000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シュージローのマイルーム2号店ミラー版

PR

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

青の祓魔師

2011年10月04日
XML
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4759.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 かなり昔のお話。
 メフィストが老人となにか意味深な会話をしている模様。
 内容からすると、魂を代償とした契約 みたいですが、さっぱりわかりません。


 そして現在。
 雪男から解放されたサタンは、上空に虚無界の巨大なゲートを作り、そこから無数の低級悪魔たちを召還。
 このままでは、物質界が飲み込まれてしまうのは必至の状況。
 そこへ、エンジェルが参上し、1人で虚無界ゲートを破壊しようというムチャぶりを敢行。
 もちろん、エンジェル程度で破壊できる訳がなく、シュラからは、みんなが協力して攻撃しないと破壊すら不可能と注意される始末。
 そんな訳で、エンジェルは協力プレイに仕方なく協力する事にし、この場にいる主な奴らが一斉に攻撃を開始する。
 おかげで、虚無界のゲートにダメージを……と思われたが、なんとダメージを受けたのは、表層部分のみで、虚無界ゲート自身には全然ダメージがなし(><)
 その上、虚無界ゲートは、なんと学園と隣接する一般の街にも無差別攻撃を仕掛けてくる。
 映像から見ても、インディペンデンスデイを思い出すものだけど、なんか危機感感じられないっす。

 一方、漏れ出した悪魔たちの襲撃にしどろもどろの正十字学園。
 結界が破られるという最悪の事態を迎えてしまい、祓魔師が悪魔撃退に当たる展開に。
 ここだけで、色々とツッコミどころ満載だけど、もう無視無視!!!!

 自分が不甲斐なかった為に、最悪の事態になった事を悔やむ雪男。
 でも、燐は叱るどころか「子供の頃みたいに、オレを頼れ」と優しい口調で声をかけてくれて、雪男も少しは救われた様子。
 そこにあまりの恐怖展開に逃げていたクロが帰還し、燐たちにもう逃げないと謝罪。
 本来の姿になり燐を乗せて戦う事になりましたが、どうやらく今の雪男にも、クロの声とかが聞こえる様になってたそうで、雪男もこの件の責任取る感じで燐と一緒にクロに乗り込み、侵攻する虚無界ゲートへ向かう!!!


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2012年02月29日 15時56分27秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年09月27日
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4747.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 サタンによって明かされた事実を知った雪男。
 だが、その内容は、彼にとっては耐え難い真実で心があまりにも大きく揺さぶられるものだった。
 その隙を狙って、サタンは雪男の肉体に乗っ取った上に、その場にいた燐の目の前で、サタンの息子の証である青い炎を力強く放出しながら高笑いする。
 サタンは、雪男か燐の肉体が、自分の器になり得るのを待望 してた事や、物質界と虚無界を1つにして新世界を創造する夢を実現するという夢を実現する為に、15年も待ち続けた事を暴露する。
 そして今、物質界を自由に動き回れる様になり、虚無界のゲートも開いているという好機を得られた。
 弟の衝撃的な姿を見て、燐はサタンの力を受け継いだのは自分だけではなかったのかと愕然としてしまう。
 でも、教会での一件を経験している彼は、すぐに雪男がサタンに乗っ取られてる事に気付き雪男から放れる様に攻めようとするが、簡単に弾き飛ばされてしまう。
 サタンは、教会の一件みたいに、ゲートを封鎖されると困るとばかりに燐の抹殺を開始するが、一部始終を見ていた竜士たちがサタンに牙を向き、なんとか燐を助ける事に成功。
 さらにその場にいるシュラが、自分がサタンをひきつけてる間にその場から離れる様に命令を行いまして、竜士たちもそれに従い燐を連れて脱出を開始する。

