558427 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

喉元過ぎれば

PR

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2019年11月13日
XML
カテゴリ:
5151号、新しいだけあって安全装置も色々付いています。
車線はみ出すとピーピー、前のクルマが発進しても動かないと「寝てんじゃねぇ」とピーピー、まぁ色々突っ込み入れてくれます。
そんな中での誤発進防止機能なんですが、私のように草むらにクルマを停める人・・クルマをバックさせると後ろにある草むらに反応してピーピーと。
ただ鳴るだけならともかく、ピーピーと泣き叫びその場で踏ん張って動こうとしないんですね。まるで屠殺場に連れて行かれる家畜の如し・・。

まぁ私以外にも草むらにクルマ停める人はいるでしょうから、クルマの取扱説明書を読んでみると、ああ書いてありましたね。

ちゃんと解除するスイッチがありました。






最終更新日  2019年11月14日 19時01分06秒
コメント(4) | コメントを書く


2019年11月05日
カテゴリ:

休みの度に遠出するというよりは、私やカミさんの実家に遠征する事が多いのが原因かと・・。
新車購入後9ヶ月で20,000キロ達成のハイペース・・・。

呆然となってしまいます。

先日の関西本線の撮影現場にて。
草むらに突っ込まなくても他人の邪魔になりませんでした。

下取り査定に与える影響は甚大ですが、端っから無理と言うことで引き続き乗り回します。






最終更新日  2019年11月06日 22時16分53秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年08月20日
カテゴリ:
今回の夏休み、九州(福岡・佐賀)と福山に行った後、名松線&紀伊半島一周はしましたが、それ相応に距離は走ってしまいました。

期間中の走行距離2822.4キロ・・・紀伊半島一周で確か650キロ程でしたので残りが九州往復+αってとこでしょうか。

こちらがオドメーターですが、おいっ!まだ納車してから半年だろうって。
この車、仕事や通勤では一切使用しておりません。

先日、拙ブログにコメントをいただいたのですが、「ぎふさん」という方から「スペーシアギアの人気色ランキング!おすすめカラーはこれだ!」という記事へのリンクを貼って欲しいとの事。
もしご興味があればご覧になって下さい。
ちなみに私の5151号の色は第3位の人気だそうです。

こんなに走り回って燃費はどうなの?
まぁ食い物無くても飛翔体に国家予算ぶっ込む国もありますから、人生色々私生活も色々なのでしょうけど前の758号から買い替えた理由にもなっていた燃費は良いです。
九州と福山への行き来ではカミさん&荷物乗っけて流石にエアコンつけましたが、ノンターボ&四駆&高速道路主体という条件悪い中で20キロ台/Lの燃費、紀伊半島一周では私一人でしたのでエアコンつけず(窓全開)&ほぼ一般道・高速も無料区間使用で24.7キロ/Lと充分な燃費でした。

速度が90キロ越しますとCVTで如何にエンジンの回転数押さえても無理があります。そこが軽自動車の悲しいところでしてタダ高速や一般道の田舎道をダラダラと流すのがこのクルマには向いているのでしょうね。
あと考えたのがスライドドア。
ある程度健常者の年寄りにはスライドドアはドアの開け閉めを運転者が管理できます。これは結構楽なんですよ。ただ杖ついて歩く祖母のように一定不自由さが進んできますと「そもそも着座位置の高いところにたどり着けない」という意外な面がありました。体を投げ出すように車内に入れないんですね。
これは意外な発見でした。






最終更新日  2019年08月20日 00時00分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月11日
カテゴリ:

#今日のプリウス・・・最近プリウスを運転中の事故がやたらと報道されているせいか、このツイッターが流行っているそうです。
どんなものかと検索してみると、おかしな止め方してるとか、変な動きしてる、更には事故現場の写真など、プリウスの投稿写真が多いこと多いこと。個人情報などあったもんじゃないですね。
どーでもいいけどwikiで3代目プリウスの型式を検索すると「ZVW30型プリウス(PRIUS ZVW30)は、トヨタ自動車2009年から2016年まで製造・販売していた対人誘導型ミサイルである。 」・・・殺戮兵器じゃねぇって・・。誰だろねこんな悪戯編集したのは?
(ちなみに翌日には対人誘導型ミサイルがハイブリッド型自動車に修正されておりました。)

こちらは一応ハイブリッドの5151号(スペーシア)

