041165 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

フランス 旅の歓び

PR

Profile


佳子の旅

Comments

vanillachocoo2@ Re:ノルマンデイー(10/11) ノートルダム地下聖堂 私が撮影した画像が…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
KK@ 真面目人間涙目wwwww 昨日工 ロ カッコイイ系?の子ゲトったん…
はなお@ これなんて魔法?www 昨日会った女の子、「舐 めまくりたい!…
のりお@ ちょwwwww ここの女ノリ良すぎwwwwwwwwww…

Keyword Search

▼キーワード検索

2006.02.05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 フランス南西地方は何万年も昔から人間が住みついた所でヨーロッパでも最も古い地域である。今でもネアンデルタールやクロマリオンの住居跡やラスコーの洞窟壁画をはじめ多くの洞窟や鍾乳洞があり先史時代の遺跡が残されている
中世時代にはアリエノール・ダキテーヌを生んだ名家アキテーヌ公爵家の所領として栄えた。

  サンシルクポピー
  サンシルクラポピー全景



美しい村が多いペリゴール、ケルシー地方は石灰岩の渓谷をぬって流れる川ぞいに中世の町や村、崖の上に見えてくる城そしてロマネスク教会などがあり私たちを魅了する

ロット川を守るために有利な地形のサンシルクラポピーにはガロ・ローマン時代から人間が住んでいた形跡がある。
崖の上にあった城砦は13世紀の領主ラポピー家によって建造されたもので、15世紀には仏王ルイ11世の命令で一部こわされ16世紀、宗教戦争のさなか新教派アンリ・ド・ナヴァール(後の仏王アンリ4世)によって完全に破壊されてしまった。
フランス革命後、19世紀に起こる産業革命の波もここまでは届かずすっかり世の中から取り残されてしいまい。村には電気も水道も中々届かなかった。
20世紀に入り、アンドレ・ブルトンやアンリ・マルタンなどのシュールレアリズムの芸術家たちがこの美しい村を発見し“村おこし”が始まった。こうして復興したこの村は新たに復活した木工職人のアトリエ、アクセサリー店、ブテイック、レストランなどが軒を並べ少なくとも夏だけは活気のある村へと変わった。

  村のカフェ
  村のカフェ

ワインとヴァラントレ橋(14世紀)で有名なカオールの町を出発してロット川ぞいに車を進めていくと石灰質の岩をくり貫いて造られた小さなトンネルをいくつも通り抜ける。ロット渓谷の美しい自然の風景を眺めていると右の崖の上に目をひく集落が見えてくる。ロット川にかかる小さな橋を渡り、曲がりくねった道を登っていくと思わず美しい村の姿が目の中に飛び込んでくる。何という美しさだろう!!!ペサリア門の近くで車を降り細い坂道を村の中心に向かって登っていくと両側にはケルシー産の石で造られた古い家が続く、この村には現在でも13,14,15世紀のゴシック様式の民家や16世紀の木組みの家が残されている。百年戦争後ルイ11世時代から木工職人たちが活躍して村が繁栄しその頃りっぱな建物が建設された。

崖
     

村の中心であるソンブレロ広場から破壊されてしまった城砦跡のある崖の上に登ってみるとサンシルクラポピーの民家の屋根、ロット川の流れそしてケルシーの自然が一望できる。上から真下のロット川を覗くと城の下にある崖が自然要塞の役目をしていたのがよくわかる。この辺りはかつてフランス軍とイギリス軍が激しく戦ったところである。フランスに常に忠実だったサンシルクラポピーの領主はこの崖の上にあった城からロット川をつたって入ってくる敵に睨みを利かしていたのだろう。
サンシルクラポピー村
   サンシルクラポピー村

遠い昔に思いを馳せながら広場に下りていくと一人のおばあさんに声をかけられた。若いころはきっと美人だっただろうと思わせるような細面の顔をしたおばあさんはソンブラル広場に面した大きな家に住んでいると言う。
「息子が一人いるけど中々会いに来てくれなの・・・でもね、孫がもうすぐ帰ってきてこの家でパン屋を開く予定なのよ・・・」ととても嬉しそうに話していた。一人で生活しているおばあさんは話し相手が欲しいのか私の手を握ったまま放してくれずお茶に招待してくれたが残念ながら時間がなくてご一緒することができなかった。おばあさんは一人寂しく門を開けて家に入って行った。
次回、私がこの村を訪れる時はソンブラル広場にパン屋ができているだろうか。







Last updated  2006.04.30 01:26:17
コメント(2) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.