078202 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

辻  雲仙画伯の作品紹介

UAG美術家研究所

中村 蘭林ら旧塩山市の南画家
中村 蘭林(1853-1938) なかむら らんりん
岡村 松里(1854-1913) おかむら しょうり
八巻 雲泉(1868-1943) やまき うんせん
丸山 雲照(1882-1972) まるやま うんしょう
辻  雲仙(1887-1964) つじ うんせん
※明治20年大藤村生まれ。本名は善富。小学校卒業後、本格的に画を学ぶ為上京。
明治40年頃生家の事情により美術学校をやめて帰郷し農業に従事した。大正12年
から恵林寺に逗留して「観音図百体」を描いた。昭和4年に大藤村助役を、昭和15
年頃三か村恩賜林組合の組合長もつとめた。独学で漢文などの習得につとめ、華道
教師の資格を取得し里仁学校で教授の経験を持つ。昭和39年、77歳で死去した。


© Rakuten Group, Inc.