店ミラー版

PR

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ハヤテのごとく

2013年07月06日
XML
カテゴリ:ハヤテのごとく
zzzz






最終更新日  2016年06月09日 04時13分33秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年06月29日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6123.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 いきなり、ハヤテが女性陣に対して、キスをせがんでくるという普段の彼にはありえない暴挙な事態。
 もちろん、これには訳がありまして、時間もあまりない様子だった。
 実は昨夜、ハヤテの夢の中に、3期に出てきたタヌキが出現。
 いきなり、黒椿の嘆きが襲い掛かる と警告してくる。
 さらに、人の両腕と両脚を生やしただけの壊れかけの時計も登場。
 なんとか話ができる状況になったところで、タヌキは『人助け』という名目で『ある事実』を話すのであった。


 午前4時に目を覚まし、午前7時にグータラな寝相のナギを起こしに向かうも、彼女はいつもどおりの寝言連発で熟睡中だった。
 だけど、ナギの寝言を聞いて、ハヤテはなぜか、険しい表情を浮かべていた。
 そこでマリアさんに昨晩の事を聞いてみると、昨晩は夜更かしをしていたところまではマリアさんは覚えてるのに、ナギが何時に寝たのかについてはまったく覚えていなかった事 だった。
 するとハヤテは突如、キスした事ありますか?と爆弾発言。
 半信半疑で真剣に話してみたものの、当然ながら、マリアさんはその経験は皆無。
 ハヤテは、そんな事あるはずないかと信じれない様子でその場から立ち去る。

 一方、ムラサキノヤカタでは、クラウスさんがハムスター・千桜・カユラが朝食のお世話をしていた。
 ヒナギクは、すでに白皇に登校しているらしい。
 そんな折、クラウスさんが仕入れた キスの天麩羅 が朝食タイムに提供。
 キスって言葉を聞いたハムスターと千桜は、とっても敏感に反応♪
 さらにカユラが、キスの口づけとさらりと言ってしまった事で、2人はさらに敏感に反応。
 逃げる様に、各々の高校へ登校するのであった。
 しかも、そのカユラもまた、何やらいつもの彼女らしからぬ意味深な表情を浮かべていた。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年06月09日 04時13分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月22日
カテゴリ:ハヤテのごとく
製作中で申し訳ないっす。






最終更新日  2013年07月31日 23時43分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月15日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6091.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 なんでか、徹子の部屋風なスタジオみたいな場所でゲストトークをする展開になったみたいな千桜と剣野カユラ。
 司会役のハヤテが出したテーマは『メイド』について。
 千桜は、メイドについて特に大事なものは何かという質問に『作り笑顔だ』と断言し、メイドターンも見事の一言としか言いようがないくらいのテクを披露する。
 本人は必死に否定をするが、完全に職業病ですぞ!!!
 以上、アバンでした。


 生徒会室で『バカとテストと香辛料』のコミックスの1巻を読破した千桜。
 すっかり、作品の虜になっちゃった様でして、周りに見向きもせずにシーンの1つを自分の手で演技をしてみる。
 もちろん、部屋に入ろうとしてた霞 愛歌に、堂々と目撃されてドン引かれてしまう。

 落ち着いたところで、愛歌は『意外と隙だらけ』と忠告。
 当然、千桜は否定をするものの、愛歌は『全部が隙だらけ』と意味深そうな事を言うが、そういう隙だらけのところが可愛いところだとストレートに述べる。
 具体的なところは、愛歌持参の『ジャプニカ弱点帳』+『ジャプニカ暗殺図鑑』の1冊のノートにまとめられてるそうです。

 そんな事を言われた千桜は、自分より隙だらけの人間はいるはずだとおかんむりな様子。
 自分より隙だらけの人間などと言ってるそばから、自分以上の隙だらけの人間を発見する。
 言うまでもないが、この作品イチの隙だらけ人間!?のナギだった。
 体育座りみたいな態勢でベンチの上に座り、そのままPSPのゲームをプレイしていた。
 もちろん、その態勢では―― パンツが見えるのは必然。
 千桜にパンツが見えてる旨の事を忠告されて、ようやく今の自分の態勢に気付くという隙だらけっぷりを見せちゃいました。

