401167 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

文科系アウトドア派のんびり遊楽人

PR

フリーページ

December 24, 2012
XML

  雨で雪がとけ、道路の状況がよくなったと聞き、我慢できずに、氷点下の川に直行じゃ。
 釣果は7ひき。
 また、あとで記事を加えますが、とりあえず、画像を投稿します。

 ということでしたが、最近、パソコンをあまり開かず、時間が立ったので、簡単にポイントを紹介するのじゃ。

 当日は、水面の凍結もなく、開始当初は釣り人も少なく、1投目から大物かと思ったけど、それがうまくいかないのじゃ。水温が急に下がったからか。

 でも、お隣のルアー名人の若いお兄さんはいきなり大物をゲット。その後もアタリあり。

 オレはオレはなんとか数回のアタリらしきものはあったけど、肩すかし。

 そして、放流開始。

 隣のお兄さんはバカバカと釣りあげる。ほかのルアーマンも釣りあげ、間にいるオレはまったくのアタリなしで、1時間以上経過したのじゃ。

 最初の放流魚をほとんどお兄さんに釣りあげられてしまうので、場所の移動を宣言したのじゃ。

 そして、そこでラインを落とし、フライを次々変えて、やっと7ひきゲットで、午後1時すぐに納竿じゃ。

 

 ここで面白いことを紹介。

 オレの前を60センチ級のオスの大物が何度も行き来した。

 その都度、サイトフィッシングで鼻先にフライを落とし込むが、なかなか反応はない。

 それでも一度、口を使ったように見えたが、そのときに限って、フックが折れていた。

 その後、また、オレのフライにゆっくり寄ってきて、口を使うとかと思ったら、分厚いボディでオレのフライを二度ほどさわるではないか。まるで偽物かどうかを口ではなくて、リスクの少ない身体で試したのじゃ。

 ここまで警戒心があるというか、確かめられたのをまともに見たことはなかった。

 いつも大物はこうしているのかもしれない。ゆらっとゆれたりするときはこれかもしれないのじゃ。

 いずれにしても、渋い神越でそれでも50センチ以上を釣りあげられたのは幸せというしかないのじゃ。

 神越の大物たち、ありがとう。

 雪が溶け、オレが行くまで長生きして大きくなれよ。

 大物を釣って満足したTackeyでした。







最終更新日  December 31, 2012 07:54:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ ・釣り(フライフィッシング)] カテゴリの最新記事


プロフィール


Tackey22

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

山都屋にゃん太郎の… 山都屋にゃん太郎さん

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.