 その場に残ったシュラを見て、サタンが一言。
 このみたらし団子みたいな姉ちゃんは!?
 じゅんじゅん、ノリノリっすよ(≧▽≦)綺羅星♪


 なんとか、避難先に逃げてきた一同。
 シュラもなんとかサタンから逃れてその場に参上しまして、今のサタンは、虚無界ゲートが再び閉じられるのを恐れて動く事はないと説明をするも、それはまさに『缶蹴りの様』だと志摩が追加説明をする。
 鬼は、蹴る側の人を捜しにいきたいが、離れた隙を突かれて蹴られたら負け――。
 そんな缶蹴りの遊び状態が 現在の状況 だという。
 だけど、この状況がいつまでも続く訳がないのは明白で、自分たちがやるのは、虚無界ゲートを封じる事及びサタンに取り憑かれた雪男を助ける事……だけど、前者ならまだしも、後者の方は、その状況になった人間を元に戻す方法を知らないという。
 だが、教会の一件を知っている燐は、雪男の心はまだ中にあるのだと語り、再び戦場へ向かってしまい、シュラも燐を止める為に燐の後を追いかけていく。
 無論、サタン撃破を目標にしていた竜士も動こうとするが、自分たちが行っても足手まといになるだけだと出雲が指摘。
 彼女は、朴の為にもここに残ると苦渋の決断を吐露する。
 そんな彼女らの決意に、椿が、みんなの力を必要としている人が多くいると言って、祓魔師使用の鍵束を渡す。

 一方、虚無界ゲートがある場にいるサタンは、夢見た世界はもうすぐできる と、思いをはせている様子。
 すべては、ユリの為…。
 閣下との夢を実現する為に、そこまで――――。
 でも、閣下は すでに夫子いる身 なんですが【オイ!】


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2012年03月31日 23時42分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月06日
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4650.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 燐の周りの人間を次々と襲っている仮面を被った者。
 その正体は、なんと ネイがウスの妻 だったのだ!!!!
 あまりにも愕然とする正体を知った燐たちだが、ネイがウスの妻は隙を突いて逃走。

 その頃、お店の手伝いをしているしえみは、庭から響いた音に驚きそこへ向かうと、誰かが意識を失って倒れていた。
 だが、その人物こそが、ネイガウスの妻 だったのだ( ̄口 ̄;)!!!
 もちろん、事件の犯人が彼女だというのを知らないしえみは、すぐに彼女を中に入れようとするが、非力すぎる彼女には持ち上げるのも命がけの状態。
 なので、ニーちゃんや庭にいる自然の友達が協力して、彼女を自宅の中に運び込みました。


 一方、エルンストに呼ばれて夕日見える食卓の場にやってきた雪男。
 エルンストは、いきなり母親であったユリに面影が似てると言い出し、今までは獅郎が指名したメフィストが燐&雪男の後見人となっていたが、彼が正十字騎士団に逮捕されてしまった事で、祖父である自分が雪男と燐を引き取る事にした旨を語りだしました。
 雪男は、子供の頃に母親の絵を各宿題を出された際、燐は想像上で描いたに対して、自分は描く事すらできなかった事を吐露したものだから、エルンストは15年もの間、幽閉されていた為に寂しい思いをさせていた事を謝罪した上で、15年前の青い夜ですべてを失った事や雪男が知らなかった事実??を語りだす。

 ユリを殺したのは、サタンではなくて、ヴァチカン だという。
 実はあの日、ユリはサタンによって子供を宿してしまったそうで、無事に出産したものの、ヴァチカンの正十字騎士団にバレて捕まってしまい、中瀬の魔女狩りの再現の様に処刑されてしまったという。
 エルンストも、その父親として、今まで幽閉の身だったとの事。
 なんとか、幽閉の身から解放されグレゴリの脅威は去ったのだが、雪男にこういう事を話したのは、どうやら悪魔の力に覚醒済みの燐も受け入れる態勢はできてないからだそうな。

 これだけでもなんか嫌な感じ満載なんだけど、彼らを乗せている列車は、トンネルを抜けて巨大な要塞みたいな場所に到着する。
 なんでも物質界を守る為に作られた要塞だそうで、エルンストは雪男に、共に戦わぬかと手を差し伸べてくる。
 一応、簡単にまとめたりしたけど、いまいち話の筋が全然ちんぷんかんぷんです。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2012年03月31日 23時36分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月30日
カテゴリ:青の祓魔師
しばらくお待ちください!






