683808 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

喉元過ぎれば

PR

日記/記事の投稿

コメント新着

俊サマ@ Re[1]:フィルムの仕上がり(11/19) OhBeHelloさん、こんばんは。 シャッター…
OhBeHello@ Re:フィルムの仕上がり(11/19) こんばんは。OM707とポートラ160の工場と…
俊サマ@ Re[1]:下克上?(11/17) げんすいさん、おはようございます。 E-M1…
げんすい@ Re:下克上?(11/17) こんばんは。 新しいレンズ、やはりという…
俊サマ@ Re[1]:蜜柑畑より(11/08) OhBeHelloさん、こんばんは。 一枚のシャ…

カレンダー

お気に入りブログ

京都 東福寺へ とこ2703さん

南紀の旅へ、、、試… N699系さん

早朝の月と金星 まーぼーgogoさん

私が間違っておりま… エンゾ〜さん
くるみ姉さんのブログ くるみ姉さんさん

フリーページ

カテゴリ

2020年10月23日
XML
カテゴリ:カメラ
お馬鹿なカメラってことですけど、非難ではなくむしろ愛すべきカメラとでも・・。

ここ最近フィルムカメラが異常に増殖しておりますけど以前よりあったキャノンT80に加えオリンパスOM707が増えて・・ますねぇ・・・はい。
実は、T80のデザイン結構気に入っています。世間では下絵がそのまんま商品化された・・とかテキトーなデザインなどと酷評されていますが1980年代のMFカメラのデザインを引き継ぐことなくよく言えばスッキリしたデザインは私は好きなんですよ。
1985年に発売されたミノルタのα7000は他の一眼レフを過去の遺物に蹴り飛ばすくらいの存在でした。まぁAFでさっさとピントが合う、広角から望遠までレンズが全て揃っている、価格も飛び抜けて高くない・・そうなれば売れますよ。当時AFvsMF論争なんてありましたけどね。
当時の一眼レフのAFと言えば35-70mmのズームにレンズ駆動のAFを組み込んだもの、またはフォーカスエイドでピント合わせの手助け程度の状態でしたから。まぁα7000は野球に例えると今年の巨人みたいなもの、他社は広島&ヤクルトみたいな絶望的な差を付けられておりました。
そんな中で各社はα7000に続け!と必死こいて追随・・・T80もその1台。まぁピント合わせは遅いしフィルムの巻上速度も遅い、撮影モードもプログラムのみ・・よくこんなクソカメラ商品化したねって思います・・言いつつもデザインが好きで手に入れる私ですけど。糸井重里さんがT80のデザインで性能がα7000だったらと言う気持ち解ります。
でもキャノンも凄いのはT80でド失敗したレンズ内モーターの方式を執念深くその後のEOSシリーズに継承したことです。ミノルタがハネウェルに特許侵害で訴えられてヘロヘロになっている間にAF技術でしっかり抜き去ってますものね。
で・・・オリンパス。
OM707と言うカメラ、オリンパスの歴史の中ではクソカメラ、馬鹿カメラと言われてもおかしくないくらいのカメラ。α7000とほぼ同じ値段で撮影モードはプログラム一本勝負、レンズも少なく「取りあえずこんなもんで」と言わんばかりのヘタレっぷりですから当時私も買う気さらさら無し。つい最近1000円でヤフオク落札のカメラです。
ただ意外だったのがこのお間抜けカメラ、AFの動きがT80より良いんですよ!シャッターの動きも悪くないし、流石ミノルタ同様ハネウェルに難癖付けられてお金払っただけの技術はあったんですね。プログラム一本槍の撮影モードも実はプログラムシフトがあったので、それなりに誤魔化しは効いていたというオマケもあり。
それならばもう少しデザイン考えたり、機能を増やすとかすればその後のオリンパスも古くなったOMシステムに固執したり、Lシリーズなんて方向に走る必要も無かったのかもしれません(ハネウェルの件があるから、どっちにしてもスンナリいかなかったかも)。
今度、走る列車でも撮りながらこの馬鹿なカメラを楽しんでみることにします。






最終更新日  2020年10月24日 00時55分11秒
コメント(2) | コメントを書く
[カメラ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.