1438175 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シュージローのマイルーム2号店ミラー版

PR

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

神のみぞ知るセカイ シリーズ

2013年10月05日
XML
製作中です






最終更新日  2013年11月30日 23時30分38秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年09月28日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、fc2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6312.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 街の上空に大胆不敵かつ堂々と活発に動き回るヴィンテージの兵士たち。
 天理&ディアナは、自室に隠れざるを得ない状況に不安視していました。
 そんなヴィンテージたちは、ついに強硬手段を開始。
 自分たちが捕らえた『攻略済みの女性たち』に向けて、捕らえた人間たちの中に潜む女神たちに出てくる様にと脅しをかけてくる。
 もちろん、出てこなければ、1人ずつ殺していく と追記いたしましたが。

 桂馬たちを先に行かせたハクアは、本性を露わにしたリューネと死闘。
 なぜ、戦いをはじめようとするのかと彼女は問うが、リューネはそれに答えぬどころか、前にかのんに呪いをかけた短剣を出して、本能の赴くままに猛攻撃しまくる。
 ハクアも、リューネのナイフ首近くを軽く突き刺されて負傷してしまい、一気に窮地に陥ってしまう。
 戸松さんも狂気ボイス出して頑張ってるけど、やっぱりあやちーから見たら『まだまだだね♪』ですね。
 あやちーの狂気ボイスは、マジで怖かったので(><)
 来年の某Evoで、ほぼフルボイスVer.として復活しますが、余計に怖く感じるわ。



 一方、歩美を捜しに向かう桂馬&ちひろ。
 羽衣の能力で透明化してもらったものの、離れて行動を取れば、互いの存在を確認するのが困難になる為、一緒に手をつないだ状態で搜索に向かってました。
 やがて、ノーラからもらったモバイルから、歩美の位置が特定され、急いでそこへ向かおうとする2人。
 その時、2人の間を一般人の自転車が通りかかりまして、互いの手が離れてしまう!!
 これによって、桂馬はちひろの、ちひろは桂馬の姿が見えなくなってしまう( ̄口 ̄;)!!!
 ちひろも不安になって咄嗟に大声をあげようとしてしまうが……そこへ、ヴィンテージの兵士2人が、彼女の前後を取り囲む様にして出現してしまい、ちひろも立ち竦んでしまう。
 そんな彼女の反応に、桂馬は愛の抱擁(●^o^●)
 無論、彼女に静かにする様にという意味合いでこういうシチュを行ったんですが……これによって、ちひろは落ち着いた模様で、逆に安心感を感じたみたいっすね♪
 幸いにも、ここに来たヴィンテージたちは、桂馬&ちひろを発見した訳ではなく、すぐさまこの場から立ち去っていきました。

 桂馬の機転で、なんとか気持ち的にも落ち着き安心感も得られた感のちひろ。
 プチツンデレっぽい態度を見せちゃう部分もありましたが……そんな折、桂馬の胸ポケットに入ってたギターのピックの存在に気づきまして、こちょこちょしながらそれを奪い返す。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2013年11月04日 09時08分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月21日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6298.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 激しく動き出したヴィンテージたち。
 そのせいで、桂馬が今まで攻略してきた女性たちが次々と拉致られていってしまう事態が発生してしまう。
 拠点に身を置いているリューネは、自分は既に一生分の仕事を終えたし、地獄が復活したら楽できそうと優雅に吐露しちゃってました。
 しかも、その期限は――― 明日!

 女神を含めた攻略対象の女性たちが次々と拉致されていく事態の中、桂馬&ハクアは、ちひろを連れて歩美の自宅に直行する。
 もちろん、このまま最後の女神に確定された歩美に告白する為 である!!!!

 ところが、歩美は―――― 只今、入浴中♪
 桂馬から『告白しに行く』という伝言をは聞いてるものの、それでもファンサービスを敢行していました☆彡
 そうとは知らず、なんとか歩美の自宅に到着した桂馬は、なんと歩美の部屋に直行する為に不法侵入開始という大暴挙を実行し始めていたのだ。
 まあ、物音に気づいた歩美が、浴室の窓1枚を挟んだ外の様子を眺めちゃった事でご対面&まさかの歩美の全裸シーンを直視というラッキースケベ展開を眼福できましたが(●^o^●)/