 それはさておき、2人の会話は、千桜が持参している『バカとテストと香辛料』の内容に。
 この作品の内容の面白いという事に関しては一致している2人だけど、面白さの部分が完全に異なっていた為に口論に発展してしまう。
 ついには、千桜がヒロインの独特の口調がいいのだと言ってそのシーンのセリフを色っぽく演じてしまう。
 無論、そのシーンは、ハヤテに目撃されてしまいました。

 その後の下校時間の際、泉・雪路・朝風&美希といった面々の『隙だらけ過ぎる光景』を目撃連発。
 だけど、ヒナギクに関しては、無問題だった。
 書類を見てる状態ながらも、飛んできた野球ボールを素手でキャッチ&そのまま平然と投げるという凄技を披露したからだ。
 千桜は、改めて『ヒナギクは隙だらけではない』という現実を思い知らされるのであった。

 ゲームセンターにやってきた千桜は、テンションアガットする為にレーシングゲームにトライ。
 ところが、同じゲームにナギもトライするところだったらしく、このまま2人で仁義なき競争を開始する。
 ところがここで、ナギが千桜の隙だらけな核心部分をぶちかまして動揺を誘ってくる。
 普段とは違う一面をすぐ吐き出す―― というごもっともな欠点を。
 千桜は動揺しつつも、なんとか反撃。
 ナギもレースの事など完全に我を忘れてのぶつけ合い対決に発展してしまう。
 同行していたハヤテは、ナギと千桜は似た者同士だと実感。
 でも、あまりにも乱暴に機械を扱ってるものですから、店の人から注意を受けちゃいました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年05月13日 03時05分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月08日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6077.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 ハヤテがかつて通学してた潮見高校の元クラスメイトにして、現在は喫茶店『どんぐり』のバイト仲間になっている西沢 歩。
 ナギからは、ハムスターと呼ばれている。
 だけど、そんなハムスターが悩んでいる事は、まさかの体重増加。
 前に計った時と比べて、3キロ増加してる というのだ。
 まさかの体重増を見たハムスターは、風呂上がりの際に体重を計ったって事もあり、今度は全裸状態になって再度、体重計に乗って計ってみる。
 だが、実際の体重に変化すらなし という結果に。
 ならばと、最近までちゃんと履けてたスカートを着用してみるが、ボタンが飛んでしまうという非常事態に陥ってしまっていた。

 翌日、どんぐりにやってきたハムスターは、一足早くやってきたハヤテから手作りの肉まん数個を進呈される。
 それを無邪気に食べまくるハムスターは、ここで原因を悟る。
 それは、ハヤテの手作りまかない料理のあまりのうまさに、ついパクパク食べまくったせいで体重が増えた という事。
 ならばと、心を鬼にして食べるのを拒否すればいいと思い、つい食べるのをやめようとする。
 だが、何も知らないハヤテは、お口に合わなかったのだと勘違い。
 これには、ハムスターも罪悪感を感じたみたいでして、断りきることができなかった。
 さらにハヤテは、手作りのクッキーも進呈。
 前に、ハムスターの誕生会の際に作ったモノだそうで、彼女に好評だった為にもう一度作ってみたそうだ。
 ハムスターは、クッキーを食べながら、自分の誕生会のことを思い出していた――。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年05月13日 00時45分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月01日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6063.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 急遽、超ビッグなCM出演が決まったルカ。
 しかも、撮影は、なんと2日後!
 マネージャーはめっちゃ大喜びしまくるものの、逆にルカは超困惑状態。
 まあ、それよりも目の前にある焼肉弁当を見ながら、うどんが食べたいと呟いていた。