プリウス、特に3代目のモデルは売れて当たり前の良い車だと思いますよ。
当時ホンダがインサイトを安値で発売した事でトヨタは「ウチは広い3ナンバーでこの値段だよ!5ナンバーの小っちゃいクルマじゃないよ!」と3代目プリウスを発売。そこそこ広い室内で燃費は良い、税金も安い、で、量販グレードのSなんて230万程ですからそりゃぁ売れるでしょう。
(結果、インサイトは一気に売れない車になりましたねぇ)
一昔前、マーク2・クレスタ・チェイサーが売れ、ハイソカーセダンが売れなくなると次はステーションワゴン、そしてミニバン。
何かとお金がかかり、そして年をとっていく当時のユーザーがプリウスに乗り換えるのも当然でしょう。
プリウスが悪いのではなく、運転する人の能力低下の問題でしょう。アクセルとブレーキ踏み間違える時点で能力は基準以下であり、事故後のコメントによく出てくる「ブレーキ踏んだら加速」する車も普通は無いですよ。
あんだけ売れてりゃぁ確率は低くとも相応の台数が事故を起こすわけですし、下品な運転する人も目立つでしょう。

じゃぁ我が身を振り返るとどうなのか・・・正直怖いですね。
亡くなった父親の運転を見て「凶器」と思いました。車線を右に左にはみ出すし、ウインカーは付けないし、本人は否定するけどなぜか接触傷が・・・自分がぶつけてないなら誰のせいだ?カマイタチにでも襲われたんか?血を引く私も明日は我が身だと嫌になりました。
5151号を運転中、車線をはみ出すとピーピー♪、前の車が動いたのにこちらが動かないとピーピー♪、車間詰めて停車しようとするとピーピー♪安全装置が作動します、理由があって車線跨いだり、すぐに動かなかったりなどもしますけど、オッサンとしていつ助けてもらうことになるか?「大丈夫」とは言い切れない分素直に車にご指導されることにしています。

台湾での風景・・危ない分かえって運転技術が向上してるのかも・・。







最終更新日  2019年06月12日 19時58分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月21日
カテゴリ:

5151号ですが、なぜかオドメーターの距離が8000キロ間近と2月納車の車とは思えない走りっぷりです。
そんな5151号での車中泊ですが、

スズキの車って助手席の座面を起こして背もたれを前に倒す事ができます。
その結果フルフラットに。このまんまの状態で寝た事がありますが、流石に翌朝体が痛かったです。

で・・DC電源で空気を入れて膨らませるエアーベッドを投入、随分な高さで膨らみます。
ここで寝た結果ですが、翌朝首と後頭部が痛かったです。
エアーベッドって寝ていると体が沈むんです。そうすると、人それぞれなんですが頭&首を支えることも無く翌朝おかしくなるってこと・・。人それぞれですからね。今までの758号に比べれば相当贅沢な話ですよ。
今度は助手席の抜いたヘッドレストを枕に使ってみます。
今回5151号(スペーシア)で良かったことですが、室内高が高いことで室内で体を動かしやすいんですね。もしハスラーだったらここまで動かせなかったかも。
背の高い車の長所を感じました。






最終更新日  2019年05月21日 23時35分11秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年03月19日
カテゴリ:

2月18日に納車となった5151号ですが、走行距離は早くも2000キロを突破です。
758号の頃はリアシートを倒して脚立だの三脚だの転がしていましたが、今はリアシートはちゃんと起こしています。
運転席の背面にテーブルが付いておりまして、食事するのに使い勝手が良いんですね。
じゃあ三脚などはどうするの?というと・・。

こんな感じで高さのある収納箱に立てに仕舞っています。画面左側はDC電源で稼働する保冷バッグです。脚立はリアシートの足元ですね。
ボンフォームというメーカーの縦長収納箱ですが、リアシートのヘッドレストに紐をひっかけることで転倒することも無く上手い事収納できています。
一方で使いにくいのが・・・

CDを収めたい小物入れなんですねぇ。上下3段に小物入れが分かれているのですが、帯にも襷にもならないサイズでして中途半端に無駄な余白ばかりが出てしまいます。もう少し縦横に大きければ良いのですが・・。






最終更新日  2019年03月20日 07時28分33秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年03月07日
カテゴリ:
5151号も購入から1月近くなりましたが、このスペーシアギア・・・街中を走る姿をほとんど見たことがありません。売れ行き大丈夫なのか?