 それはそうと、もう話をしたくないとばかしに、お湯をかけて桂馬を追い出そうとする歩美。
 でも、桂馬は、そんな歩美と話をしようと、必至に粘りの言葉をかけるが……自分だって訳がわからないと語りながら、ノーラが調達して桂馬に手渡したハンカチを取り出して濡れた顔を軽く拭いた時、まさかすぎるというかあまりにも洒落にならない非常事態が発生してしまう。
 なんと、そのノーラが調達したハンカチってのが、歩美のパンティだったのだ!!!
 おかげさまで、歩美は動転してしてしまい、ダイレクトに桂馬に全裸を丸見えされる展開になってしまい、ちょっとどころじゃない険悪なシチュになってもうたよ(ToT)
 それでも、ここでくじけないのが 落とし神の所以 というもの。
 浴室の窓1枚を隔てた状態から、桂馬は歩美に告白☆彡
 歩美もそれを耳にして、少しばかし嬉しそうな気持ちを蘇らせちゃったみたいでして、再び浴室の窓を少しだけ開封したその時、桂馬のさらなる口擊が追加される。
 来てくれないと……パンティ、返さないぞ。
 彼は歩美に、自分が指定した場所で待ってる事を通達した上で、そう述べたのだ。
 これによって、歩美に指定場所まで来させる舞台の誘い込みを通達する事ができまして、桂馬は一足先に指定場所へと逃走。
 歩美も、返せ!! と言いつつも、ちょっと意識しちゃってる様子です。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2013年10月31日 22時45分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月07日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、fc2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6269.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 勝負をかけにきた桂馬は、ちひろを連れて校舎の屋上へ。
 もちろん、屋上への扉は暗証番号で鍵をかけられてるものの、すでに調査済みだった。
 しかし、その光景は、歩美に目撃されてもうた!!
 彼女は、桂馬とちひろの恋が無事に成就してくれる事を願いつつも、なぜか素っ気ない様子だった。

 さてさて、屋上へやってこれた桂馬とちひろ。
 あかね丸が見える位置を眺めたりしながら、何か言葉を出そうとするちひろだけど、緊張しまくってるせいで会話が出てこなかったりするなど、空振りしまくり状態。
 桂馬も、いつものちひろと違うから調子狂ってるみたいで、こちらもなかなか言葉が出てこない様子だった。
 それも当然で、ちひろもまた、桂馬とこれだけ会話どころか彼みたいな人と人前を歩く事など予想だにしていなかったそうな。
 それでも彼女は、ベンチにもたれかかり、今日は彼と一緒にいたい と本気で思った旨を吐露。
すると桂馬は、自然とちひろの両肩を手にかけてこのまま押し倒してしまうと、馬乗り状態の態勢にしてからキスを行おうと顔を近づけていく。
もちろん、突如すぎる事態に抵抗してしまうちひろ。
 しかし、桂馬の“覚悟”は本気だと感じたみたいで、すぐに抵抗をやめて桂馬とのキスを受け入れる事を選択。
 このまま、2人はキスを行おうとしていくが……ここでちひろが、衝撃的な一言をつぶやいてしまう!!!
 桂木、優しくしてよ…。
 私、初めて…だから。

 その言葉を聞いて、愕然としてしまう桂馬。
 もし、攻略の際の記憶があったら、この状況になれば、動揺してつい『覚えてる』様な素振りとかをするはず。
 ところが、今回のちひろは、本気の緊張 を催しているのだ!! 
 それを意味するのは――― ちひろに 女神がいないという確定 だった。

 一方、歩美はといえば、女子更衣室にある鏡の前で、鏡に映る涙目の自分の姿を見つめていました。
 すると、彼女を写す姿が変貌し、銀色の髪の少女が出現。
 そう、最後の女神メリクリウスは、歩美の方だったのだ。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年10月23日 04時41分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月31日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、fc2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6255.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 ノーラが吐露した“噂”が、大きな疑念となってるハクア。
 そこで、ドクロウ室長を含む駆け魂隊の討伐隊地区長の定例会議の中で、なんと『質問』という形で、駆け魂隊の中にヴィンテージのスパイがいる旨を大々的に披露!!!!
 もちろん、駆け魂隊はあくまで、駆け魂の拘留が目的だから不必要な発言は控える様に!と室長は厳しく返答するのでありました。
 考えすぎかな??
 そう思うハクアだったが……それが、最悪の形での杞憂 になってしまう。
 とりあえず、集会が終わり、桂馬へのお土産を購入してから地上へ帰還して彼と合流しようと出獄の手続きを取ってたその時、突如、公安部の兵士3名が彼女を取り囲む様に現れ、問答無用かつ躊躇すらなく彼女を拘束して連行してしまったのだ。