最終更新日  2011年09月30日 23時59分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月23日
カテゴリ:青の祓魔師
しばらくお待ちください!






最終更新日  2011年09月30日 23時59分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月16日
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4556.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 突如、出現した黒い影。
 ある日、燐と出雲がバッタリあって話をしていたら、突然、2人の横を通り過ぎる様に、黒い影が通り過ぎていく。
 突然すぎる事態だったが、異変を察知して駆けつけた雪男がなんとか追い払ってくれたものの、悪魔の退治には至らず逃走を許してしまいました。

 そんな訳で、塾生たちに、メフィストと雪男が説明を執り行う。
 どうやら最近、学園内に グフウ という悪魔が侵入しているというのだ!!!
 本来ならば、この学園の敷地内に中級以上の悪魔が侵入する事は不可能だが、なんらかの原因でその悪魔の侵入を許した可能性があるって事で、2つの原因が述べられる。
 結界のどこかの綻び または 手引きした者の存在。
 とりあえずは、講師たちはグフウの捜索を、塾生たちは結界の点検に向かう事になりました。
 無論、燐は不参加で、雪男監視の中での訓練の続き です。


 その結界の点検なんだけど、なんと 12000箇所 という膨大なもの!!!
 これだけでも相当の時間がかかるのに、燐はまだしも三輪くんもいない状態。
 志摩も、三輪がここを辞めてしまうのではないかと危惧してしまうが、竜士から見たら、それは絶対にないと断言する!!

 しっかし、その三輪くんはといえば、かなりヤバイ状況に(><)
 わずかばかり、完全に悪魔に取り込まれていないものの、三輪が魔の者に変貌するのも時間の問題です!!!
 もちろん、グフウは、完全に三輪を取り込もうと『自分の心の闇を認めろ』と唆してくるが、それでもなんとか自我を保とうとする三輪の前では、取り込むのはこのままでは無理と判断し、チャンスを覗おうと静かに潜む。
 それは、彼の心が憎悪に染まった時 がチャンスと信じて――!


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2012年02月29日 23時40分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月09日
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4555.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 メフィストと燐の懲戒尋問の最中、怒りに狂えるアマイモンが来襲してくる!!!!
 もちろん、シュラと騎士のエンジェルが迎え撃つのだが、もはや怒りに狂い巨大岩石のゴーレムみたいなのと一体化しての来襲なだけに、パワーや凶暴性はハンパじゃない状況。
 そしてついに、メフィストたちが尋問している部屋に乱入してきて、クリスタルの中に閉じ込められてる意識喪失中の燐を偶然ながら解放した上に無差別の大暴れを行ってしまう。
 尋問を行う賢者たちは、どんな手段でもいいから倒せとメフィストに命令。
 前話で賭けの提唱をしたメフィストも、しめしめと感じたでしょうな(>▽<)

 そこに、京都で倶利伽羅の修復を終えた竜士たちがその場に参上しまして、大暴れするアマイモンに対処しながらなんとか燐の手に倶利伽羅を渡す事に成功する。
 燐もようやく意識が戻った上に栗からも戻ったという訳で、久々の大暴れ開始♪
 尋問の部屋を完全破壊する程の大暴れを見せるのかと思ってましたが、心機一転って感じで、あっさりとアマイモンを瞬殺して終わらせてしまいましたよ(>_<)
 これを見ただけで、オリジナル展開がヤバイものになりそうな予感満載でした…。

 アマイモンは撃破したものの、やっぱりボロボロ状態のままで拉致された事もあり、すぐに力尽きて倒れてしまう。
 そんな彼に、急いで駆けつけたエンジェルが首を切り落とそうと構えるが、賢者たちはそれを阻止。
 結局、燐の身柄は、正十字学園正式預かり となりましたが…。


