713684 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愈々庵気まぐれ日記

ライン下り

その1)1967年の話
重いスーツケースを携えての初ヨーロッパ一人旅。
タクシー代がもったいなく、ホテルから徒歩でマインツの船着場
まで行こうとしたが意外に遠く、船は目前で出航。

途方にくれたいる所へベンツに乗った初老の紳士が現れ、
次の停泊地リューデスハイムまで船を追っかけてくれた。
JALパックが始まったばかりの時代で、このときまだ
日本人は乗船していなかった。
St Goerまで行って汽車で引き返し、その足ですぐ
Frankfult空港へ急いだ。
外貨や日程に余裕が無く観光にも荷物を持ち歩かねば
ならなかったこの時代この親切は身にしみた。

その2)1985年の話
時代は変わり今度は息子二人を同伴しての家族夏休み。
荷物はホテルにおいてMainzへ、慌てずゆっくりと最後に乗船する。
デッキチェヤーも満員なのでキャビンに入ると、ラッキーにも
船首の一番眺めの良いテーブルだけが一つ空いているではないか。
近ずくと「Reserved」の札が置いてある。もう船は離岸しているし
どうしたんだろうと思っていると、すぐにボーイが来て札を取り、
どうぞといってくれた。おかげでKoelnまでゆっくり船下りを堪能
できた.

ドイツの友人曰く。
良くあることだよ。ボーイは一番良い席を確保しておいて、
チップをはずんでくれた客を案内するのだ。
「予約席」としておけば後から客を案内しても不自然じないだろ。
その日は上客が無く船も出てしまったので、
君たちに開放してくれたのさ。
つまりは君たちは「Gluck」(運)が良かっただけだよ。

ああそうだったのか。それにしてもあの時、チップを渡すべき
だったのかなあとで思った次第。
でも家族全員ハッピーな一日でした。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.