118608 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旅好きペンギンノート

PR

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ハワイハネムーン添乗レポート

2006.05.06
XML

添乗員仲間とのつかの間の自由行動を過ごした私も、ホテルへと戻ることにします。
本当はまだ少し遊んでいたかったのですが、オプショナルツアーの送り出しを忘れる所でした。
きょうはハネムーナーの皆さんも最後の日で、皆それぞれに過ごされたのですが、夕方の4時20分のナバティックディナークルーズのピックアップがあったのです。

そして、プールで過ごしていたカップルもタオルは5時までにはプールサイドに返さねばなりません。ビーチに出ていた方もタオルの返却は忘れずに5時までです。

皆、タオルの返却を最後にだんだん現実へと戻ります。
これからは部屋に戻り荷物の整理です。
お土産をどうやって詰め込むのか、または荷物個数を新たに増やすのか...思案のしどころです。

夜、部屋に電話がかかりました。ベルキャプテンからです。
うちのグループは明日の朝、5時半バゲージダウン(荷物を部屋の内側に収集のためにおいておくこと)を予定していたのですが、同時刻に600名分が重なるそうなので、うちのグループを30分早めて協力してくれないか、ということです。
早朝の30分はちょっと大きいですが、600名重なるとあっては仕方ありません。OKして、全員に連絡を取ります。(※ バゲージダウンは平和な国ではドアの外のこともあります)

この同じ頃、昼間自由行動を共にしたNちゃんから連絡が入り「今ほかのツアコンから聞いたけど明日の空港は混雑で大変なことになるらしい」ということでした。
そうかも!このホテルだけで同時刻チェックアウト600名ということだし、このバスで同じ会社のほかのPAXも空港まで行くのだから、どんなに大変かはちょっと想像すればわかりました。
特別に時間を変えてくださいなんて依頼されたのも前代未聞...

さて、いよいよ日本に帰る日が来ました。カンカン照りの良い天気のハワイとも今日でお別れ。
7:20 ホテルを出発。
GreyHoundのバスで、イリカイなど、ほかのホテルもまわり、4グループの混乗で空港に向かいます。
今日は、あまりの混雑なため、現地ホノルルオフィスのエアポート班から空港チェックインの為の応援が来るということです。

8時に空港に到着。
覚悟していた通り、ギュウギュウの混雑でしたが、エアポート班のスタッフが私とNちゃんにシートNOを渡してくれました。もう、ここまでしてくれているなんて、席については、あとはそのシートをうまく席割りしてPAXに搭乗券を渡すだけです。

現地で使わなかったミールクーポンを持っている方は空港内のカフェで使えるので、ご案内します。
あとは9時15分に免税店の前に再集合。ピックアップする免税品のある人は6番ゲートで受け取りました。

午前10:35 定刻の1時間遅れでUA831便、出発。
   
~ 日付変更線を通過 ~

そろそろ到着する頃、シートベルト着用になる前にお客様のお席に一人ひとりおじゃましてお礼とお別れのご挨拶と、アンケートの回収、帰国書類の点検などを行います。
そして、Tさんにはすぐに外科に行って下さいねとおまけ付き!

成田が大雨のため着陸許可がなかなか下りず、しばらく上空をウロウロ、機体は激しく揺れました。

14:00 成田到着です。やっと解散。お疲れ様~のはずだったのですが、お客様のスーツケースが一つ大きく陥没していて、まだ空港に残ってレポートを書かねば...!
このスーツケースがレンタルスーツケースだった為、このレポートをレンタルショップに提出するようにご案内します。

大雨のため、スカイライナーは不通とのことで、問い合わせをしてきたお客様にはリムジンバスをご案内しますが、あとから聞くとこれもまた、いつもは100分で行く所が3時間以上かかったということ!

ご褒美ツアーなのか、テンテコマイツアーだったのかわからぬまま、帰路についたのでした。
でも、ハネムーンツアーだったので、アンケートは、添乗員の欄には全員に満点をつけて頂き、ホクホクなペンギンなのでした。

皆様、末永くお幸せに...!

La-2ハワイアントートバッグ/オフホワイトプルメリアハワイアントートバッグ

ハワイアンポシェット[ラウアエ/カーキ]ハワイアンポシェット

N E W !【パウスカート HG-pau-6Gr】プルメリア&ラウアエ・シック /グリーンパウスカート



新商品 ウクレレ フェイマスFS-8(ソプラノサイズ)フェイマスのウクレレであなたも始めよう!