 翌日、ムラサキノヤカタにて、テレビに映ってるルカのアイドル姿を見て、改めて『ルカはアイドルなんだ』と実感するナギ。
 一緒にいるハヤテとマリアさんも、ここにルカが住んでいた頃の事を懐かしく思う。
 そんな折、サングラス&マスク姿のルカが、こっそりとナギたちのもとにこっそり訪問。
 本日はオフって事で、ハヤテ特製のうどんを食事&翌日に上記にあるCMが決まった旨を伝える。
 だけど、今回のCMに関して、彼女に致命的な悩みがあるという。
 無論、最初は言いにくそうだったけど、目の前にいるナギが嫉妬する程のハヤテの天然ジゴロな一言によって、その悩みを仕方なく吐露する。
 実は彼女の悩みとは、自転車に乗れない事!
 当然ながら、まさかの事実に驚愕する3人だけど、本人の了承ゼロで事務所とマネージャーが仕事をゲットした以上、本人が拒否できるはずがないのは明白だった。
 ならばと、この1日を利用して、自転車に乗れる様に特訓する事になった。

 とはいえ、いきなり自転車使用&外で練習という訳にはいかないので、ムラサキノヤカタの庭で補助輪使用で練習を行う事に。
 ところが、練習開始直前に千桜が帰宅なうしてきたのを見たハヤテが、彼女と挨拶をかわしてる間に、ルカは勝手に自転車を走行。
 このまま、マリアさんの家庭菜園にダイレクトアタックしてしまう大惨事をぶちかましてしまう。
 もちろん、ハヤテとルカは、当の本人からこっぴどく叱られてしまいました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年05月12日 15時53分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月18日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6034.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 アバンの生徒会三人娘の絡みは放置して………自販機で牛乳を買ってたハヤテは、偶然にも生徒会三人娘の朝風と遭遇。
 しかも、勝手にハヤテが買った牛乳をパクってはそのまま飲み干すという暴挙もやらかしてしまう。
 それはそうと、彼女は最近、自分が泉と美希と三人一緒って事から、3人ひとまとめの3バカと言われてるのを気にしてるらしい。
 もっちろん、ハヤテは『今頃、気づいたか』と呆れつつも、これからは個性を大切にしたバカって扱いにすると宣言。
 でも、朝風はといえば、三人ひとまとめは別に構わずとも、『三人同一の馬鹿』と言われるのが嫌らしく、自分はあの2人よりも賢いんだと告げてしまう。
 無論、これを聞いていた泉&美希は猛反論。
 ならばと、ハヤテが、テストの点を見せ合っての『キング・オブ・バカ決定戦』を提案。
 だけど、テストの点数だけで頭の良しあしを決めるのはどうかと反論されてしまう。
 そこで美希が、自分らが『動画研究会』部員である立場を利用して、おもしろ動画を撮影・動画サイトにアップしてから、それの再生数で決めると提案。
 最下位となった者は、ハヤテと一緒に罰ゲーム。
 当然、ハヤテの事などそっちのけで、勝負を強行開始してしまいました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年05月12日 15時59分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月11日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6018.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 なぜか、来年の受験生用への学校案内という名目で撮影に挑むヒナギク。
 企画したのは姉の雪路だけど、この撮影自体が嘘だった。
 実は、この撮影こそが、ヒナギクの水着DVD作成。
 いつもの金欠病になったから、これを行って販売したりするのが目的だったのだ。
 もちろん、予約受付も行ってる状態でして、これを知ったヒナギクは『肖像権』を盾に教育的指導を行う。
 目論見がバレた雪路は、情けない捨てセリフを残して逃走するのであった。
 でも、胸の大きさに関して、本人はちょっと気にしてるようだった。
 その水着の中身を見てみると、物騒な詰め物で補強しようとしていたから…。