他のグレードと比較して値段が高い割に中身はなんちゃってSUVというヘタレ具合があるのかと邪推もするのですが、お手軽に見えるノーマルのスペーシアってオプション付けると結構高いんですよ。
ノーマルスペーシアのFFですと車両本体価格は下のグレードを選ぶと1,333,800円です。
ただし、色々付けたいねってなりますと、上のグレードを選ぶことになり車両本体価格は1,468,800円になりましてここに
・全方位モニター(86,400円)
・LEDヘッドライト&アルミ(75,600円)
・2トーンカラー&ルーフレール(64,800円)辺りのメーカーの各セットオプションがそれ相応に加算されます。
上記のセットオプションを組み合わせるとあら不思議・・ギアと大して値段が変わんねぇ。という設定。
こんだけの馬鹿デカい図体の軽自動車を安く買おうとすれば軽自動車といえども結構高い買い物になる一方、何も足さない素のまんまのノーマルスペーシアはお買い得車なんでしょうね。






最終更新日  2019年03月08日 07時30分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年02月18日
カテゴリ:
鈴木誠也選手の去年までの背番号、前田智徳選手の入団時の背番号、そして前田選手に憧れたイチロー選手が付けた背番号・・・でもあるしカープ=鯉・・・でもあるし私の名前にも縁があるってことで。車のナンバーは「5151」。「758号」の後継車は「コイコイ号」と相成りました。

ホントは福山のご当地ナンバーにして「カープ坊や」のイラスト入りにしたかったのですが・・。
スズキのスペーシアギアです。
ハスラーを買うつもりが予定変更です。ちなみに四駆のターボ無しにしました。

全方位モニターを付けた結果、昔のS13シルビアみたいに前面ガラスに速度表示が出る仕組み。

元々はハスラーを買うつもりでした。ただ和歌山をはじめ、ハスラーに乗っている人が多いこと多いこと、あとモデル末期ともあって品質は一番良いものの買った後モデルチェンジ後のクルマを見るのもねぇと。そんな中で出てきたのがスペーシアギアだったんですね。
スペーシアについては、昨年758号が当て逃げされた時の代車だったこともありまして、当時走ってみた印象は良かったです。そのことも購入の動機でした。
購入した西宮のディーラーさんの条件も良かったです。
ハスラーとスペーシアの見積もりを出してもらった後、私が「どちらのクルマを売るのが成績上良いんですか?」と聞くと「スペーシアです」との答え・・。「だったら(安い方の)ハスラーの値段でスペーシア売って下さい」という私のリクエストに答えてくれました。
値引き欄以外にも下取りの上乗せやディーラーオプションの値引き、あと各諸経費のサービスなど何だかんだで値引きの全合計は20万位安くしてもらったので値段には納得しています。

西宮から和歌山に帰る途中の印象ですが、流石にデカイ車体と四駆ってことでダラダラと続く上り坂では燃費の落ちが相応にあります。ただハイブリッドってことでターボが無くても加速時にモーターが電動自転車のように補助してくれるので(純粋な?)ノンターボよりは快適なようです。
これから色々と諸国漫遊する中で見えてくるものもあるのでしょうね。






最終更新日  2019年02月19日 19時46分29秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年02月15日
カテゴリ:
車両置き換えにより本日758号を手放します。

こんなところが錆びたり

飛び石が当たったところも錆びたり・・。
色々楽しんだ相棒として感謝です。
で、本日・・・まずは紀勢本線の南部へ。梅林と列車の撮影です。

117系です。こちらも最後の光景かもしれませんね。

よくネットに出てくる構図とは違いますが、梅満載ってところで。
このまま引取りとはせず、イエローの撮影に向かいます。

サントリー山崎工場を背景に撮ります。

そして六甲トンネルです。
で・・・ついにお別れです。

累計走行距離122,305キロ走りました。

来週からは置き換えのクルマに替わります。






最終更新日  2019年02月15日 21時01分39秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年02月11日
カテゴリ:
面白半分にまた全国軽自動車協会のデータを眺めています。

軽自動車が登録車を合わせるとどの位の割合を占めているか?軽自動車といってもケットラのような貨物車を除いたらどうなるのかってエクセルシートを加工しながら遊んでみました。
面白いのは愛知県ですね。軽自動車の登録台数が全国1位である一方でシェアは低い⇒それだけ登録車の販売台数が多いということ。
また割合順の上位10位の内、登録車の台数が全国下から10位以内が5県ですか。登録車をそんだけ買っていないということでしょうか?和歌山県の道の狭さ(カーナビで案内されても、これ無理だぞって道がまぁ多いこと)を考えると解る気がします。






最終更新日  2019年02月11日 21時32分31秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.