154434 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

とある虎キチ商社マンの。。

全2317件 (2317件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.04.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

急遽新しいイベントが始まった。サステナビリティウィーク。

報告期間21日から24日(土)の8:59まで、報酬期間が25日(日)の10:00から20:00まで。
報告内容が地域社会に貢献する。持続可能な社会のための習慣を始める。地域活動を支援する。となっている。ウィークデーなのでなかなか報告は難しい。

カメテテと色違いのヤブクロンが実装されるらしいので、こちらの獲得に注力したい。








Last updated  2021.04.20 10:40:48
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.19
カテゴリ:カテゴリ未分類

グローバルチャレンジ完

予想通り、土曜日にグローバルチャレンジは終わった。報酬はほしのすなが2倍。19日の20:00くらいまでか。達成が17日土曜日の23:45ころらしいので44時間くらいの報酬になりそう。もし達成が18日になっていたら、どうなっていたのか。20:00に終わるケースが多いので1日プラス20:00までという設定なのだろう。


阪神の勢いが止まらない。大山が打点を挙げると17連勝中の昨日、いきなり1回に大山の犠牲フライで1点先制。そして7連勝。記録を18に伸ばした。







Last updated  2021.04.19 09:11:44
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.16
カテゴリ:カテゴリ未分類

やっと出ました。1回裏近本、糸原が凡打で倒れたあと、マルテが渋いヒット。大山の打順。
大きな期待はしていなかったが、フルカウントまで粘った。

6球目変化球。ふつうは見逃して四球だと思うが、前へ泳いでうまくすくいあげた。打球は意外と伸びてなんと2ランホームラン。阪神は先制したら勝つ、大山が打てば勝つという状態なのでここで一気にのってきた。

秋山は意外なバッターに四球を与えるなどピリッとしない場面もあったが、味方のファインプレイもあって結局7回まで無失点に抑えた。

4回裏先頭のサンズがセンターにうまいヒットで出たあと佐藤。完璧に打球を捉えて、快音を残してボールはバックスクリーンに一直線。賞金100万円が出るらしい。

以上2ランふたつで4-0で阪神がまた勝ってしまった。13勝4敗の貯金9は凄すぎる。







Last updated  2021.04.16 12:41:08
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.15
カテゴリ:カテゴリ未分類


昨日の試合は西には悪いが負けると思っていた。その通り、西の球数は多く、ランナーも出していた。だが調子の上がってきた鈴木誠也を完全に抑えた。結果、ゼロ封。ゼロ封で負けるはずがない。

難攻不落の森下からの点は意外なところから転がり込んだ。2回裏2アウト。警戒しすぎたのか森下が佐藤に四球を与える。梅野の打球は平凡なセカンドゴロだったがエラーで1、2塁。ここで打率5割の中野が登場。タイムリーを放つ。これが結局決勝打となった。

この後、佐藤、マルテの2ランと佐藤のタイムリーで5点追加。6-0で快勝した。中野は金曜日に続いて2回目のヒーロー。まだ、近本と大山が本調子でないが、他が下がってきたときに打ってくれればいいサイクルに入りそう。







Last updated  2021.04.15 08:33:36
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.14
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日からグローバルチャレンジが始まった。全世界でレイドバトル4000万回するというもの。ポケモン人口からすれば大した数字ではない。今朝時点でもう1000万回超えているのであと3日、4300分くらいで終わるだろう。

昨日から気になっていた新しいポケモンだが、クズモーは昨日2匹、ウデッポウは今朝2匹首尾よく獲れた。出来すぎでびっくり。クズモーからアメ投入で進化させる。


伝説はランドロスのれいじゅうフォルムに昨日の10時から変わっているが、朝早かったので、トルネロスになってしまった。今朝、普通のパスとリモートパスで2匹ゲット。こちらは4月27日火曜日の10時まで。ちょうど2週間となっている。









Last updated  2021.04.14 08:46:24
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.13
カテゴリ:カテゴリ未分類

4月のコミュニティデイはツタージャ。ほとんど興味もなくジャローダも戦闘のおすすめにも出てきたことがないので、2段進化を考えて3匹色違いを獲れば終了。開始早々の1匹。2時間くらいで4匹獲れたので、CPは無視して終了。野球も観たいので14時までに終えて進化させて完了。



メガミミロップがやっと出来た。こちらもあんまり人気がなく人数が揃わない。時間が経つと元に戻ってしまうので、図鑑に入れれば終わりの感じ。はじめはオス、メス両方揃えていたが、それも興味がなくなり、どちらかで終わり。メガはもとに戻ってしまうのでメガに進化させた瞬間に図鑑にメガとメガの色違いが同時に登録される。


偶然、同じ日にミミロルの色違いの2匹目をゲット。進化させてみたメガと並べるとこんな感じ。











Last updated  2021.04.13 08:48:14
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.12
カテゴリ:カテゴリ未分類

まさかタイガースの3連勝より重大なことが起こるとは思っていなかった。マスターズは松山が出ていて地上波で中継もあるので毎年観ているが、まさか生きているうちに日本人が優勝することなどあるとは思っていなかった。

