487321 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

喉元過ぎれば

PR

日記/記事の投稿

コメント新着

N699系@ Re:不要不急(09/12) New! こんばんは、 大砲のような???レンズ…
俊サマ@ Re[1]:不要不急(09/12) OhBeHelloさん、こんばんは。 3ですけど…
OhBeHello@ Re:不要不急(09/12) こんばんは。OM-3、人気あってお値段結構…
俊サマ@ Re[1]:イエロー3日目(09/09) OhBeHelloさん、こんばんは。 「保育園や…
俊サマ@ Re[1]:イエロー2日目(感謝)(09/08) OhBeHelloさん、こんばんは。 このトロン…

カレンダー

お気に入りブログ

養老山地一周 New! まーぼーgogoさん

鐵道沿線も、秋の装… N699系さん

ドクター様! まさ… とこ2703さん

フリーページ

カテゴリ

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

カメラ

2019年09月12日
XML
カテゴリ:カメラ
先日のヒコーキ撮影の一コマ

フィルムカメラでも撮っています。

こんなカメラ持ってたっけ?
まだフィルム使い切っていませんので、写り具合は判断できませんがついつい不要不急品を購入です。






最終更新日  2019年09月12日 21時18分41秒
コメント(3) | コメントを書く
2019年05月24日
カテゴリ:カメラ
先日よっし~さんの写真展を観に行ったのですが、

会場となる旧愛知郡役所です。
施設の方から説明を受けたのが、ここのガラスが大正時代のガラス(大正時代のガラス技術で復元・・だったかもしれませんが)を是非観てくださいねとのこと・・。

平面で無く何となく揺らぎのあるガラス越しの風景、傍を走る新幹線を撮るところが私らしいのかも。
大正時代の窓越しに令和の風景を撮影です。

こちらは鳥居本駅から撮った新幹線。
昭和初期の駅舎から令和の新幹線を撮影ですねぇ。

いつものようにパンダ捕獲、RX100で撮りました。動画のようなファインダーの見え方で流し撮り、これは撮りやすいですね!
色々な機材で色々と思った撮り方をすることが大切ですね。






最終更新日  2019年05月24日 22時49分56秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年05月06日
カテゴリ:カメラ
連休も本日で終了と相成りました。
昨日は四日市から和歌山までの帰り道、TAKUさんにお会いして色々話もできました。(いつも仕事を邪魔してすいません)
そのまま和歌山に帰ったのですが、今朝起きて晴れた空を見ると、せっかくの大型連休・・・紀伊半島一周して帰れば良かったかも・・などとケチくさく後悔しております。
まぁ家に居たら居たで、チコちゃん見ながら連休中散在したお金の整理をしておりました。
で、昼から何となくお出かけ。

和歌山線と鯉幟です。
今日は一眼ぶら下げてガッツリ撮るのではなく、ノンビリとフィルム&コンデジで撮ることにします。

OM-2SP

あれ?こんなのあったっけ?
実は連休初日に買っておりました。ソニーのRX100M6、チビチビと貯金しながら値下がりするのを待っておりまして・・。このカメラ、年に数回妙な値下がりをするようでしてその時期に合わせたってこと。
コンデジではStylus 1sと立ち位置が重なるのですが、高倍率でより小さいカメラをという目的です。
しかしまぁ、安くなったとはいえ高い。かつてのコンタックスTシリーズと変わらん値段です。

プラプラと向かったのは吉野。吉野川橋梁にてやってくる列車を撮ります。

「青の協奏曲」がやってきました。そこへトンビが乱入。

色の出し方が難しい列車です。

折り返しを撮り、

帰りは車両が替わってしまった和歌山線を撮影です。

連休中の走行距離は2882.3キロ、クルマそのものの累計走行距離は納車3か月で7012キロに達しましたとさ。






最終更新日  2019年05月06日 22時28分29秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年02月23日
カテゴリ:カメラ
オリンパスギャラリーで櫻井寛さんのギャラリートークを聴きに行っておりました。

カナダでの撮影がお話しの内容でして、三重連の機関車がウン十輌の貨車を牽く全長2キロの貨物列車など私も撮ってみたいですね。
その貨物列車、コンテナを上下二段に積んだ上での全長2キロですから日本じゃありえない発想ですが、物資と人が多い国ってのは日本とは考えることがそもそも違うんでしょうね。