Last updated  2006.05.06 23:49:16


2006.05.02

ハワイ6日目になってもハネムーナーの皆様のテンションは上がったままで、たまにホテルの敷地内で遠くから私の姿を確認しただけで、新米奥様の方は「キャー!ペンギンさん!」とハイタッチをしてきたりします。
多分、異国の地のマンモスホテルの敷地内で自分担当の添乗員に会ったということでの「キャー」なのでしょうが、仕事とはいえ、こちらも皆様のおかげでキャーなんですよ。なんてことは悪くて口には出せません。

私の場合、何がキャーか。
それは...!
PAX用の部屋はチェックインした時に一括してもらった何部屋かをすばやくグループ毎に割り当てます。
添乗員の部屋は大抵、もうすでにシングルルームが割り当てられています。

仕事先での添乗員に割り当てられる部屋ですが、これは極端に分かれます。
●添乗員=旅行会社の者=客ではない=身内用の部屋=あまりよろしくはない部屋(これは国内で多いです)
●添乗員=食事、部屋などすべてを一日ごとにレポートし、会社に報告することを認知している=これは良い所を見せないと!=添乗員までをお客様扱いにする所(=時に、PAXよりも良い内容)(←これはレアケースです)

それで、今回は洗面ボールが2個付きの一人にしては大きすぎる、かなりゴージャスな部屋です。
これはかなりのキャーな状態なのです。

もうひとつのショックなキャーも昨日、実はありました。
これはマウイ島でのモロキニオプショナルツアーで負傷して6針縫い、安静を指示されたTさんの傷口が少しですが開いてしまったのです。この時はABCで包帯、消毒液などを買いました。

自由行動の日はツアーデスクの仕事が終われば、食事のエスコートもないですから好きに時間を過ごせます。
敷地内のABCに行き、ハーゲンダッツのアーモンドチョコバーを買うのが楽しみなのです。それを持って自分の部屋へ上がり、バルコニーで食べる。これが至福の時です。
夕食は買いに出ることも、レストランに入ることもあります。

この日の計画は、デスクでの短時間の仕事を終えたら、午後はワイキキのビジネスプラザに出かけ、現地集金の一部を精算します。精算を手早く済ませ、ちょうど同じ日が自由行動に当たった添乗員仲間Nちゃんとお好み焼きやさん『千房』に行ってみよう、というものです。
自由行動日の添乗員の食事についてはもちろん制限はありますが、ちゃんとケチでないだけの食事代は支給されます。有意義に時間を使いたいものです。

現地での集金1510ドルあまりを抱え、足取りも軽くビジネスプラザに向かい、順調に精算を進めていると、突然コンピューターが調子悪くなり、オフィス全体の業務が停止してしまいました。
このためオフィスを出られたのが午後3時をまわった頃でした。
大分遅くなりましたがNちゃんと『千房』でお好み焼きを楽しんだ後、アラモアナに行き、ウィンドーショッピングです。
当然ですが、自由行動時の添乗員のショッピング代なんて支給されるわけないですからね! 


フララニ イージーパンツ バードオブパラダイス ベージュハワイアンイージーパンツ



リットーDVD版 ウクレレの神様2【DVD】私の崇拝するハーブ・オオタ様のDVDです






Last updated  2006.05.02 16:33:36
2006.04.28

せっかく買ったお気に入りのドレスに着替える暇もなく、早く早くと急き立てられバスに乗り向かったハワイアンハットのポリネシアンディナーショーだったのですが、ここでハワイ島グループとも無事に落ち合い、バイキング形式で夕食を済ませ好評のうちにホテルへと戻りました。

部屋は、ヒルトンハワイアンビレッジの数あるタワーの中の一つタパタワーの22階以上の階でした。
ロビーでキーを配り、一通りのご案内をすませると、皆さん自分のお部屋へと上がっていきました。
添乗員はいつものように、まだしばらくはロビーで待機です。
すると、やはりやって来ました。

一組目のお問い合わせ。内容は「僕の部屋から海が見えません」というもの。
皆様ご存知のように、ハワイのホテルで一口に海が見える部屋といっても
●オーシャンフロント...海に面したお部屋。よくハワイのパンフレットなどに載っている、邪魔ものがなく海が直接見渡せるようなお部屋のこと
●オーシャンビュー...海の見えるお部屋。建物が海をさえぎったりしているが、部屋のバルコニーから、最悪手すりから身を乗り出して海の一部分が見えるものも!