 後日、その事が職員たちに正式に通達された。
 無論、再び暴走となると、燐の殲滅は必至。
 そこで、賢者側から、条件 をつきつけたそうな。
 それは、雪男から見れば、無謀な賭けだと指摘する程 だった。

 1.半年後の祓魔師認定試験合格。
 2.24時間態勢で、シュラ&雪男で燐を監視。

 雪男でなくても、視聴者から見たら 無理です!と即答する条件だわ(><)
 だけど、メフィストもシュラも、条件を飲まざるを得ない様子。
 雪男も覚悟決めないと無理っすね。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2012年02月29日 23時40分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月02日
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4554.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 アマイモンの圧倒的な力の前に、ついに悪魔の力を解放してしまった燐。
 今までみたいとは違い、仲間たちが見てる前 での力の解放だ!!
 その甲斐もあって、なんとかアマイモンを圧倒しメフィストの手で鳩時計の中に閉じ込める事に成功したものの、怒りに身を任せての力の解放だった為、燐の暴走する力に倶利伽羅がついてこれずにヒビが入ってしまった上、せっかくアマイモンを封じた鳩時計を破壊した上にメフィストに牙を向けてしまうという事態に!!!
 しかも燐自身も自我を保てず、ついにみんなの前に悪魔の姿を完全に晒してしまう。
 でも、そんな彼の元に駆けつけたのは、なんとしえみ。
 シュラと雪男も駆けつけたにも関わらず、それでも今の燐の胸元に駆け寄るという無茶をやらかす暴挙もやってのけたものの、そのかいもあって、なんとか燐の理性が戻り青い炎も収まる事に成功しました。
 これで一件落着………な訳がなく、上一級の祓魔師にして現在の聖騎士の称号を持つアーサー・オーギュスト・エンジェルがその場に登場しまして、まずは事情の説明を求めてくる。
 1つは、獅郎とメフィストが結託して秘密裏に行ってる事の調査報告。
 そしてもう1つは、サタンに纏わる者と断定された場合の排除。
 これらの事情に、雪男もシュラも険しい表情を浮かべる。
 さらに、その場にメフィストも登場してしまった事で、決定的証拠 とされ、一気に燐の殲滅に執り行う!!
 もちろん、シュラもアーサーの行為を止めようと魔剣を取り出して応戦するも、あっけなく背後を取られる。
 それだけでなく、燐もアーサーと同行していたほかの祓魔師に確保されてしまい、グレゴリからの伝達により決定されたメフィストの懲戒尋問に対する証拠物件として連行されてしまいました(>_<)
 だが、メフィストは、連行される前に、刃にヒビが入った倶利伽羅を雪男に渡すも、今の倶利伽羅では、もはや燐の青い炎を抑える事はできないと忠告した上で、同行しようとした雪男に、塾生を最後までちゃんと引率する様にと指示を出しました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2011年10月01日 02時01分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月26日
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4553.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 なんとか、化燈籠を沼を越えて向こう側に移動することができたが、燐が不注意につり橋に封印されている悪魔を解いてもうてさあ大変な状況になってしまいました。
 燐が悪魔の手に捕縛してしまったけど、彼から見れば、1人になったところで青い炎の力を発動させれば問題ないという訳なので、その為にほかのみんなを化燈籠を持たせて先へ行く様に仕向けるのですが、竜士だけは、以前から燐が自分だけ犠牲にして他人を助ける態度がどうも気に喰わないみたいで、燐を助ける為にこの場に残って悪魔の動きを封じる行動に出てしまう!!!
 おかげさまで、燐は安全に脱出できたものの、その行動は、悪魔を少しの間だけ封じてるだけなので、みんな一緒にこの場から急いで逃走して行きました。

 助けられた燐は、竜士に礼を言うが、竜士からしたら、借りを返しただけ だという。
 彼には、子供の頃に父親をボロボロにしたサタンを倒すという野望を持っているが、それを恥ずかしげゼロでサタンをぶん殴ると宣言した燐を見て、少しばかり救われた気持ちを持ったそうな。
 だからこそ、なんでも1人で解決しないで、味方がいるのを忘れるな と言ってくれまして、ほかの同級生たちも燐の味方だと微笑んでくれました。
 燐からすれば、とても嬉しい事。
 だが、もしも自分がサタンの息子だとバレた時の恐怖が脳裏に浮かんでしまうのだった。
 

