378753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

オタ母まったり日記

【ひかたん】ドタバタ出産記録【まとめ】



sqs_kaku_153_5.jpg【ひかたん】ドタバタ出産記録【まとめ】zkuhaku.gif



これは、私が3人目(ひかたん)を出産した時の体験談です。
 私の心のままに表現するので、お見苦しい(?)日本語もあるかと思いますが、
 ご了承下さいませ。


【~出産前日~】編


平成20年10月1日…周囲がまだかまだかと期待する中、ついに出産予定日を迎えてしまった。
この日は、妊婦健診の日でもあって、「何時もと変わっていれば良いな」と期待しながら病院へ。

それでもまだ日数的には正常範囲、のほほんとしていた私だったが……。
そこで待ち受けていたのは、衝撃的宣告だった!!

今回の妊娠は、何時も女医さんに診てもらっていたのだが、その日は偶々院長にエコーをして貰った。
ところで、私は子供達の立会い出産を望んでいたので、何気なく聞いてみる。

「子供に立会いさせたいので、陣痛が昼間来るようにしたいんですけど……」
「うーん、でもねぇ、お産は8割が夜だよ。」
「…そうなんですか。(ガッカリ)」

そうこうしていると、画面を見る院長の横顔に、驚愕の表情が浮かんだ。

「赤ちゃん、4000gあるよ。」

「えぇーーΣ(゜д゜lll) でも先生、先週まで3000gあるかないかでしたよ!!」

「うーん。(と数値を取り直し) 小さくみても、3700だよ。
予定日過ぎると、赤ちゃんは一日ごとに200~300gずつ増えるよ。
このままじゃ、下から産めないかもしれない。」


な…な・なんですとー!? ガ━━(;゜Д゜)━━ン!! _| ̄|○ il||li


内心パニックしながら、今度は内診(駄洒落か?)。
こちらは何時もの女医さんで

「子宮口3.5cmですね。」
と、さらりと言うので、焦った私は藁にも縋る思いで頼んでみた。

「先生、早く陣痛が来るように、少し広げて下さい!」
「あ、じゃあ、おまじないしときますね~。多少出血があると思いますが、内診によるものですので、慌てないで下さいね。」

と、それでやっと4cm。もう3週間前から3cmなんですけど~~。
このまま、ハラキリになるのは嫌だ~~。怖い((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

全然痛まないお腹を抱え、病院を後にした私は、居ても立ってもいられずジャスコへ。
こうなったら、階段昇降の旅に出るしか…と決心し、一階から四階までひたすら昇り降りをする。
何度も往復する私を、階段前の着物屋さんのおばちゃんが、怪訝そうに見てた気がするけど、気にしない。

これでもかぁ、とばかりにズンドコ降りてみる間は、流石に何度もお腹が張る。
が、不定期。そのまま3時間程、ショッピングも交え粘ったが、足の方が先に疲れてしまった。

前日.jpg
家に帰って、陣痛待ちの夜。

21時頃から、いきなり5分間隔の張りが始まる。
「これは来たか!?」と思うが、余り痛くない。
一時間経っても、その調子。

……そうだ、私は微弱陣痛体質だったorz

二番目の時も、いきなり5分間隔だったけど、
その状態が5時間近くあって辟易したっけ。

(結局、早めたくてどうすれば良いか看護婦さんに聞いたら、
『トイレに行くと良い』と教えて貰って、実践したとたん腰に降りてきた感じで驚いた。)




経産婦は15分間隔になったら病院へ、とか『少しでも痛かったらすぐ来てね。三人目だから早いですよ』とも言われたが。いきなり5分な私はどうすれば(悩)

でもとにかく、これは長そう…と思ったし眠かったので一旦寝る事に。

そして、朝目覚めると……
見事に治ってしまった私がいた。

オーマイガッッ!!! 前駆陣痛って奴!!?

途方にくれつつ



~~ 【~陣痛との戦い~】編へつづく ~~








留学 TOEIC




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.