と色々なのです。

ハネムーンが始めての海外旅行という方が結構いらして、その率は女性よりも圧倒的に男性に多く、過大な期待を抱いて来たところ「海がデーンと見えない」ことにショックを隠しきれなく「こんなはずじゃ」と添乗員に問い合わせる方がいらっしゃるのです。

部屋についての問い合わせの時は必ずPAX(お客様)のお部屋にお伺いして自分の目で確かめるのが鉄則ですから、この場合もそうします。
そして以上のようなことを説明して納得していただくのですが、きょうは海が一部分見えるというケースでした。

たまに、訪問する国やホテルによってはチェックインの時にホテル側の人が「この部屋だけがちょっと特別良い部屋になってしまった」と耳打ちしてくれることがあります。
このような時はグループ同士であまりにも仲良くなった組のどちらかにその部屋を割り当てるといったようなことは避けなければなりません。
部屋に入った後にお互いの部屋を行き来する率が非常に高いからです。
こういう良い部屋はできるだけ、お互いの行き来がないような孤立したメンバーに割り当てるようにします。

5日目~6日目は自由行動日です。
オプショナルツアーの予定のある人、自由に過ごすカップル色々です。この日の人気はゴルフ行き。
コースへ出る方もいれば、初心者ゴルフ教室へ参加される方、
午前中はショッピング、夕方からロイヤルサンセットディナークルーズに出かける方も!
ハワイ島から合流したグループはきょうホノルルの市内観光になります。

添乗員にとっても、時間のヤリクリでイライラしなくても良い自由行動日なんて極楽です。
ホテル1Fにあるツアーデスクに詰めなければいけない時間というのもあり、メンバーにも問い合わせはここに、とご案内してあります。

すると、幸せいっぱいのニコニコ顔の皆さんが次々に「おはようございまーす」とやってきます。
皆さん日が経つにつれ益々幸せ度が増すようで、ビーチサンダルなどで軽やかにデスクに遊びに来てくれます。
一番多い質問がもう手持ちのドルがきれたから両替したいがどこが一番良いかということ。
それに、ラーメンを食べたいという人も意外と多いです。
あぁ、楽しそう、いいなぁ。

マウイ島で6針縫ったTさん達も元気いっぱいで、はたから見る限りとても足を負傷したとは思えない、普通な歩き方です。
少し心配で、「気をつけてね」と言いたいところですが、あまりケガを意識させても水を差すような感じになるのが気がひけるので足だけをじっと見ました。

Hさんというカップルの旦那様のほうが、左目から額にかけて真っ青に腫れあがっています。
聞けば早朝トイレに起きた際、寝ぼけて部屋の壁に激突したとのこと。
これだけ腫れあがっているということは、多分すごい激突だったのでしょう...

まぁ色々とあるものです。


【食べ尽し5倍1213】トッピング チョコレ-トソーストッピングチョコレートソース

【海外おみやげ】ハワイ編アイランド・プリンセスアロハハワイマカデミアナッツチョコレート12...マカデミアナッツチョコレート

【DW0418P5】パパイヤの最高品種「カポホ・ソロ」滋養豊かな天使の恵みハワイ産パパイヤ・ハーフハワイ産パパイヤ







Last updated  2006.04.28 08:41:31
2006.04.21

昼間の思わぬ怪我で破傷風の注射まで打たれてしまい、局部麻酔をして6針縫ったTさんでしたが、こんなことが案外添乗員との仲を逆に深めたりするのです。
しかも、こんなことではまったくめげないTさん夫妻。

自由時間をオプショナルツアーばかりに出かけていた為、初日の団体観光でしかラハイナに出かけるチャンスがなかったTさん、明日はワイキキへの移動なので、夕方になって是非ラハイナへ出かけたいとのことで、夕食も兼ねてご一緒することになりました。

夕方でうっすらと暗くなりかけの気持ちの良い風がフワ~と吹いていて、私もTさん夫妻も、昼間の出来事なんかすっかり忘れ、マウイの快適さに身も心もすっかり開放したようなとても楽しい時間が過ぎてゆきます。