 なんとか、雪男たちが待ってるキャンプ地点に戻ってこれた一同。
 でも、出雲と宝が、すでに化燈籠を持ってお待ちかねしてました(>▽<)
 出雲の場合は語るまでもないけど、宝はどうやって持ってきたのかわかりませんが…。
 ところがここで、しえみが 首の裏側の痛み を訴える。
 シュラは、誰1人としてギブアップしてるのがいないはずなのに、ロケット花火が上がった事に不審を感じてしまうのですが、その彼女の疑問の間髪をいれずに、アマイモンが使い魔のベヒモスを引き連れて参上してくる。
 シュラは大急ぎで魔法円を発動させ、アマイモン&ベヒモスの侵入を防ぐ事には成功する。
 彼女の話だと、この円の中は強固なのでしばらく安全だとの事。

 一方、結界によって防がれた上に吹っ飛ばされたアマイモンは、少し殺意を醸しだすが、ここは様子見をしていたメフィストに指摘されちゃいました。
 1人でも殺したら、ワタシがお前を殺す♪
 ちょっと怖いよ、メフィストさん。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2012年02月29日 23時40分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月19日
カテゴリ:青の祓魔師
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4552.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 学園もついに一学期終了&夏休み突入♪
 ほとんどの生徒は、夏休みを利用しての里帰り組でして、竜士ら京都組も里帰り……な訳がなく、祓魔師候補生のみんなは、夏休みの期間の一部を利用して『林間学校』という名の3日間の実践訓練を行う事に!!!
 引率するのは、雪男&シュラ。
 あと、この林間学校は単なる実践訓練ではなく、今後の実践任務に参加できるどうかのテストも兼ねてるそうな!!!

 そんな訳で、林間学校の会場である 森の中 に到着。
 燐はピクニックみたいではりきりまくりで、なんとシュラの分の荷物も背負ってもなお平然としてます♪
 まあ、彼の体力は宇宙 ですから。
 でも、この森は、昼間は安全だけど、夜は下級悪魔の巣窟になるそうな。
 その為に、昼の間に急いで拠点を作る必要があるそうでして、到着してからすぐにテント建立や魔法円描きなどといった拠点づくりを急いで行っていく―― 言うまでもなく、男性陣はテント造り及び炭おこし、女性陣はシュラの指示に従いながら魔法円描き及び夕食の支度ですが。
 男性陣がテント造りをしているのを見守るしえみだけど……彼女を見る出雲は、かつてしえみに『嫌い』と言っていたが、それでも自分に慕うしえみを理解できない程に不思議がってます。


 燐たちの炭おこしは順調に進むも、夕食づくりをしているしえみ&出雲の方は悪戦苦闘しまくり。
 これには、燐は見てられないとばかりに動き出しまして、1人で見事すぎるカレー作りを行う!!!
 語るまでもなく、味は保障OKです?
 燐のカレーを堪能して喜ぶみんなの姿に、こういう楽しい気持ちになるキャンプを初体験する燐。
 それもそのはずで、幼児の頃の一件で、獅郎から「誰かの為にもっと優しい事の為に使え」という言葉を胸に、困ってる場面で助けたり他人をバカにしているのを見過ごせずぶん殴ってしまったりしたけど、生まれながらの巨大な力が災いして、中学校では他人と孤立してしまったり、文化祭の最中でも自動早退したりして学校をサボったりと、こういう楽しい事は経験していなかったのだ。
 仲間ってこういう感じなのか…。
 そう実感する燐でした。
 そんな彼の姿を見ていたしえみは、どうやら最近、燐の様子がおかしかったから心配していた事を雪男に話す。
 雪男は、しえみが燐をよく見ているんだとさりげなく吐露する。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2011年10月31日 23時44分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.