 そうとは知らず、リビングのソファーで就寝していた桂馬の元に、ディアナが突如、窓から参上してくる。
 朝頃は酷かった風邪も、なんとか就寝から目覚めた夜中頃には少しばかし回復した模様っすね。
 それはそうと……ディアナがやってきたのは、アポロの神託を仰ぐ為。
 さらに言えば、何やら不吉な予感を感じた そうでして、大急ぎで確認済の女神たちをこの場に呼んでもらう様、お願いを申し出てきました。
 当然、なぜかと聞こうとする桂馬だが、ディアナのあまりにも真剣すぎる表情をしての要望に、仕方なくこれを聞き入れざるを得ませんでした。

 とりあえず、明日はドラマの撮影の偽かのんことエルシィを叩き起こした上、女神が“表”に出ない様に、羽衣の能力で女神の宿主を覆い尽くして運搬。
 かなりのハードプレイだったけど、なんとか確認済の栞・結・月夜の3人の連行に成功すると、ディアナは、呪文を唱えて3人のうちに潜んでいる女神たち3人
 ところが、ディアナたち以外の女神たちはといえば、桂を“表”に出してきました。
 もちろん、宿主の方は爆睡中である為に、今回の件を知る事はない そうだ。
 そして、幾星霜の時を経て、姉妹たちの再会を喜び合う4人。
 もちろん、この再開劇には完全興味ゼロの桂馬は、すぐに本題に入れと要望。
 ところがここで、ディアナ以外の女神たちはといえば、桂馬は自分の宿主の物だと言わんばかりに、深夜の大討論を開始。
 しかも、制止に入ったはずのディアナまでもが、桂馬は自分の許嫁 と宣言するわ、ほかの3人はすでに翼が健在なのに自分だけが~とプチ鬱状態に(><)!!
 このままでは説明すらできないので、桂馬とディアナは、3人をかのんがいる部屋に案内する事にしました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年10月23日 04時23分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月24日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、fc2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6240.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 未だに復活の兆しがないかのんの代わりを務めるエルシィ。
 やっぱり、かのんの超絶ファンとだけあって、ステージ上でのかのんの演技はバッチリすぎるばかし。
 無論、ずっとかのんのオン演技は疲れるので、かのんの姿で消防車遊びをしたりしてするなどのオフモードで、なんとか精神的バランスを保ってる状態です。
 1クールで女神篇をやる都合の為、かのんの姿でのエルシィの生活模様は、数分程度にギュウギュウ詰めにしてまとました。
 そんなエルシィから見れば、桂馬の事が心配。
 だが、彼女の心配は的中してしまい、ついに風邪で倒れてもうた!!!
 原因は、ただでさえ前日から体調が優れない状態だったのに、栞の女神降臨のお膳立てをしたりする為に、寒空の図書館にずっと泊まり込みをしたから だった。

 時間はすでに、正午を少し超えた頃。
 もう完璧に無断欠席状態になってるのは明白だけど、なんとしても学校へ行かないといけないのだ。
 残る女神メルクリウスは、歩美かちひろのどちらかにいるのだから。
 だが、風邪が悪化したせいで倒れた体ではまともに動けぬ状態では、どうにもならない状況だ。
 意識も薄らいでいき、このまま静かに沈んでいこうとしてたその時、謎の男性の姿が!!
 この男性こそが、ノーラのバディである浅間 亮。
 見ての通りのイケメンだが、神のみ全キャラの中で 最大級のバカ である!
 無論、地獄にいるノーラからの命令で参上しまして、桂馬から目を離さない様に と指令を受けました。

 とりあえず、生命の危機だけは脱した桂馬。
 だからといって、このまま女神探しイベントを中断させるわけにはいかないって事で、自宅に置いているエルシィのケータイを亮に持ってこさせる。
 彼が目論むのは、お見合いイベント!!
 桂馬いわく、鉄板中の鉄板イベントです!!!!