 当然ながら、このことを思いっきり根に持ってるヒナギク。
 ところが、会長室の外の生徒会室では、生徒会三人娘がお菓子を食べたり和気藹々と遊びまくったりしていた。
 前のテストで赤点を取ったから、勉強をする為に集まったのだが、どう見てもそんな雰囲気ゼロだった。
 ヒナギクは、激怒するのを我慢して少し怒る程度で忠告するのだけど、雰囲気的にヒナギクに教えてもらうつもりみたいだ。
 そこに、薫先生の要件でハヤテが書類持参でやってきて、ヒナギクに手渡す。
 そのあと、生徒会三人娘がハヤテに絡む様にふれあったり、ハヤテが美希の肩を優しく揉んだりするなどの光景をヒナギクが目撃しまして、ちょっとうらやましい気持ちになる。
 でも、彼女の性格上、恥ずかしくて素直に自分から言うなどできるはずがなかった。
 唯一の手段は、ハヤテの方から「肩を揉みましょうか?」と聞いてくる事。
 それならば最良な手段だけど、ここで最大の難点が1つ!
 なんとヒナギク自身が 肩をこらない という、見てるこっちが羨ましすぎる体質だった。
 いや、それ以前に、勇気を持って肩を揉んでほしいとハヤテに要望しても、ハヤテはヒナギクを女性扱いされてないから、とても失礼な発言を言うのが目に見えすぎていた。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年05月12日 16時20分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月20日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5968.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 私は三千院ナギ。
 莫大な遺産を受け継いだワガママお嬢様と言われてるが、
 そんな境遇に甘んじるつもりは微塵もない。
 自分の未来は自分で掴み取る!
 漫画家として成功する為に努力している…。

 そんな事を語っているナギだけど、据え置き機用のアクションゲームをプレイしている状況ではなんとも…。
 当然ながら、ハヤテからは的確なツッコミがはいるものの、ゲームプレイに全力全開のナギには聞く耳持たず。
 ついには、マリアさんが電源アダブタを強制的に抜いて終了させちゃいました。


 その日はとても珍しい光景図だった。
 いつもは徹夜する以外は絶対に起きてるはずがない午前4時22分。
 隣で熟睡中のマリアさんよりも先に起床したナギは、まだ早いって事も二度寝しようとするも眠れるはずがなく、仕方なしとばかしに、外の空気を吸ってみる事に。
 もっちろん、熟睡中のマリアさんを起こす訳にはいかないので、自らの手で私服に着替えて、晴れた朝独特の爽やかさと気持ちいいくらいの澄んだ空気の味わいという“新しい発見”を堪能。
 でも、そんな気持ちよさとは裏腹に、当然ながらのお腹の虫の音が鳴っちゃいまして、漂ってくる食事の匂いに釣られて台所へ直行していく。
 そこでは、ちょうどハヤテが、本日の朝食の仕込みをしている最中でした。
 無論、ナギの早朝起きをしている姿に驚愕をしちゃった彼だけど、とりあえずお腹の虫が鳴っちゃったナギの為に、卵&トマトの炒め物という臨時の食事を提供する☆彡
 ハヤテの料理の腕前もあるけど、やはりマリアさんの家庭菜園は甚大です♪

 朝食前の軽めの食事を終えたところで、ナギに濃い目味の紅茶を提供。
 言うまでもなく、この後のナギのネムネム二度寝対策の一環 でして、当人にすぐさま見破られてしまうも、やはり二度寝フラグはバリバリ立ちまくりなのは明白だった。
 それでもナギは、なんとか耐えてみせる&二度寝はしてたまるかと言わんばかりに、昨日録画してた深夜アニメチェックの為に、いつもの大型テレビでの視聴にトライ。
 でも、いくら彼女が気合を入れて挑んでも、当然、耐えられるはずもなし。
 視聴開始すぐの時点で意識が飛んでしまい、頓挫一歩手前の状況に陥ってしまう。

 そういう事で、眠気防止の為に体を動かす事にしたナギだけど、無論、逆効果確定!!!!!
 ただでさえ、体を動かす行為だけで難儀なナギなのに、朝のいい日差しが照らされる窓際で体を動かす暴挙までやってしまったせいで余計に疲労困憊になってしまう。
 結局、疲労困憊のナギは、このまま『休憩』という名の自室ベットで二度寝したのは言うまでもあるまい。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年07月31日 22時59分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月13日
カテゴリ:ハヤテのごとく
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5949.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 なんやかんやで、なぜか4期もやっちゃってるハヤテのごとく!の第4期です。
 今回は、前期みたいに作者が介入した話というよりは、その名のとおり、各キャラのエピソード別的な話になるみたい???
 タイトルは一応、放送前に10話分公開されてるので、そういう感じかな??と思った次第です。
 第1話『綾崎ハヤテ』
 第2話『三千院ナギ』
 第3話『天王州アテネ』
 第4話『鷺ノ宮伊澄と愛沢咲夜』
 第5話『桂ヒナギク』
 第6話『瀬川泉と他2人』
 第7話『水蓮寺ルカ』
 第8話『西沢歩』
 第9話『春風千桜と剣野カユラ』
 第10話『マリア』