夕食はラハイナのお寿司屋さん『神戸』にご案内。
それでも、怪我とか病院に弱い私はたまに、あの傷口を思い出したりして、当たり前の量、一人前しか食べられなかったのですが、Tさん夫妻はお寿司を追加注文し、ものすごい食欲です。
Tさん「ペンギンさん、僕ワイキキに行ったら射撃をやりたいな」とか、「ワイキキのおすすめのおいしいラーメン屋さんはありますか」とか、今後の日程に向けての意欲も満々なのです。
ペンギンは、正直先ほどまでは『この人の勢い余ったところが怪我などを招くのだ』と、少々苦々しい思いをしていたのですが、バクバクとお寿司を頬張り、目をキラキラしてワイキキのことを聞いたりするTさんを見ていると、なんだかとてもかわいらしく憎めない人だなあと思ったのでした。

一夜明け、きょうは7:30モーニングコール9時にホテルを出発です。
50分でカフルイ空港に到着。10分遅れで11:15 AQ69便は幸せなカップル5組を乗せてワイキキへと飛び立ちました。25分後にはワイキキです。

マジックアイランドを皆で歩いてみます。細かくサラサラとした砂...
12:30 Windows of Hawaiiで、クラブハウスサンドとパイナップルボードのランチ。
14時あたりからワイキキ観光でヌアヌパリ(ペンギンも結婚式をあげた思い出の場所)、パンチボール、カメハメハの像などを観ました。
その後、サンマリファションという、アロハシャツ、ムームーなどが売っている所で休憩です。
マウイにもヒロハッティなど、この手のショッピングのチャンスはあったと思うのですが、皆さん大フィーバー!!買う買う買う買う!!!今晩のハワイアンハットのショーに着て行きたいのでしょうね。
そしてこれは秘密ですが、添乗員、ガイドさんの休憩室にはアンパンやら何やらおいしいものがたーくさん並んでいて、何でも自由に食べられます。
気が済むまで見た後は免税店です。

そして、ワイキキで滞在するホテルヒルトンハワイアンビレッジに到着したのは16:40のことでした。東京ドーム2個半分の巨大な敷地内に個性的な6つのタワーが集合し、紅花をはじめとする数々のレストラン、もちろんABC完備、ショッピングも存分に楽しめる、まさに一大ビレッジ。

係りの方にホテル内を簡単に案内してもらっている間に、私は手早くチェックインです。
時計を見ると、50分のハワイアンハットのピックアップまでもう時間がありません。
毎回毎回、どの添乗員のレポートを見てもここの時間がせわしなく、誰もがみな、セカンドショーへのリクエストを出しているのにズルズルとそのまま、一向に聞き入れてもらえません。
皆さん、ご自分のお部屋に入る暇もなく、貴重品だけを持って、あとの荷物はまとめて私の部屋へ入れておいてもらうように、ポーターさんに頼みます。
...ということは、張り切ってお買い物したドレスに着替える暇もなく、アセアセとバスに乗り込んだのです。

続く...
SUN SURF SPECIAL EDITION サンサーフ・スペシャルエディション、ハワイアンシャツ“PAREU DES...ハワイアンシャツ







Last updated  2006.04.21 10:28:15
2006.04.20

さて、ハネムーンも3日目に入りました。きょうはこのツアーでは一番張り切っていたTさんに大変なことが降りかかってしまいました。

前日は予定していたゴルフに出かけた人、テニスをした人、皆それぞれ元気に過ごされたようです。
テニスコートを予約し、貸し靴、貸しラケットなども揃い、OKとなれば私はもう暇でした。
待っていたのよ、この瞬間を!
何事もない穏やかな一日、ホテルの周りを歩いたり、ホエラーズビレッジという所でのんびり過ごしていました。
ここはショッピングセンターなのですが、ホエラーズビレッジという名前のとおり鯨の生態や人間との関わりの歴史などに触れることのできる入場無料のミュージアムがあり、鯨の声も聞けるのです。
この鯨の声というのがなんとも心が安らいで大好きなのです。

添乗員は皆、誰も行く先々で仕事の合間に『自腹を切っても来たい場所かどうか』を観察していると思います。
その点、ここマウイは私にとっては来たいどころか、いつの間にか『いつかは住みたい』場所になってしまっていたのです。それほど思い入れのある所。
ウィンドウショッピングをしたり、おいしいものを食べたり、ビーチを歩いたりしたほかは、ここでずっとずっと長い時間を鯨の声を聞きながら過ごしました。
まさか明日この同じ場所へ今度は真っ青な顔をして来ようとはこの時は知る由もなく...