 まずは、エルシィのケータイで歩美に電話。
 もちろん、エルシィかと思ったら桂馬だったことに驚いて教室のベランダに移動しちゃった彼女だけど、桂馬から、エルシィからの頼みで今日は用事で休む&自分は具合が悪い旨を伝えられる。
 今は余計な事は言わずに、上記の要件だけ述べて電話を切った桂馬は、歩美が放課後に来てくれる事を祈る気分で見守る事に。
 一方、まさかの桂馬からの電話に驚いた歩美は、ちょっと誰かからの電話を放置させて昼食を食べようっと態度でごまかしちゃいました。

 桂馬的に、歩美を待つ事にした桂馬。
 ところがそこに、歩美や同級生の女子1名と一緒に昼食の席に同席してたが飲み物を買いに席を外したちひろから電話がかかってくる。
 もちろん、エルシィに電話をかけたんだけど、相手が桂馬だった事にビックリ。
 桂馬は、状況を知らないちひろが歩美と一緒に来られるの危険と判断しまして、法事で自分以外はいないから来ても誰もいないぞと忠告して一方的に電話を切る。
 無論、ちひろに関しては、あとでイベントを起こすつもりみたいですが。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年10月23日 04時29分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月17日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、fc2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6226.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 女神捜索6日目。
 いつもみたいに、図書館の受付にいる栞。
 だけど最近、大きな違和感を感じていた。
 彼女は今、“恋愛”という名の得体のしれない“怪異”に囚われていると思い込んでいた。
 その相手は、倒錯・変態・女装を行い、さらに約束を守らない男 な男(桂木桂馬)。
 しかもそれは、前に自分が起こした図書館に篭城していた事件の際に助け出してくれた人と同一人物 と思っていました。

 さてさて、上記にある 約束を守らない という部分。
 実は桂馬、前に栞との邂逅の際、明日、栞の小説を見に来ると手書きで約束をしておきながら、栞よりも結とのデートを優先して来訪しなかったのだ。
 無論、栞は彼の来訪をずっと待っていたものの、来訪しなかったものだから、すっかり『救いようがない男』と怒り心頭だった。
 だが同時に、最近まで思い出せなかった 桂馬とのキス というシチュが脳裏に蘇り始めていた。
 そのせいで、自分の人生で初めてのキスをあんないい加減な男に捧げたのか&そんな重要なイベントを忘れてしまう様なアンポンタンだったのかと思ってしまうくらい、ちょっと凹み気分になってもうた。
 そんな折、 凹み気分の栞の様子を『本を持つ白色の長髪の少女』がこっそり伺っていました。
 しかもその顔は、栞にそっくり!
 栞は、少女の姿を見て近づこうとするが、少女は栞が近づいたのを見て、すかさずその場から逃げて姿を消してしまう。
 そうとは知らず、栞は少女が逃げた先を追いかけるが、当然、少女を見つけられるはずがない。
 だが、そんな栞の前に、桂馬が図書館の一席に座ってお待ちかねしていました。
 だが、その姿はといえば――― あの女装姿のまま!
 いくら、あの小説の続きを1日遅れで読みに来たと申しても、色々とアウトっすよ!!
 もちろん、栞は『関わらない方がいい』と思って踵を返しちゃうけど、自分は寛容な人間と言いつつも桂馬からのお願いを断りきれず、彼と真向かいの席に座っちゃいました。

 2人だけの図書館にて、会話を始めようとする桂馬。
 彼は、ある事情から女装をせざるを得なくなった事から、女装がやめられなくなってしまった と変な前置きをした上で、まるで自作の小説の脚本の様な説明を執り行う。
 もちろん、こんな説明を聞いた栞は、困惑っぷりをさらに激増!!!
 されど、桂馬という人間っぷりという餌に『もう少し、話を聞かせてほしい』と食いついてもうた♪
 ところが、ここで“午後5時の下校のチャイム”が鳴り出しまして、桂馬はチャンスとばかしに、栞との一緒の下校を要望してきました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年10月23日 04時32分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月10日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、fc2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6212.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 月夜の中にある女神ウルカヌスを出す事に成功&天理との協力プレイによって、ナイフに刺された際にかのんにかけられたヴィンテージの呪いの解除にも成功した桂馬たち。
 これによって、生命の危機は完全に脱したものの、彼女の中のアポロによって、彼女の全身は水に包まれて周りとの接触を完全に途絶してしまった。
 その上、女神ウルカヌスが出た事により、ヴィンテージに月夜が狙われる可能性が濃厚という状況に!!!
 まあ、これに関しては、これからの相手の出方がまだわからないって事もあるので、月夜も桂馬の自宅に一極集中というのは危険と判断。
 月夜にも、万が一の危険に備えて、ハクアの羽衣で精製した腕輪のリングを装着させた上で、各々の自宅に帰宅なう~させる事にしました。
 しかし、第1話から聞いても、やっぱり月夜&ウルカヌス役が井口さんとはわかんねえよ~!!!

