518024 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

エクトプラズムを見た!

PR

プロフィール


流星cp

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

♪勇者すらいむべすの… すらいむべすLv1さん
元・OL日記 ☆masumi☆さん
 ◇ のまワールド … monmo1101さん
まったりしましょ♪ いるた2006さん
赤かったヘッドバン… 赤かったヘッドバンガーさん
日々記 ぎむれっと☆さん
☆カノジョトダンス☆ ガイコツ島さん
日記 餅_さん
山田涼介とジャニ萌… ☆笑美子☆さん
。:+.゜。*苺のキモチ*… にゃえころさん

バックナンバー

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

コメント新着

流星cp@ Re:オリンピック終わっちゃいましたね…(08/16) はらまんさん 返事が超遅くなってしまっ…
はらまん@ オリンピック終わっちゃいましたね… アタシ的には『なんでこんな時間にッ!!』…
流星cp@ Re[1]:黄金比(08/16) 理朱さん AKBにはまってる女子って結構多…
理朱@ Re:黄金比(08/16) 友達の娘がAKBにハマってる。知らないおじ…
流星cp@ Re:お久しぶりです!(07/14) はらまんさん 返信が大変遅くなって申し…
流星cp@ Re:すごくない?(07/14) ☆masumi☆さん おかえり~ コメント出来て…
流星cp@ Re:そうなんだよねぇ(07/14) ☆繭☆さん 本当に伝えたいなら、もっと考…
はらまん@ お久しぶりです! 遥さんお元気ですか? だいぶご無沙汰して…
☆masumi☆@ すごくない? 七年目って! 私は途中幽体離脱していた…
☆繭☆@ そうなんだよねぇ 私も、デモや座り込みは規模の割りに効果…

フリーページ

2008年10月22日
XML
カテゴリ:推薦図書
Hey!Say!JUMPの「真夜中のシャドーボーイ」、届きました~♪
PVとメイキング、ざっと3回ほど見ましたけれども、素敵なシーン満載ですね^^
感想は明日書こうと思います。多分2部作くらいにはなると思います。
長いですが、お付き合いください。あ、お付き合いしたくない人は明日は目をつぶると良いです。

それから、低周波治療器が届きました^^待ってたよ~!
早速使ってみてるんだけど、筋肉が勝手に動いて笑えるw
くすぐったいとかではないんだけど、めちゃ笑える~ww
非常に楽しい気分になります。
肩こりもほぐれて、更に楽しい気持ちにさせてくれるなんて、優れものです。
シート状のパッドなのに、叩いたり揉んだりしれくてれ偉いです。

それから、シーサーもらいました。万歳してる。凄く楽しそうなシーサー。
何でもらったんだろう?良くわかんないけど、なぜかわたしの物になりました。
只だからいっか。

さて、横溝作品読み返しフェア第7弾(くらい)。
ついに来ました、メジャー処「犬神家の一族」


犬神家の一族改版

毎度の如く、上の写真は改版ので、わたしが集めてるのはこれ↓

inugami.jpg

杉本一文さんが表紙を描いてる、角川文庫のシリーズです。
この表紙好き~ すごく雰囲気でてる。他の表紙もそうだけど、杉本さん、色使いが素敵。
犬神家も多分他のバージョンの表紙もあると思うのだけれど、今のところわたしが出会えたのは
この1種類のみです。

これは有名な作品なのであらすじは省略します。
なんでも、横溝作品の中で映像化されてる回数第2位だそうですよ。1位は八つ墓村だそうで。

感想を。
何か今回ね、最後の「大円団」のシーンで凄く泣けた。号泣した。
前回読んだのは多分1年ちょい前くらいだと思うのだけど、その時は別に泣くほどじゃ
無かったのに、この1年の間でわたしどうしたんだろう?w

実際、この作品に出てくる事件の関係者たち、みんな可哀想な人たちですよね。
誰か一人というか、どちら側かだけが悪いわけじゃない。
勿論人を殺してしまうのは、理由はどうあれ良いことな訳は無いけれど。
しかもこの事件の場合、犯人の動機だったことそのものが幻だったわけだし。

みんなそれぞれが複雑な思いを抱えてこの場にいるんだと思ったら、急に涙が・・・・
一番悪いのは佐兵衛だと思いますけどね。
あの人が我慢してれば良かったのに。
愛人なんか作ったりするから、松竹梅の三姉妹があんな辛い思いをしたり、あんな恐ろしい
行動に出たりしなくちゃならなくなるんじゃん!
全部あんたの所為だよ~
珠世さんにしたって、幸せにしてやるつもりが結局いろいろ厭な思いしなくちゃならなく
なったし、佐清さんだって犯罪に加担する羽目になっちゃうし。
佐武佐智も、人としてどうなの?っていう性格的な欠点はあったにしても、それほど悪人な
訳じゃないのに殺されちゃうし。
菊乃さんだって、あんたがちゃんとしないからあんな人生を歩むことになって。
静馬が一番の被害者かもね。
散々だったね。
総てが悪いほうへ行ったね。
可哀想に。
爺さん(父親か)がきちんとけじめつけられなかったがために、コレだけの人が不幸になった。
若林さんの方が可哀想かも。完全に巻き込まれただけだもんね。
古舘さんにしたって、きっと関わりたくなどなかっただろうに。

そういうわけで、全部佐兵衛が悪い。というわたしの結論。
仕事面で有能でも、一族全部を不幸にしてどうすんの!?