夜はカアナパリゴルフコースの中にあり、送迎もしてくれる『七富レストラン』へ、3組のカップルと食事に出かけました。
メニューはすきやき、揚げ出し豆腐、おすしにてんぷら等でした。皆さん昼間のスポーツでお腹がすごく減ったらしくて、物も言わず黙々と、次々にすごいスピードでたいらげてゆきます。
特別おいしいということもないのだけど、やはり和食は人気があります。でも、てんぷらの衣はドーナッツMIXのようだったな。

さて、Tさんにフォーカスを合わせます。この日のTさんの御予定は、
早朝5:30 モーニングコール(Tさんカップル含めあと一カップル)
6:20 モロキニ島シュノーケルツアーのpick-upバスでご出発。
このモロキニ島というのはクロワッサンのような形をした島で、ここに船で出かけて皆でシュノーケルを楽しみましょうというのです。 
12:30 モロキニ島で存分に楽しんだTさん、少し休んで、午後は待望のパラセーリングのオプショナルツアーです。

...の予定だったのです。
私はというと、今朝のモロキニpick-upが早かったので、部屋に戻り少しウトウトした後、レストランに朝食に降りビュッフェスタイルの朝食を存分に楽しみ、部屋に戻りのんびりとTVを観ていました。

モロキニグループを迎えたら、今度はパラセーリングの送り出し、それが終わったらどこへ行こうかな...なんて思っていたのでしたが、突然部屋の電話が鳴り、出てみると聞き覚えのある声、Tさんの奥様になられた方でした。
「Tですが、Yちゃんが怪我しちゃって...今ロビーにいます。来てくれますか?」
別に焦ってはいない声だったので、たいしたことはないのだろうとロビーに下りてゆくと、Tさんと奥様がロビーのソファに腰掛けてなにやら足の方に注目している様子。

「どうもすいませんっす」とTさん。
「いえいえ、どうしたのですか?怪我って、あっ!」
左足からかなり出血している模様。お聞きするとモロキニの船のデッキで足を滑らせ、左足薬指と小指の間がザクッと裂けたということ。

良く見ると白い骨まで見えています。私はかなり動転し、これはホテルへ帰ってくる前に病院に行くパターンではないのか、とかグルグル色々なことが走馬灯のように駆け巡り、でも仕方ない今もうここにいるのだから、ここから善処だと、とりあえず、ホテルのセキュリティーサービスに車を出してもらい、きのう私が鯨の声を聞きながらのんびりと過ごしたホエラーズビレッジの2Fにあるヘルスケアセンターへ向かいました。

ここに診療所があるのは知っていましたが、実際に行くのは初めてでした。到着し、クラークに事情を説明すると、診察室に通されました。担当はチャキチャキの女性医師でした。机の上には旅行者用に『お腹がシクシク痛みます』とか、『頭痛が治りません』等といった通訳カードが置いてありますが、足を見せると「Oh...!」と一発で言葉要らずです。どこでどうやって切ったのかとか、辛うじて冷静に説明すると破傷風の前回接種から10年以上経過していたため最初に破傷風の注射を打ってから、次は局部麻酔を打ち、傷口を縫い合わせることになりました。

ここまで無我夢中で来ましたが、フト奥様の手を見ると、ハンディカム。それはそうでしょう。モロキニから戻って部屋に戻らずその足で来たのですから。
しかーし!それで麻酔から縫い合わせるところまでを撮影しようというのです。
『よく、よく傷口が見られるな』『骨って骨って白かったのね』なんて心臓バクバクの私を尻目に、この一大事までを楽しんでしまおうというこの幸せなカップル...

「Yちゃん、すごーーっく痛そうですー♪」「今、麻酔終わりましたー♪」...orz...
そして、女性医師は奥様にではなく私に、お前は顔色が真っ青だから廊下に出ていた方がいいんじゃないのかと言うのでした。
いやいや、そんなことはできないよ、これも一応仕事のうちだからね。こんな時の為に添乗員がいるんでないの?出るわけにはいかん。と無理してなんとかその場にいたのですが、正直言って何かが上がってきそうでした。朝、いや、昼前にたくさん食べたマンゴやクロワッサンやらが...

6針縫い終わってやっと終わりました。
支払いは某TK保険でカバーされたのでcashpayはなし。一週間後に抜糸なので帰国後ただちに外科へ行くよう言われました。そして、抜糸まではできるだけ患部を安静に、とも...

麻酔の注射、その上、破傷風まで打たれちゃってかわいそうに...