 当然、ウルカヌスの方は、未だに桂馬を超警戒中で、なぜ月夜は、桂馬みたいな不潔で不気味で得体の知れない男を好いているのか と、本人の前に好き勝手に暴言連発しまくり☆彡
 そして、言いたい放題言いまくった末に、月夜本人にチェンジしちゃいましたわ。
 しかもタイミングが、ウルカヌスの時に桂馬が彼女を お姫様抱っこ してるという、羨ましい展開♪
 元に戻った月夜は、このタイミングに思いっきり動揺しまくってもうた(≧▽≦)
 ああ~、月夜攻略編を詳しくアニメでやってほしかったと何度も思うが、これは人類の最底辺クラスの頭の悪すぎる批判厨などがゴチャゴチャ言いまくった結果ですからね。
 それはそうと……月夜を、お姫様抱っこから解放させた桂馬は、帰宅し始める月夜に「気をつけろ」と忠告。
 その口調が冗談でもないのを察した感の月夜も、桂馬に「気をつけて」と返答して帰宅の途につきました。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年10月23日 04時34分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月03日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、fc2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6198.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 女神捜索4日目。
 とりあえず、突如、訪問をしてきたノーラから情報を聞き出せと、桂馬から言われていたハクア。
 だけど、どうしたらいいのか!?まったくわからない様子だった。
 その間に、ノーラはお茶を飲んだ後、エルシィが戻ってきたら自分のところに顔を出すようにとハクアに伝言を伝えてから立ち去ってしまいました。
 思い通りにならずに少し焦るハクア。
 そこに、リビングに流れ込む様に、本物のかのんが眠る部屋から黒い瘴気が激しく漏れ出してしまう事態が発生!!!
 これは、かのんの中の女神の力が弱まってる事を表しているのだ(><)
 急いでかのんのもとへ駆け寄り、この非常事態を目の当たりにするが――― 直後、一度はここから立ち去ったはずのノーラが戻ってきて、ハクアの背後に立っていました!!!!
 無論、この非常事態について話す様にと求められまして、ハクアは――― かのんが女神だという事実は吐露しなかったが、かのんがヴィンテージの呪いに蝕まれている状況で、彼女の生死で新地獄の運命を決める とだけ報告を行う。
 そんな折、ノーラは ある噂 をハクアに伝えてしまう―――!


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2016年10月23日 04時36分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月27日
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6183.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 5人に絞られた女神候補たち。
 桂馬は、彼女らとの親睦を深める為に、5人との一斉下校イベントを敢行すると宣言する。
 もちろん、誰と一緒に帰宅なう~をするかの計画も練ってまして、1時間ごとに付き合いで5人を相手にしていくというのだ。
 連絡先の交換を行ったあとは、デート⇔女子からの下校イベントの繰り返しへと繋げる為に。

 天体観測がない場合は、午後1時に月夜と。
 万が一ある場合は、午後7時から8時の間に変更。
 バント練習が終了後の、午後3時に車帰宅の結と一緒に乗車。
 午後4時と5時に、歩美とちひろとあるが、こちらはこの時間帯まではハクアが足止め。
 そして、図書館の仕事が終了後の午後6時に栞と。

 ハクア的にも無理ありすぎだろとツッコまれるも、桂馬はやる気全開です。
 たとえその日が、本降りの雨 だとしてもだ!!!


 翌日の女神捜索3日目。
 言うまでもない天候の中、ついに作戦決行の放課後がスタート。
 まずは、ハクアが歩美&ちひろを誘って、いつもみたいに軽音部へレッツゴー♬
 桂馬も帰宅の準備を執り行い、校門前で月夜をお待ちかね。

 彼の計画では、午後1時の予定だったが……すでに1時間オーバー!
 それでも彼が月夜を待つ理由は、彼女に女神がいる可能性が高いから!!
 前話での月夜との邂逅で、もう、顔も見たくないのですね!と言いながら怒っていた という態度を見て『女神がいる』と踏んだからだ。


 続きはこちらへ!!!






最終更新日  2013年08月29日 03時28分40秒
コメント(0) | コメントを書く

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.