711525 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

たばちゃん♪の いいもん見っけ!

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

Category

Freepage List

Favorite Blog

2021.05.17
XML
洗濯の予定のため 天気予報をチェックすると、
ここから先、曇りと雨の日が続くようです。

もう、梅雨?
GWが終わったばかりなのに?

梅雨、といえば6月のイメージなのですが、
この頃は、夏休みが始まる頃になっても まだ
すっきりしないお天気が続くこともあったりして。

夏は 年々 暑さが増していくし
(ムカシは「冷夏」と言われる年もあったのに)
冬は 暖かくなっていくし、
私が子供の頃とは、ずいぶん変わったなー
と、思います。


曇りが多くなると、気分も沈みがちになりますが、
ちょっと いいことも。

湿気が多い日に ちゅぅちゃんのお昼寝部屋に入ると、
ほのかに ちゅぅちゃんの匂いがするんです。


最後の2年くらいは、ちゅぅちゃん、ほとんどの時間を
この部屋で過ごすようになっていたし、
起き上がれなくなる前の数週間は、
なぜか この部屋の隅っこの角に 頭を押し付けて
寝ていることが、多かったからかな。

私は それを「ふて寝」と呼んでいたのだけど、
ほんとは、そこに頭を押し付けたくなるくらい
息が苦しかったのかな。




↑ 脚に力が入らなくなって 寝返りできなくなっちゃったから、
寝やすいように、お手製のクッションを いくつも 差し入れて
調整してた。



その一角は、ちゅぅちゃんのイロイロで
汚れてしまっているのですが、
いまだに ちゃんと お掃除できていないんです。

「早く掃除しないと 落ちなくなっちゃうな」と、
ちゅぅちゃんが いるときには、彼女が ベッドに戻った隙に
こまめに 拭き取ったりしていたのだけど。

いざ、ちゅぅちゃんが いなくなったら、
お掃除できなくなってしまった。

なんだか ちゅぅちゃんのいた痕跡を消すみたいで、ね。

どうせ、誰も この部屋に入れないし、
私、ここに一生住むから、いいや。


そんなわけで、湿気の多い日には、
ちゅぅちゃんの イロイロの匂いが、ほんのわずか、
たぶん 他のひとには わからないくらい 微かに、
感じられるんです。

そういう、動物の匂いが 残っている、だなんて、
きれい好きの方には きっと 卒倒したくなるようなこと
なのでしょうけど、私にとっては、
ちゅぅちゃんの匂いが ほんの少しでも 残っているのは、
嬉しいこと。

そのたびに、涙ぼろぼろなんだけどね。


もう11ヶ月 経ったけれど、悲しみって、薄まらないんだな。

毎日 ちゅぅちゃんと 普通に話しているし、
ときどき 夢にも 出てきてくれるし、
ちゅぅちゃんとの関係は どんどん 変化していくけれど。

悲しさの濃さ、というのは、薄くならないんだな。


思い出すと 止まらなくなるだけで、
ふだんは 元気にしているから、大丈夫ですよ。


ありがとうございます。






Last updated  2021.05.17 15:08:19
[いまさらながら、ひとりごと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.