それは置いておいて。
全体的には、このどろどろした雰囲気が好きです。
「一族」って、魅惑の響きですよね。・・わたしだけ?w
親戚というのとまた違って、何か秘められたものがある感じがして惹かれます。
そしてまたこの犬神一族は「一族」に相応しい人たちばかりで。
那須って行ったことないけど、この作品で描写されてる那須の雰囲気も凄く良いです。
一度行ってみないとね。

他に見所しては、若い耕助。尻っぱしょりでスキーするとか珍しいシーンもあったりして。
それから、珠世さんの描写。
それから、正統派じゃないけど、なかなかに悲惨な見立て殺人の現場。
菊畑のシーンなんて、本当にゾクゾクするね♪
三種の神器とか、鬼一法眼とか、登場人物の名前とか、いちいち素敵な響きで。
トリックがどうこうという作品じゃないですけれど(とわたしは思う)、雰囲気でひたすら
楽しめる作品です。
だから映像化される回数も多いんだろうなぁ~
また今年も誰かやらないのかな?吾郎の人は個人的には厭なんだけど。
わたしは、しずるの池田さんに是非やって欲しい。それか劇団ひとりに。
古谷一行さんとか石坂さんは年齢的にもう無理でしょ。
犬神家の事件は結構初期の事件だし。

長いけど、割と読みやすいです。一気に読める。
もしわたしが女優だったら、松子の役やりたいなぁ
小夜子もなかなかいいですよね。
可哀想だけどね^^;

あ、2006年12月公開のリメイク版「犬神家の一族」の映画。マスミと見に行ったときの日記は
こちら

次。関連作品。漫画。

inugamimanga.jpg

右から。
つのだじろう「犬神家の一族」講談社漫画文庫 全1巻
これね、前回の「悪魔の手毬唄」と同じように、原作をベースにした別の話だよw
凄いよこれ。
犬神一族は犬神憑きの家だということになってるし、何だか新興宗教みたいな、原始的な宗教
みたいな妖しい団体になってるし、トリックもかなり変えられてる。
相変わらず耕助の造形が凄いことになってるし。
これは金田一ファンとして読んだら痛い目にあう作品です。悪魔の手毬唄もそうですが。
耕助が全然耕助じゃないんだもん~
めちゃ意地悪い感じ。
しかしアレね。表紙の絵がリュークっぽいねw

次。真ん中。JET「犬神家の一族」アスカコミックスDX 全1巻 角川書店
他に、アスカコミックスで上下巻でも出てます。内容は同じ。あとがきが違うくらいで。
JETさんは多分漫画家の中で一番横溝作品を漫画化してる人だと思うのですが。
やっぱり愛情が違いますね。本当に横溝作品を愛してる。
だからどの作品も外れは無いです。
だけど、この犬神家は、ちょっと詰まんないかな~と個人的には思いました。
JETさんの絵柄でいくなら、もっともっとドロドロさせて欲しかった。
いろいろ制約はあるのでしょうけれどもね。
でも、途中に入るオリジナルの珠世さんのシーンなんかは凄くいいです。その方が流れが
スムーズになる気がする。
多少の変更点はあるものの、基本的には原作に忠実です。
読みやすい。
小説読むのが大変な人は先に漫画読むといいかもしれない。

次。左。
長尾文子「犬神家の一族」サスペリアコミックス 全1巻 秋田書店
実はこれが一番お勧め。
長尾さんの絵が凄く雰囲気あっていいのですよ~♪
割と神経質な感じの絵で、JETさんと比べたらドロドロ具合は薄いのですけれど。
非日常な感じ、閉鎖された「一族」の雰囲気、松子の表の顔裏の顔、耕助の造形、三姉妹の
和服姿など、凄く良く描かれてます。
それに一番原作に忠実。原作に忠実なことが必ずしもベストではないけれど、この場合、
凄くうまくいってます。
よくこれだけのページ数にまとめたなぁと感心する。
絵はちょっと伊藤潤二っぽい。わたし伊藤さん大好きだからこの人も好きなのかも。
殺人現場の描写も素晴らしい☆
難点は、なかなか手に入りにくいこと。
見つけたら是非読んでみてください。
長尾さんは他にも何作か横溝作品で描いてます。また順次紹介します^^

最後に。
ちょっと外れるけどコゲどんぼ「ヨキ、コト、キク。」 CRコミックス 全1巻
犬神家のパロディなんですけど・・・・これについては以前に日記書いてます。
こちら
なんかちょっとがっかりな作品です。絵はそれなりにいいんだけどね~


そんな感じ。
おまけで、わたしが書いた「犬神家の一族」相関図。

inugamike.jpg

参考までに。


というわけで、次は「黄金の指紋」ですが、もう今日読み終わってしまいましたので、
明日か明後日に感想書きます。
今はその次の「女が見ていた」を読んでいます。






最終更新日  2008年10月22日 21時59分39秒
コメント(10) | コメントを書く
[推薦図書] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.