010358 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の農業が地球を救うかも・・!

TPPとは・・・
環太平洋戦略的経済連携協定は、 2006年5月28日にシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国で発効した経済連携協定である。

2006年1月1日に加盟国間のすべての関税の90%を撤廃し、 2015年までに全ての貿易の関税を削減しゼロにすることが約束されており、 産品の貿易、原産地規則、貿易救済措置、衛生植物検疫措置、貿易の技術的障害、サービス貿易、知的財産、政府調達(国や自治体による公共事業や物品・サービスの購入など)、 競争政策を含む、自由貿易協定のすべての主要な項目をカバーする包括的な協定となっている。

加盟国間で、域外に対する競争力を強化するために、自由競争の妨げとなる関税や非関税障壁を撤廃し経済的な国境をなくすことを主柱としている。

April 9, 2013
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

赤城千本桜

 赤城南面千本桜 (4月5日撮影)   さくら祭りは 4月6日~

 

 

いよいよ動き出したTPPーーー



TPPに日本が参加するためには、すでに参加している11か国の同意が必要です。

政府は、アメリカやメキシコなど5か国との間で事前協議を進めてきました。

 

 

安倍総理大臣は、メキシコの大統領と会談

 

「日本とメキシコは2国間関係だけでなく、

   アジア、太平洋、世界に貢献していくことができる」 と述べました。

 

 


これに対して、大統領は、

 

「日本とメキシコは世界規模の問題にも協力していく必要がある」  と述べ、

 

日本のTPP交渉への参加を支持したらしいですね。

 

 

交渉参加に向けて焦点となっていた日本とアメリカとの間の事前協議は、

 

 1、日本は保険分野で公正な競争の原則を守ること。

 

 2、アメリカは自動車で当分の間関税の引き下げは見送ること。

 

 3、食品の安全基準などは

   各国の主体性を尊重することを前提に引き続き協議を進めること。

 

 4、日本の農産物の関税には一定の配慮をすること。

 

   以上を確認し、今週中に同意が得られる見通しとなりました。

 


さらに、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3ヶ国との事前協議でも

 

同意が得られる見通しで、

 

7月からのTPP交渉参加にめどが立ったという見方が出ています。

 

 

 

 







最終更新日  April 11, 2013 11:31:25 AM
コメント(1) | コメントを書く

PR

プロフィール


かんたろう60

サイド自由欄

    ブログランキング・ にほんブログ村へ
 

   



お気に入りブログ

そぼろのピザトースト New! mimi2385さん

老婆と上杉鷹山 New! BE AN INDIVIDUALさん

三日月 New! しいな☆pinkroseさん

秋の朝 New! moririn65さん

【TOKYO職人展】 9/2… New! わたがし1566さん

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.