117975 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

出版なんでも相談室

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

sally@ cAJQkPZjbi OopJr4 http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…
cQh05K inoygve@ cQh05K <a href="http://inoygvebjrqk.com/">inoygvebjrqk</a>, [url=http://germtss cQh05K &lt;a href=&quot;http://inoygve…
IvXz2j lsxqzwr@ IvXz2j <a href="http://lsxqzwrfoflr.com/">lsxqzwrfoflr</a>, [url=http://ohfftor IvXz2j &lt;a href=&quot;http://lsxqzwr…
MMuboc shispbc@ MMuboc <a href="http://shispbcmuuwj.com/">shispbcmuuwj</a>, [url=http://knrcswr MMuboc &lt;a href=&quot;http://shispbc…

フリーページ

ニューストピックス

2006年11月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

出版なんでも相談室(「能書き」が長くなる2つの理由)

前回、「能書き」が長い原稿を紹介しましたが、
「能書き」が長くなる原因は2つあります。

ひとつは、「知識をひけらかしたい」という欲求です。
本題に入る前に、知識が豊富なことを示したいのです。
「どうだ、オレはスゴイんだぞ」と言いたいわけです。

でも能書きを読まされる人は決してスゴイとは思ってくれません。
うんざりするだけです。

主役はあくまでも読み手です。書き手ではありません。
書き手が知識をひけらかしてどんなに満足しても、
読み手にそっぽを向かれたら、その原稿は失敗作なのです。

能書きを書く理由のふたつ目は、自信がないことです。
本題に関する記述に自信がないため、
それをゴマ化そうとして、能書きが長くなるのです。

自信がないなら、自信がもてるまで調べるなり勉強するなりすべきです。
自信のないものを読まされる人はたまったものではありません。
そんな原稿が出版社に採用されるはずがありません。


出版なんでも相談室(畑田)
h.hatada@xa.ejnet.ne.jp
出版塾塾長の顔写真と出版塾の新聞記事
出版塾
「自分の本」を出版する方法







最終更新日  2006年11月30日 05時05分27秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.