「Tさん、パラセーリングは残念だったけど、また今度来た時の楽しみができましたね!」と励ますと、Tさんがこう言ったのです。

「ペンギンさん、きょうパラセーリング、ダメになっちゃったから、これからビーチに行って泳げるか聞いてください。もしだめならプールで泳げるか」
えーーーーーーーっ!!!??今、今今、なな、なんて言ったのか、耳を疑いました。

そしてこの旅はまだ続くのでした。Tさんがこの先静かに過ごしたと思いますか?

も少し続きます...


フララニ クッション パイナップル

パイナップルのクッション

Hawaiian Airlineエアラインポスター

KAMAKA カマカ社 コンサート HF-2夏までにうまくなろう!ウクレレ!






Last updated  2006.04.20 17:10:24
2006.04.18

20分のディレイで離陸したUA830便は翌朝の7時55分、無事にホノルル空港に着陸しました。
機内食としては、夕食にチキンorフィッシュ、サラダお豆とテリーヌの前菜など、
到着少し前にも軽くサービスがありました。(スイートブレッド、ジュース、フルーツなど)

空港に到着し、入国審査を抜け、PAX(お客さんのことです)の荷物をマウイ島グループとハワイ島行きグループとに分け、2階へ上がりレイのサービスを受けた後、アロハエアラインのターミナルへご案内します。マウイ島行き、ハワイ島行き、それぞれ満席です。

11:05 ハワイ島グループとは、しばしお別れです。今回私はマウイ島グループに付きます。
11:50 私たちのマウイグループがカフルイエアポートに到着。全員の人数を確かめて出口へ向かって歩いてゆくと...
「お疲れ様です。添乗員のペンギンさんですね。ガイドのS子です。こちらのグループは10+1(添乗員のことはいつも+1で表現される)で間違いないですか?お荷物はいくつになりますでしょうか?」
なんてラッキーな!添乗員間で評判のベテランS子さんではないですか!

12時半から1時間かけて、Beach Hotelでバイキングスタイルのランチです。
13:45からイアオ渓谷 ~14:10
14:45 ラハイナにて自由行動 ~15:45
16:40 さとうきび列車プウコリイ駅へ向けて出発です。これは左側の席に座った方が良いですよ。ラハイナの駅売店にて、2ドルでココナツジュースが売っていたので皆で飲みます。椰子の実にストローをさして、お客さんもご機嫌でした。
17:10 プウコリイ駅到着
17:15 マウイマリオットホテル到着です。
このホテルからラハイナのダウンタウンはFreeのトロリーがあります。15分くらいで行けるのでとても便利!
係員がホテル内を案内して下さっている間に、ディナーの時間が刻々と迫ってきて、仕方がないのでレストランに時間の変更を願い出ました。

正直言って、添乗員にとってハワイツアーはここまでが第一の山(山と言ってもなだらかな)です。もうホテルに着いてしまい、あとは夕食をすませれば、この先はほとんどが自由行動なのですから。
あとは、オプションをどれだけ売れるのか。これは添乗員の力量の問われるところ。
どこの会社も薄利多売でほとんど儲けは厳しいですから、実際のところはオプショナルツアーの利益、おみやげやさんの売り上げが勝負です。

18:30 ホテル内のレストラン『ロケラニ』にてディナー。
この日のメニューはステーキ&ロブスター、スープ、サラダ、アイスクリームです。
疲れてはいるのだろうけど、皆さんこの上なく良い顔をしていらして、すごく幸せそう....!
見ているこちらまで幸せのおすそ分けに預かり、ニコニコしてしまいます。
(私も皆さんのおかげでタダでハワイまでやってまいりましたよ)
皆さんあっという間に打ち解けてすごく楽しそう。こういう良いグループにはついついサービス過剰になります。
お食事のあとは、先ほど口頭だけでご案内しておいたラハイナ行きトロリーの乗り場まで、皆で一緒にブラブラ散歩がてら行くことにします。