 話の予定では、全12話なんだけど、残り2話はどんな話が来るのかは未知数で、まさかのオリジナル結末でこの作品自体が終了ってオチだったりして???
 理由はといえば、この作品は――― 売上厨・批判厨の標的にされてるから。
 とにかくもう、売上厨・批判厨の中身すらないウザさといったら、もう不法投棄そのものでして、普通にアニメを見てるこちらですら不快にさせるくらいの傍若無人、かつアイツ等が大嫌いな中韓の人種と遜色すらないくらい同じ行為をしてるから……って、これ以上言ったら、始まる前からくたばってしまうからこの辺で。
 それでは、スタートです。



 今日もさわやかな朝のムラサキノヤカタ。
 午前5時前に早起きしたハヤテは、アンタが家主でもいいかの様に、みなさんの執事仕事を開始。
 そして、午前5時頃に起床したヒナギクは、今からジョギングタイム。
 ハヤテは、レモンのはちみつ漬けを用意してお帰りを待つ との事です♪

 午前6時頃には、マリアさんも起きてハヤテといっしょに朝食作り。
 まあ最近は、ナギがムラサキノヤカタにやって来るごとにハイテンションになってなかなか寝付けてくれないという悩みから、ついあくびをしちゃいました☆ミ
 そんなお疲れの彼女に、あらかじめ作っておいたレモンのはちみつ漬けを進呈しようと取り出すハヤテ。
 そこへ、ジョギングタイムをしていたヒナギクが帰宅なう~をしまして、ハヤテがあらかじめ用意しておいたお風呂タイムへ(●^o^●)
 無論、ヒナギクにも約束通り、それの進呈がお待ちかねっす。

 午前7時になり、専用部屋で熟睡のナギを起床開始をするハヤテ。
 当然といえば当然ですが、起きる気皆無っす。

 午前7時半頃に、廊下掃除をするハヤテと千桜とご対面。
 彼女から軽めの朝食を要望され、ハヤテもすぐに用意すると行動開始。
 もちろん、こういう生活に、千桜も嬉々しちゃってます♪

 午前7時45分には、白皇の学生服に着替え終えた千桜とカユラが朝食タイム中。
 先程は執事がいる生活に嬉々してた千桜だったが、ナギが何度も未だに起きてきてないという現実に、ほんの少しそういう心境になった自分に後悔。
 ハムスターも一応、朝食タイムを行ってたものの、けっこう時間的にギリギリ状態です。

 午前8時頃、千桜・カユラ・ハムスターは、それぞれの学校に登校開始。
 ハヤテもしっかりと、ハムスター用のリクエストも込めたお弁当も用意して学校カバンの中に入れてる旨を報告しまして、ハムスターも感激♪
 こうして、3人一緒に学校へ登校していきました。
 ここでヒナギクの描写がないって事は、すでに登校済みですよ。

 3人をお出迎えしたところで、ハヤテは別室で勉強開始。
 明後日から期末試験のテストがあるって事で、みんながいない時間帯を利用しての勉強です。
 これだけでも、執事と高校生の両立の大変さがよくわかる一風景。
 でも、その勉強タイムも 午前8時35分 になって、突如の終了を迎える。
 やっとというか意外にも早かったというか、ナギが大慌てで起床しました。
 ご本人は、今日こそ早起きをするみたいな事をやろうとしてたみたいっすが、何度も起こしに行って布団の中で籠城やりまくってはどうしようもありませんからね。
 そんな中、第3期では役目を果たして去っていった後???で出番なしだったあーたんが、超低気圧レベルな眠気満載ながらもベットから起床できました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2013年07月31日 23時32分58秒
コメント(0) | コメントを書く

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.