自分の知っている世界で言うと、テニスのグランドスラム大会の中でもウィンブルドンに勝ったというのが近いと思う。インディカーレースの中のインディ500で佐藤琢磨が勝ったくらい凄い。このときも日本ではあまり大騒ぎになっていなかったが。F1だとモナコグランプリに優勝という感じか。

個人戦ではないが松井秀喜がワールドシリーズでMVPに選ばれた。松山英樹。字は違うがひできで名前が同じだ。アメリカ人でひできと名前をつける人が出てきそうなくらい凄いことだ。

土曜日のバック9のチャージがすごかった。1イーグル、4バーディでトータル65というとんでもないスコアでホールアウトしていた。-11で1位。2位タイが-7で4人。何もなければ優勝できる。

今日は前半の1番でいきなりボギー。あきらかに緊張している。2番のバーディですぐ取り返した。ほっとしたのもつかの間5番でパーパットが5m20。これを入れて少し上向いたかと思った。6番、7番にもっと短いバーディトライがあったのに外す。8番、9番でバーディが来て-13。これで安泰と思っていたら、一緒に回っていたシャウフェレが12番から4つ連続バーディで15番を終わって-10。松山がこのとき-12。暗雲が。

なんと16番でシャウフェレが池に入れてトリプルボギー。-7に後退。松山も落として-11。そうこうしているうちにどんどん選手が終わっていく。松山を苦しめたザラトリスは結局-9で終わった。松山は17番、18番を+1で上がれば優勝。17番も18番もティーショットは曲がらない。18番の2打目がバンカーへ。バンカーショットを打って、2m弱へ。どう考えても優勝。入れてかっこよく。外す。外すんかいとツッコミを入れたいところ。折り返しを入れて優勝。日本人初、アジア人初の快挙をなし遂げた。







Last updated  2021.04.12 11:08:35
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.09
カテゴリ:カテゴリ未分類

残っていたマリルリはフィールドで「タマタマを15匹捕まえる」をやって無事ゲット。同じくフィールドで「タマタマを25匹捕まえる」をやって結構な数の花飾りラッキーを獲った。その中で星3つを2つ残してあとはアメにした。アメが50を超えたので花飾りハピナスに進化させた。

まだ、2つ「タマタマを25匹捕まえる」をもっていたが、昨日の20:00で終了してしまったので、泣く泣くフィールドを他のものにチェンジ。これでイースター関係は終了。







Last updated  2021.04.09 08:47:10
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.08
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日の試合は始まる前は負けると思っていた。巨人のピッチャーは畠で、阪神は新人の伊藤。まず畠から点を獲るのは難しいだろうと思っていた。

初回。いきなり廣岡に打たれる。梶谷のセカンドゴロで1塁ランナーが梶谷に入れ替わる。梶谷は盗塁を試みるも梅野のストライク送球でアウト。2アウト。ところが坂本がヒット。岡本が四球で1、2塁のピンチで亀井。なんとか抑えた。

2回は大城が木浪のエラーで出塁。だがここから7、8、9番を伊藤が連続三振に打ち取る。なんかいけそうな気配になってきた。

3回は坂本に四球を与えたものの三振2つ、セカンドゴロで終わり。

3回裏。近本四球。糸原ヒット。マルテのところで悪送球で労せず1点先制。

4回も北村にヒットが出たが4人で終わり。

4回裏近本、糸原のタイムリーで3点追加。4-0。5回裏にサンズのツーランで6-1。試合はほぼ決まった。

伊藤は7回を投げ切り1点に抑えて勝利投手となった。









Last updated  2021.04.08 08:59:26
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.07
カテゴリ:カテゴリ未分類

阪神が甲子園での初戦で巨人に勝った。
昨日の試合は雨をものともしない西のピッチング、梅野のリード。梅野のタイムリーで勝ったのだが、影のヒーローはマルテだった。

1回裏。巨人のピッチャーはサンチェス。近本が三振、糸原がショートゴロであっさり倒れたあと、マルテが1ボール2ストライクのあと四球を選ぶ。雨の中7球投げさせている。続く大山は何度も大きなファールを打ちながら9球も粘った。

2回表。西は7球で終わった。1回表の8球よりも少ない。

2回裏。すでにサンチェスは雨の中の投球を嫌がっていた。先頭サンズ、続く佐藤が連続ヒット。梅野の打席でサンチェスが投じた1球目のカーブがすっぽ抜けてキャッチャーが獲れず、0アウト2、3塁に。梅野は右狙い。その狙い通りライト前ヒットで先制。続く木浪がホームラン性の大飛球。犠牲フライで2点目。

3回表。西はまた8球であっさり終了。サンチェスはもう限界だった。

3回裏。糸原ヒット。マルテ死球。大山タイムリー。サンズタイムリー。2点。サンチェスノックアウト。佐藤は三振。梅野タイムリー。木浪がまた犠牲フライ。さらに2点で6-0。ほぼ試合は決まった。あとは試合が成立するかだが、阪神園芸さんが頑張って5回裏終了。

4回裏もマルテは四球を選んでいる。さらにヒット性のファーストゴロを倒れながらキャッチ。解説の掛布さんがしきりにマルテのプレイをほめていたのが印象的だった。







Last updated  2021.04.07 08:35:19
コメント(0) | コメントを書く

全2317件 (2317件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.