翌日のオプショナルはゴルフツアーが人気で、朝9時に出発して行きました。
添乗員も、のんきに寝ているわけではなくて、オプショナルの係員にPAXを引き渡します。

この次の日のオプショナルツアーは、皆さんパラセーリングがしたいとのことでしたのでランド手配に問い合わせると、先日人身事故があり、とても今は勧める気分にはならないということでした。
その旨ご案内したのですが
「どうしても行きたいのだ。そんな事故は他人事なのだ。ハワイに来た一つの目的はパラセーリングをすることなのだ!」と、熱心におっしゃる方が約4名。
仕方がないので、再度ランドに掛け合いましたが、やはり催行しないとのこと。
お伝えした後の彼らの、何やらシューンとしぼんだシュークリームのようにロビーのソファでうなだれている姿をみているうちに、
『ハネムーンは一生に一回のことなのに....。多分よっぽど楽しみにして頭の中に絵まで想像していたのだろうなぁ』と急にかわいそうになってきました。
最後の頼みで別ホテルまででかけ、そこのコンシェルジュに掛け合い、最少人数4名で明日のパラセーリング、1時間45ドルで午後の予約を取ることができました。

しかし、このパラセーリング、明日の別の思わぬハプニングで結局行けない事になるなんて、この時、誰が予想できたでしょう。

続きはまた...

アロハ!ハワイアン/V.A. 【ヒーリングCD】ハワイアンミュージックで癒されたい
アロハ犬お部屋に一匹
ハワイアンファブリックのパスポートケース母子手帳ケースにも☆アロハなパスポートケースです







Last updated  2006.04.18 23:23:08
2006.04.14

このツアーはハネムーンで、往きのホノルル空港で、マウイ島で過ごす10名グループ、それからハワイ島で過ごす4名グループと2グループに別れ、それぞれの場所で過ごし、帰りにまた全員でワイキキで楽しく過ごしましょうという内容です。

ハワイ添乗は、添乗員にとってはご褒美のようなもの。滅多なことではアサインされません。
キャッチボール方式といって、団体旅行であっても成田で係員がご案内をして送り出し、現地では現地の専任係員が待っている、というやり方が普通です。

これが入るのは、中国で絨毯を持たされてひどい目にあったり、はたまた現地ランド手配不足の真夏のカナダで死にそうな思いをして帰ってきた後や、長期間日程のヨーロッパのあと等が多いです。
そんなヘベレケな時に、あたかも時空の隙間を縫ったかのように、サクッとさりげなく入ってくるのです。

ハワイの仕事が入ると、ツアー出発までの数日間は雲の上にいるような「私の人生もやっと報われだしたわ」なんて、なんとも甘美な日々が続いたものでした。

それは、帰国して会社に精算しに行く時まで続き、会計ルームにいる添乗員が知らない人でも、顔つきで大体どこから帰ってきた人なのかうっすらとわかります。
ヨーロッパ帰りの添乗員は、目つきも鋭く、心なしかバッグの口の所をぎゅっと押さえている感じ。
それに対して南国帰りの人(バリやら、ハワイやら)は何やらボサーッと開放的な趣です。

初めてペンギンノートに来てくれた方の為に。
このレポートはペンギンが若い頃に添乗をしていた古いレポートをもとに書かれた実話です。
お店情報などは、敢えて、あまりしゃしゃり出て書かないようにはしますが、たまに書いてあったとしてもその当時のものですので、お出かけになる際にはあまり重要視されない方がご自身の為かと思われます、念のため。
当時のレポートに沿って、ただ淡々と書いてゆきます。

ハネムーンツアーというのは往々にして、色々なハプニングがつきものです。
そして、ほとんどのハネムーンの方に伺ってみると、披露宴からそのまま空港に来て、そのまま出発というパターンで「ほとんど、最近ゆっくり寝てないです」という人。

お小遣いは大体いくらくらい持ってきているのか、親しくなってからお聞きすると「100万くらいかな?」などと言ったりする、日常とは大分かけ離れた場所で執り行われるツアーだというのがホントのところです。

それに付いてゆく添乗員も浮かれた彼らにお付き合いするのですから、いくらハワイが来たからといって、浮かれてばかりもいられません。

(ある日の夕方)参考までに10月です。
17時30分成田、南ウィング、受付開始です。
18:15 添乗員よりの出国のご案内のあと、免税店の係の方が説明をします。
20:20  36番ゲートより定刻の20分遅れでUA830便出発。

続きます

 

 


シルバーハワイアンジュエリー円柱型エナメルライン透かしプリンセスデザイントップ スリムタイプかわいいハワイアンジュエリー
ハワイアンジュエリー アワビビーチサンダルネックレスサンダル型なんていかが?
■後払いOK■フラガール Sハワイアンジュエリー チェーン付フラガール






Last updated  2006.04.14 23:14:55

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.