713341 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

ローザンヌの夜

ローザンヌの夜

1967年始めてスイスを訪れた。
2日ばかり暇が出来たのでユングフラウを経て夜遅く
ローザンヌの小さなホテルに投宿した。

食後バーでビールを飲んでいると初老の紳士とはいえそうもない
人物が私に日本人だろうと話しかけてきた。
彼「汝フランス語を話すか」「Non」。
私「汝英語を話すか」「No」。
彼「汝ドイツ語を話すか」「これ位(人差し指の3分の1くらい指す)」。
私「汝ドイツ語を話すか」「これ位(人差し指の3分の1位)」。

以下はドイツ語によるほとんど手話に近い会話。
「俺は若い頃船乗りで何度か神戸・横浜に行った。
日本のガールは最高だ。一杯言い思い出があるよ。等など

「もう遅いので俺は帰るよ。せいぜいスイスを楽しめよ」
(彼は扉を開いて暗い町へ消えた)
(彼が去るや否やバーテンダーがジョッキのビールを私に持ってきた)

「俺頼んでないけど」「いや、いままで君と話していた男のおごりだよ、
まあ飲んでやってよ」

当時私は30過ぎで外国で経験することが全て物珍しかった頃の
思い出である。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.