666891 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

喉元過ぎれば

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

棚田

2014年09月15日
XML
カテゴリ:棚田

3連休ということで家族のもとに帰っておりました・・・ここまでだと美しい話ですが、実際は寄り道をしっかりしております。名古屋から西宮、これを紀伊半島ぐるり(ほぼ)一周しながらの帰宅です。

今回、紀勢本線の非電化路線の撮影と、棚田の撮影をやってみようと計画しました。

まずは夜明け直前の風景です。

P9130036.JPG

海岸線に浮かぶ太陽・・とくれば良いのですが、太陽は画面左側遥か先に在ります。まぁ仕方ないといえばそれまでです。

この場所は津波が来た時の避難場所である山の上。梯子を上っての撮影です。

さて紀伊半島ですが道路事情は悪く、高速道路はまだ全線開通して無く(これでも東側はある程度通じて、相当改善されていますが・・・)、さらには内側を通る道はかなり疲れる曲がりくねった道だらけです。

そんな紀伊半島を走る列車をまずは撮影です。

P9130073.JPG

天気が快晴でないことが残念です。

P9130081.JPG

こちらの風景、列車の背後の草むらはかつて棚田でした。耕す人もいなくなり荒れ果ててしまいました。

P9130123.JPG

こちらはまだ残っている田圃です。昔ながらの風景を国鉄型気動車が走ります。

鉄分補給はここまででして、ここからは棚田の撮影です。

P9130129-1.jpg

丸山千枚田。有名処です。人が造り上げた造形美、見事です。

刈り取り前に何とか撮りに行きたかったんです。

P9130141.JPG

ジョニー・ハイマスさんのように撮れたらいいのですが、まぁこんなもので。

P9130156.JPG

この季節と言えば彼岸花、棚田をしっかりと彩ります。

そして丸山千枚田の後は、約4時間近く国道(酷道)を走り、これも独特の風景である「あらぎ島(蘭島)」へ。

 P9138158.JPG

独特の形の田園風景です。

過去にも訪問したことがあったのですが、ここも刈り取り前に何とか訪問したく訪れました。

こうして、寄り道の上で家族のもとに帰宅です。

 







最終更新日  2014年09月15日 22時37分50秒
コメント(0) | コメントを書く


2014年09月07日
カテゴリ:棚田

朝起きると天気が良かったもので、今日は風景の撮影に行ってきました。

新城市にある四谷千枚田。ここに広大な棚田が広がっております。

九州にいた頃には棚田は有名処が各県にある位でしたが、こちらにはあまりありません。

そもそも朝鮮半島から石積みの技術が伝わってきたのでは・・と言われるように石積みの棚田は西日本に集中しています。

そんな中での石積みの棚田は貴重な存在です。

P9078054.JPG

本来なら平地に造りたい田圃を斜面に造らざるを得ない、この場所も昔土砂災害に遭っているようです。

手間暇かかった分、美しい風景。

P9078129-1.jpg

ジョニー・ハイマスさんのような癒しの風景、撮ってみたいですね。

 

撮影後、三岐鉄道の貨物を撮ろうと思ったのですが、道路の混み具合に嫌気がさして帰宅してしまいました。燃費の良い車・・・羨ましいです。

 







最終更新日  2014年09月07日 17時07分32秒
コメント(5) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.