オリンパスもE-M1Xとか12-200mmなんて発表しておりまして当然ショールームですから現物が転がっています。

12-200mmと14-150mmの大きさ比較です。

私のE-M1(2代目)に付けてみました。12-100mmと同じくらいの大きさですから画質を考えると12-100mmを持っている人がわざわざ買うことも無いような気がします。

こちらはE-M1(2代目)とE-M1Xの比較です。あちらは随分と大きいですね。
今回、櫻井さんのお話しの後、オリンパス社員による「鉄」話がありましてE-M1Xによる鉄道写真撮影の話がありました。その中で出てきたのが・・。

C-AFに追尾知能を組み合わせた撮り方なんですけど、そこに被写体の特徴を反映した測距ができる機能が追加されております。

C-AF+TRから「被写体」を選ぶと、「車」「飛行機」「鉄道」「その他」を選ぶことができます。
そこで鉄道を選ぶと・・・まずは列車そのものをカメラが認識し、次に運転席の窓をピンスポットで探して追尾するという機能になります。
オリンピックも近づく中、被写体の選択は「その他」が一番重要ではないのかな?といささか心配にもなりましたが、解説の中で更に追い打ちをかけたのが「鉄道:電車・汽車を撮る・・・」のカメラ表示・・・「電車・汽車⇒列車」で良かろう(笑)。わざわざ電車と汽車を分ける辺り、何でも電車と言ってしまう一般の方の表現が気に入らないのか・・・。
まぁこの機能によって雪が降る中でも雪ではなく列車にピントが合うとか、社員の方の実際に撮った写真を観ると北海道の雪が降る中での写真など開発に当たっては色々と撮り回られたようです。(ちなみにDD51も撮影して不自然なく撮れたことを確認したそうです。余談ですが大井川鉄道のトーマス、顔認識でピントが合うそうです・・・私が実験したらダメでしたけどコツがあるんですかね。)
まぁこのAF欲しいですね。

そうそう必要だと思います。

必要だと思うと色々付いてきますなぁ。
ただE-M1Xについては買える値段ではありません。






最終更新日  2019年02月24日 00時39分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月22日
カテゴリ:カメラ
仕事中に偶然

偶然です偶然・・。
この車両、まぁ維持するだけでも大変でしょうが、どこかの路線を走って欲しいです。


我が家の虚弱ながら個性もあるカメラ、オリンパスのPEN-F・・・遂に販売終了となってしまいました。
もう既に黒ボディは売り切れ状態だそうです。隣に写るはフィルムのPEN-FT。
ミラーレスの始まりであったPENシリーズも何となく尻すぼみ状態で、ある程度機種も揃っていないといけませんなぁ。PENminiは絶滅、Liteも外装のみの焼き直しの状態で、お金のかかる事業ながらmini(シャッター押すだけのお手軽カメラ)・Lite(ちょっと凝った事できる)・一桁(デザイン重視で本格的に撮れる)の系統は欲しかっところです。
OM-DについてもE-M5ですね・・・センサーの改良など小型軽量のまま進化して欲しいです。
今回の生産中止を受けて、周辺機器であるグリップを買ってみました。持った感覚は中々良いですね。
電池の持ちが悪い、防水ではない、など色々とあるカメラですがデザインは気に入っておりますしカラープロファイル・モノクロプロファイルといった色の設定などこのカメラでないとねぇ・・といったところがこのカメラの魅力ですね。






最終更新日  2019年02月23日 06時45分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月31日
カテゴリ:カメラ
3月にこんなレンズが出るとか・・。



12-200mmですか。F値で支障なけりゃこれ1本で大抵済みますね。



我が家のモノグサレンズ2本。14-150mmと12-100mmです。
今度発売になる12-200mmは14-150mmの後継となるような気がしますが、フィルター径は14-150mmの58mmに対して12-100mmと同じ72mm・・・そうなるとレンズの大きさは12-100mmと同じ位になるのかもしれません。
持ち運びに便利なのかどうかですね。
我が家の2本のレンズも電車で移動したり、お気軽に撮る時は14-150mmですし、腰を据えて撮るかという時は12-100mmと使い分けています。

考えてみると我が家の「非PROレンズ」ズーム3本、全部フィルター径58mmで35mm換算18mm-600mmまでこの3本で対応するんだから、重たいレンズ背負う必要ないもんねぇ。

ここで気になるのが、75-300mmというレンズの存在です。
この実に使い勝手の良いレンズ、今までは14-150mmとの組み合わせで使っていました。これが12-200mmとの組み合わせとなると焦点距離のカブリが大きくなってしまいます。
ならば・・と例えば75-300mmが150-500mmなんぞになったら・・・即購入しちゃうでしょうね。

いつもの酒飲みながらの妄想ってことで・・。






最終更新日  2019年01月31日 21時18分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年01月24日
カテゴリ:カメラ
OM-D E-M1Xが発表になりましたね。



昔のE-5のようなデカさを感じますが。
性能は相当良いようで、ファインダーの見え方や内蔵NDフィルターなど面白そうな機能があるようです。・・が値段は30万円台・・ふーん高ぇよ買えねぇ。




こっちはもっと買えないであろうレンズ(150-400mmF4.5)。いくらになるんでしょうね。

今後のレンズの配置図も出ておりますが、気になるのが75-300mmの下にある超望遠レンズの発売予定、何か出すのでしょうか?
まぁ2倍のテレコンも出るらしいので、こちらは頑張って買おうかと思います。






最終更新日  2019年01月24日 21時08分43秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年01月20日
カテゴリ:カメラ

先日修理に出したこちらの3点本日戻ってきました。
汚れ・くたびれた箇所も綺麗になり、シャッターの音も鳴きが無くなっておりました。
使用頻度は決して高くないですし、レンズ一本分の出費は結構痛いのですが、私にとってAE-1と70-210mmは写真の原点でもあり父親の形見でもありますので維持するための手は打とうかと。
またフィルムカメラでも撮ることにします。






最終更新日  2019年01月20日 17時37分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年01月06日
カテゴリ:カメラ

昨年末の事ですが、AE-1と70-210mmズーム、あとNewF-1をオーバーホールに出しちゃいました。
費用でいけばレンズ1本買う機会を失ったかなと。
これを直したからといってどの程度使用頻度があるのかというとまぁあまり無いですね。フィルムで撮りたい時に使う程度、しかもオリンパスのOMとの併用ですから。
だったら何故金掛けて直すの?と言われますと、写真始めた最初のカメラだからというのが理由ですね。
AE-1と70-210mmの組み合わせで写真を覚えましたし。
フィルムカメラでの経験・・・プライスレス・・・お金じゃ買えないものがある。なーんてCMもありましたねぇ。
このままある日動かなくなった・・という終わり方でも良いのかなと思っていましたけど、NewF-1の調子がここ最近悪くなって修理業者の方に診てもらったんですね。すると「オーバーホールで直る」との事、ならばAE-1と70-210mmもこの機会に、動く内に、整備してもらおうと決意しました。
結構な出費ですが、今に至ることへの感謝です。






最終更新日  2019年01月08日 20時49分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年12月27日
カテゴリ:カメラ
国家のインフラと程度は違えど発想は一緒、新規導入に金は掛けますが、維持管理は疎かになりますねぇ。釣った魚に餌やらねぇ、とばかりに手入れはするけどそこそこの投資して直すよりも替りのモノ買おうという愚かな私・・。

デジタルカメラになってからは、ちょっと新しくなるだけで随分と性能も変わるもんですからねぇ。
ただ一方でフィルムカメラについてはオーバーホールをいつかやらねば・・と。
特にAE-1と70-210mmは私が写真を始めた時の機材です。今普通に動いてますけど、いつかは壊れます。だからこそちゃんとした整備を施す必要があると。
NewF-1もちゃんと手を加えれば相当な年数まで持つと思います。ただこれらを整備すると機材を新規調達するのと同額の費用が掛かります。
今更フィルムで本格的に撮ることは無いですし、費用対効果でいえばどうみても割に合いません。あるのは個人的な感傷のみです。

規模は違いますが、新しい道路を造るのと既存の道路を整備するのとどちらが大切なのか?
どちらも大切でしょうが、既存の道路整備は地味で目立ちません。しかも喜びは得られない・・。
だから後回しになる。
モノを持つということは維持費も背負う覚悟を持つことでもあるのでしょう。
お馬鹿な妄想として欲しいモノを列挙したりもしましたが、既存の大切な機材を整備する時期も来ています。
我が家のフィルムカメラの中でオリンパスOM-2N、これはオーバーホールを施しています。費用は3万円程掛かりましたが、性能は一番安定しています。
クルマと違って検査整備の義務はないカメラ、だからこそ機材に対する整備は自己責任として腹くくるのか使い捨てにするつもりなのか判断すべきなのでしょう。






最終更新日  2018年12月28日 08時38分49秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.